━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイエンスフォーラム通信  2016年 1月号】   2016.01.06 発行
 ● 現場の問題解決のための実践図書・セミナー
               http://www.science-forum.co.jp/
────────────────────────────────
小社のセミナー/書籍情報のメール配信を希望されている方へ配信して
います。                                     NO.429
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪忘れない!≫
新年、明けましておめでとうございます。皆様の益々のご健勝とご活躍
を陰ながらお祈り申し上げます。

正月の三が日が明け、パラリンピック委員会会長 アンドリュー・パー
ソンズ氏(38歳)の以下の素敵な言葉に出会いました。

「競技場や交通インフラを残すことは重要です。でも、人の心を動かす
ことによって生まれる社会の変化こそが大きな遺産。それは偶然生まれ
るものではなく、計画と戦略が必要だと思います。」
「究極的には、体の障害を含むさまざまな個性を認め合う社会をつくる
ことです。」(東京新聞2016年1月4日)と語る同氏の高い見識と行動力
に惹かれました。

さて、昨年も戦中世代が次々と亡くなりました。そのうちの一人、暮れ
の9日に死去した作家 野坂昭如氏の告別式(12月19日)で、喪主を務
めた妻 暘子(ようこ)さんの下記の挨拶がとても印象的でした。
『亡くなる間際まで言い続けた、大事な言葉。「戦争をしてはならない。
巻き込まれてはならない。戦争は何も残さず、悲しみだけが残るんだ」
(中略)目を閉じた顔は美しく穏やかで、初めて見る表情でした。
ちょっとうれしそうな笑みは、母に抱かれた昭如少年だったに違いあ
りません。今までお世話になった大切な皆さまに、野坂とともに心より
お礼を申し上げます。ありがとうございました。』
(2015年12月20日 東京新聞)
 
時代の転換点です。歴史の継承が次第に途絶え、大きな災いの元を作っ
た安全保障関連法の成立。参議院本会議の前に開かれた昨年9月17日の
参議院特別委員会での議決状況をもう一度思い返して下さい。
 
『採決があったとされる同日午後4時半頃、委員長席に詰め寄る与野党
議員の激しい声で会場は騒然となり、委員長の声は全く確認されてい
ません。この場面を記録した議事録でも「・・(発言する者多く、議場
騒然、聴取不能)」とだけしか書かれていない。「何が採決されたのか、
されていないのか。誰も声が聞こえておらず、全く分からない」との
野党議員の声』(弊社メルマガ2015年10月号収録)
 
何かが壊れ始めています。その「何か」とは、民主主義のルールで
あったり個の尊厳であったり表現の自由であったり様々ですが、私
たちが人間らしく生きるための足場となる大切な何かです。
生意気を申し上げるようですが2016年はこの「何か」をしっかりと
取り戻す重要な1年になるような気が致します。また、そうしなけれ
ばいけないと思います。その意味で、私たちは昨年の禍根を決して
忘れてはいけないのではないでしょうか。
 
最後にお伝えしたいのは、前月号のメルマガでも触れた故ネルソン・
マンデラ氏の次の言葉です。
「国民の権利を奪う法律が、いかにも国民の権利を回復させるかの
ような体裁で、次々と作られていったのだ。」(『自由への長い道
 ― ネルソン・マンデラ自伝』上巻 p.174 。日本放送出版協会 1996年)
かつての南アフリカと今日の日本の政治状況が“瓜二つ”に見えてなり
ません。

さて不慣れな政治の話はこれくらいにして、以下に本年3月までの私
どもの活動をご紹介致します。微力ながら、業界の現場でご苦労さ
れている皆様のお役に立てることを祈念し、精魂を込めて企画致し
ました。ご一覧を願えれば幸甚です。

              代表取締役社長  元山 裕孝
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  INDEX ─────────────────────────

【1】1月 〜 3月  開催セミナーのご案内
   
  ┠■ 食品の新カテゴリー創造研究会
  ┃
  ┠■ 変わる消費者の意識と行動
  ┃〜 食品企業のSNS対応と難クレーム処理 〜
  ┃ 
  ┠■ [第3回]水の安全を考える
  ┃〜【食品工場で使用する水の安全性・健全性の確保を目指して】
  ┃
  ┠■ 2016年度 微生物試験法の妥当性確認  実務者講習会
  ┃ 〜 工程管理に合わせた微生物試験法の選択指針 〜
  ┃
  ┠■ 真菌(カビ・酵母)を制する [2016年度 入門講座]
  ┃〜 真菌の検査・同定から汚染の原因究明・再発防止策の立案
  ┃
  ┠■ 食品流通の危害リスクと管理システムの最前線
  ┃〜 物流面に注目し、課題解決策を探る 〜
  ┃
  ┠■  ボーダレス化するチルド食品と冷凍食品
  ┃ 〜 これからの惣菜加工食品市場 〜  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】書籍 特別割引販売のご案内 

