(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home
ベトナム食品産業の実態と事業機会

コードNO0211
発 刊1996年2月
編集委員長
門屋 卓 日本包装学会 副会長/神奈川大学 総合理学研究所 特別所員
編 集食品産業戦略研究所
価 格本体18,000円+税、送料別
体 裁A4判並製 152頁
試 読不可(試読はお受けできません)
書籍の注文画面へ 執筆者一覧へ 詳細な内容を見る

ベトナム食品産業の実態と事業機会 日本の広範な食品メーカー・包材メーカーの強い要請に応え、ベトナムの食品産業の実態情報を、現地調査とその後の追跡リサーチによってまとめ上げた最新リポート!

主要構成

第1章 ベトナムにおける食品流通と包装の実態
第2章 ベトナムにおける食肉加工品・水産加工品の実態
第3章 ベトナムにおける発酵食品・農産物の実態
第4章 ベトナムにおける包装材料生産の実態(1):プラスチック包材
第5章 ベトナムにおける包装材料生産の実態(2):紙包装材料と「ケナフ」
第6章 ベトナムの教育制度と大学並びに政府機関の研究開発動向
第7章 ベトナム食品産業で期待される今後の事業機会

【発刊にあたって】

 ベトナムに今熱い期待が寄せられている。 ASEAN(東南アジア諸国連合)への加盟を契機に、同国は外資導入を積極的に推進しており、既にわが国からの企業誘致を主眼とした大規模工業団地の建設が、ハノイ市郊外に計画されているところである。
 しかし、多くの可能性を秘めているベトナムに関し、とくに食品産業の実態については、得られる情報が未だ極めて乏しい状況にあり、日本の広範な食品メーカ・包材メーカにとって、その正確な実態情報が強く求められていることは論を待たない。
 この要請を受け、1995年夏、日本包装学会の主要メンバー(団長:門屋卓氏)がベトナムを視察し、同国食品産業の実態をつぶさに調査する機会を得た。
 本レポートは、上記調査団の現地での詳細な調査結果とその後の追跡リサーチを加えた、ベトナム食品産業に関する最新の情報資料集である。
 執筆にあたり、とくに以下のポイントに注力した。
  1. ベトナムにおける食品生産のポテンシャルと実態
  2. ベトナムにおける食品加工技術と衛生・品質の実態
  3. 食品包装技術の実態
  4. 日本企業に今後何が求められるか
 本レポートの発刊にあたり、快くご了承戴いた日本包装学会に深く謝意を表するとともに、食品の原材料調達および開発輸入に携わる食品メーカの責任者の方々、包材メーカの実務担当者に貴重な戦略指針を提供出来ることを確信し、本書の積極的なご活用を心から祈願する次第である。
食品産業戦略研究所
(株)サイエンスフォーラム

内容目次

総説 ベトナム食品産業の特徴と動向<門屋 卓>
  1. ベトナムの寸描(資源と産業の概要)
  2. ベトナムの食品・包装産業としての今後

実態解説篇

第1章 ベトナムにおける食品流通と包装の実態
<横山 理雄>
  1. 市場での食品流通の実態
  2. 百貨店での食品販売の実態
  3. 食品包装と包装技法の実状
  4. 日本向けの水産物と野菜の輸出状況
  5. 今後進むと思われる食品包装

第2章 ベトナムにおける食肉加工品・水産加工品の実態
<西野 甫>
  1. ベトナムの食肉加工の現状
  2. 食肉加工工場の設備と技術
  3. ベトナムの水産加工の現状

第3章 ベトナムにおける発酵食品・農産物の実態
<林 清>
  1. ベトナムにおける発酵食品
  2. ベトナムにおける農産物

第4章ベトナムにおける包装材料生産の実態(1):プラスチック包材
<高橋 亨>
  1. ベトナムの軟包装産業の実態に関する数値情報
  2. ベトナムの軟包装材料メーカーの製造設備並びに製品の品質状況
  3. 今後の包装事業環境

第5章 ベトナムにおける包装材料生産の実態(2):紙包装材料と「ケナフ」
<門屋 卓>
  1. ベトナムの紙・パルプ事情
  2. ベトナムと非木材繊維資源−ケナフ
  3. ケナフの特徴と用途
  4. ベトナムにおけるケナフ栽培の現状と課題
  5. ベトナム南部におけるケナフの生産概況

第6章 ベトナムの教育制度と大学並びに政府機関の研究開発動向
<安藤 功一>
  1. 独立革命と教育
  2. 小・中・高等学校の教育体系
  3. 技術教育と職業訓練教育の概要
  4. 大学教育の概要
  5. 食品工業研究協会

第7章 ベトナム食品産業で期待される今後の事業機会
<荒井 進>
  1. ベトナム外資誘致の現状
  2. 外資導入政策と優遇措置
  3. 輸出加工区と主な工業団地計画の分布
  4. 国家協力投資委員会の1995年外国投資プロジェクト
  5. ベトナムの産業構造と各種産業の現状
  6. ベトナムと日本の輸出入品目
  7. ベトナムの輸出禁止品目
  8. ベトナムの出入国者非課税品目
  9. 主要小売物価指数(北部・中部・南部)
  10. 日本企業の投資認可リスト
  11. 日本の食品関連企業のベトナム進出状況

特別資料篇
  1. ベトナムの食品関連企業リスト<荒井 進>
  2. ベトナムの食品と包装用語一覧<笠井 紀孝>


このページの先頭へ

執筆者一覧(執筆順・敬称略、肩書等は発刊時のものです)
 
■ 編集委員長
門屋 卓日本包装学会 副会長/神奈川大学 総合理学研究所 特別所員
 
■ 執筆者
門屋 卓日本包装学会 副会長/神奈川大学 総合理学研究所 特別所員
横山 理雄石川県農業短期大学 食品科学科 教授
西野 甫呉羽化学工業(株)海外包材事業部長補佐 食品科学担当
林 清農林水産省 食品総合研究所 応用微生物部 酵素利用研究室長
高橋 亨藤森工業(株)新事業企画室 室長
安藤 功一酪農学園大学 食品科学科 教授
荒井 進日本包装学会 事務局長
笠井 紀孝呉羽化学工業(株)海外包材開発部 技術担当課長


書籍の注文画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home