━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイエンスフォーラム通信  6月号】        2010.6.7  発行
 現場の問題解決のための実践図書・セミナー
                http://www.science-forum.co.jp/
────────────────────────────────
小社のセミナー/書籍/ビデオ等の情報のメール配信を希望されている方
へ配信しています。                              NO.2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《 読者の皆様へ 》

 小社でこの4月に刊行致しました『食品臭気対策 第1集』が、食品業界で
 反響を呼んでいます。この本は「食品の異臭クレームが急増しており、
 10年前の異物問題と状況がよく似ている。」との指摘を或る生協の方
 から受けたことが企画の発端です。ともかく事例を集めようと思いました。

異臭の発生要因は複雑かつ多様であり、再現性の確保が容易ではありません。
異物以上に苦情時の正確かつ迅速な鑑定が対策の決め手であり、消費者から
寄せられるクレームの言葉、官能評価から素早く原因物質を特定する上で
事例の分類が有益です。

 第1集では生協、行政検査機関のご協力を得て69事例を収録致しました。
幸いに「いくつもの事例が記載されており実務に参考になる。」「各事例に
ついて分析法と結果が分かりやすくまとめられている。」との評価を一部の
読者の方々から戴いており大変嬉しく存じますが、現実に食品業界に存在
する多岐にわたる苦情事例からすると決して十分ではないことは承知して
おります。

「異臭問題は食品業界でこれから大きな問題になる。」との指摘を各方面から
戴いています。独特の難しさを孕む異臭問題の苦情対応、再発防止のための
産業界の共有財産、データベースとなるようこれからも最新事例の集積に努め、
第2集、第3集と不定期に刊行を続ける所存です。関係機関、食品業界各社の
皆様のご支援とご協力を賜れば幸いです。

                    代表取締役社長  元山裕孝
■  INDEX ───────────────────────────

┣【1】新刊のご案内
┃      ■ 食品の臭気対策 第1集   
┃   
┣【2】6月〜7月開催のセミナーのご案内     
┃    
┃      ■ 異物対策マネージャー養成講座2010【対策実務コース】
┃         異物混入撲滅のための体質改善と管理ノウハウ
┃      ■[第9期]主任微生物管理者講座
┃         HACCP対応 ― 食品安全確保のための専任養成プログラム
┃      ■[第2回]異臭クレーム対応のための官能評価の実際
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】 新刊のご案内 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「食品の臭気対策 第1集」 (2010年4月20日発刊)
 体裁:A4判横1段組  192頁
 価格:23,100円(税込)
 
⇒ 詳細・ご注文はこちらから ↓
http://www.science-forum.co.jp/books/0319.htm
⇒ パンフレットのダウンロードはこちらから ↓
http://www.science-forum.co.jp/bookpdf/0319/0319.pdf

本書では異臭クレームとその対策に焦点をしぼり、実態を明らかに
するとともに原因の究明および詳細な分析法の開示、ならびに異臭
クレームを防ぐことを目途とした製造・流通現場の管理法等を明らか
にし、総合的な方策を示すことを目的としてまとめました。

《 目次 》
第1章  異臭苦情の実態と特徴
第2章  異臭の原因物質を解明する
第3章 異臭判別の実際と原因究明・顧客へのアプローチ
第4章 原因究明の手法とその実際
第5章 食品容器・包装材料の移り香対策
第6章 異臭防止のための製造・流通現場の管理

>> 御陰様で多くのご注文を頂いております。
主なお客様::食品メーカー(製菓、製パン、水産、冷凍食品等)、
飲料メーカー、化学、薬品、生協、検査機関、保健所、大学等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】6月〜7月開催のセミナーのご案内
 ★ホームページからのお申し込みは定価の【5%引】です★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 異物対策マネージャー養成講座2010[対策実務コース]
異物混入撲滅のための体質改善と管理ノウハウ
────────────────────────────────
【開催日】 2010年6月17日(木)及び18日(金)
★ 2日間のセミナーです。
【受講料】定価 63,000円(税込)

⇒ 詳細・お申込はこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91013.htm
⇒ パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/91013.pdf