┏━★  3/31 まで受付! ★━┓
┃    今月のおすすめ図書    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】1月 〜  3月  開催のセミナーのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ホームページからのお申し込みは定価の【5%引】です ★
────────────────────────────────
▼ 食品の新カテゴリー創造研究会
────────────────────────────────
【開催日】2016年 1月 18日(月)  10:00 〜 17:00
【会  場】フォーラムミカサ エコ
【受講料】定価  38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)

⇒ 詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91601.htm
⇒ パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2015/91601.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 変わる消費者の意識と行動
〜 食品企業のSNS対応と難クレーム処理
────────────────────────────────
【開催日】2016年 1月 27日(水)  10:00 〜 17:00
【会  場】飯田橋レインボービル1F「C+D会議室」
【受講料】定価  38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】50名

⇒ 詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91602.htm
⇒ パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2016/91602.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ [第3回] 水の安全を考える
〜 食品工場で使用する水の安全性・健全性の確保を目指して 〜
────────────────────────────────
【開催日】2016年 2月 3日(水)  10:00 〜 17:00
【会  場】飯田橋レインボービル1F「中会議室」
【受講料】定価  38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)

⇒ 詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91603.htm
⇒ パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2016/91603.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 2016年度 微生物試験法の妥当性確認 実務者講習会
〜 工程管理に合わせた微生物試験法の選択指針 〜
────────────────────────────────
【開催日】2016年 2月 10日(水)  10:00 〜 17:00
【会  場】飯田橋レインボービル1F「2A会議室」
【受講料】定価  38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)

⇒ 詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91604.htm
⇒ パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2016/91604.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 真菌(カビ・酵母)を制する
〜 真菌の検査・同定から汚染の原因究明・再発防止策の立案へ 〜
────────────────────────────────
【開催日】2016年 2月 26日(金)  10:00 〜 16:55
【会  場】連合会館「201会議室」
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】50名

⇒ 詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91605.htm
⇒ パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2016/91605.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 食品流通の危害リスクと管理システムの最前線
〜 物流面に注目し、課題解決策を探る 〜
────────────────────────────────
【開催日】2016年 3月 3日(木)   10:00 〜 17:00
【会  場】連合会館 201会議室
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】46名
【主  催】食品産業戦略研究所

⇒ 詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91606.htm
⇒ パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2016/91606.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ ボーダーレス化するチルド食品と冷凍食品
〜 これからの惣菜加工食品市場 〜
────────────────────────────────
【開催日】2016年 3月 17日(木) 10:00 〜 16:00 
【会  場】連合会館 201会議室
【受講料】定価 36,000円(税別)→ web価格 34,200円(税別)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】書籍 特別割引販売のご案内 
────────────────────────────────
┏━★  3/31 まで受付! ★━┓
┃ ● 今月のおすすめ図書    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓ ● 既刊本 15% オフ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 細菌毒素ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/books/0269.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 食品鑑定技術ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0291.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ↓↓ ● オンデマンド本 → 10% オフ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 機能性食品の安全性ガイドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0303.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 食品危害微生物ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0232.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ [最新版]食品分析法の妥当性確認ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0316.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 現場必携 微生物殺菌実用データ集
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0294.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 食品の安全性評価と確認
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0284.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オンデマンド本はご注文に係るご注意がございます。ご一読を
お願い致します。
http://www.science-forum.co.jp/podbooks/index.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
* 記載の内容はメール配信後、内容変更となる場合がございます。
   ホームページで最新情報をご覧下さい。

*各お手続きは下記URLよりお願い致します。
  その際はお客様番号もお知らせいただきますと幸甚です。
 (このメールへの返信には、配信停止・ご返答が出来ませんので
  ご注意ください)
───────────────────────────────
■ 配信停止
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm

■ 宛先変更
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm
から一度停止していただき、新しいご連絡先で再登録をお願い致します。

お手続き後、2週間以上たちましても停止されない時は
大変お手数ですが再度ご連絡頂けますようお願い申し上げます。

■ メールアドレス以外の内容変更(ご勤務先/ご所属/ご住所等)
⇒ http://www.science-forum.co.jp/application/index.htm

■ ご質問   ⇒ mailto:info@science-forum.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お問い合わせ先】 株式会社 サイエンスフォーラム(担当: 杉浦)
〒270-1142   千葉県我孫子市泉14-30ネクサスビル
MAIL: info@science-forum.co.jp
 TEL:04-7128-5461    FAX:04-7184-7912
(営業時間:9:00〜17:00 ※土/日/祭日を除く)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━