□ 6月17日
1.異物対策マネージャーの実務―クレーム発生体質をいかに改善するか
2.ワークショップ:異物対策マネジメントシステム構築の実際
オープニングセッション:異物混入対策はどうすすめる? 
>>> 対策の手順を整理する

* 座学1:異物対策マネジメントシステムの概要
 演習1:原因究明のための異物分析フロー作成
 演習2:製造現場における異物危害要因の調査、分析
* 現場報告1:食品工場におけるネズミ、ゴキブリの生息実態と、
   生息ゼロに向けた改善取り組み事例
* 現場報告2:有害生物自主管理の盲点―殺虫剤など化学物質管理の
 問題点 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
□ 6月18日
座学2:異物対策マネジメントシステムの不具合とその原因を探る
演習3:マネジメントシステムの改善計画を作成する
演習4:改善計画を進めるための具体的手法
+++ 修了証授与 +++
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼[第9期]主任微生物管理者講座
HACCP対応―食品安全確保のための専任養成プログラム
────────────────────────────────
【開催日】 2010年7月1日(木)および2日(金)
 ★2日間のセミナーです。
【受講料】定価 63,000円(税込)

⇒ 詳細・お申込はこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91014.htm
⇒ パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/91014.pdf
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆ 昨年度受講生によるアンケート結果で皆さんの関心が高かった
 ・微生物検査と精度管理のノウハウ
 ・現場における品質管理の実際
を柱に新たに
 ・食品微生物の基礎知識
 ・食品工場における真菌対策
を加えました。微生物管理の基礎・製造現場での応用・食への安心を
もたらす微生物検査の信頼性確保・消費者とのコミュニケーションに
について具体的な方法が学べます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
□7月1日
ガイダンス:主任微生物管理者の役割と本講座の狙い 
第1講座 食品微生物の必須知識 
第2講座 食品微生物検査の現場ノウハウ 
第3講座 食品微生物検査における精度管理  

□7月2日(金)
第4講座 食品工場における真菌対策  
第5講座 商品の安全性確保に向けた微生物学的品質管理の実践
第6講座 食の安全・安心を伝える消費者とのコミュニケーション
+++ 修了証授与 +++
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ ワークショップ
[第2回]異臭クレーム対応のための官能評価の実際
────────────────────────────────
【開催日】 2010年7月12日(月)
【受講料】定価 37,800円(税込)

⇒ 詳細・お申込はこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91015.htm
⇒ パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/91015.pdf
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
代表的な臭い成分(腐敗臭、カビ臭、消毒臭、農薬臭、石油系臭い、
香料)のサンプルを用いて、官能評価の進め方とノウハウを効果的に
修得して戴きます。講師はこの道30年のベテランで、現場の品質管理
担当者に必須の体感型ワークショップです。

1. 異臭問題と分析評価のポイント
2. 官能評価ワークショップ
3. 総合質疑&まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆小社ではご購入の検討をサポートする試読制度がございます。
ご希望の書籍のURLの「試読申込」ボタンよりお手続きができます。
お気軽にどうぞ。

【お願い】試読をご希望の際は規約をご一読下さい。↓
http://www.science-forum.co.jp/cgi/trial_reading/mart_raw.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
記載の内容はメール配信後、内容変更となる場合がございます。
ホームページで最新情報をご覧下さい。

各お手続きは下記URLよりお願い致します。
その際はお客様no.もお知らせいただきますと幸甚です。
(このメールへの返信には、配信停止・ご返答が出来ませんので
ご注意ください)
────────────────────────────────
■ 配信停止・宛先変更
⇒ https://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm
お手続き後、2週間以上たちましても停止されない時は
大変お手数ですが再度ご連絡頂けますようお願い申し上げます。

■ 内容変更(ご勤務先/ご所属/ご住所等)
⇒ https://www.science-forum.co.jp/application/index.htm
              
■ ご質問    
⇒ mailto:info@science-forum.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お問い合わせ先】 株式会社 サイエンスフォーラム(担当: 藤川)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-14 山崎ビル5F
 MAIL: 
 TEL:03-5689-5611    FAX:03-5689-5622
(営業時間:9:00〜17:00 ※土/日/祭日を除く)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━