━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイエンスフォーラム通信  2017年 3月号】  2017.03.01 発行
 ● 現場の問題解決のための実践図書・セミナー
               http://www.science-forum.co.jp/
──────────────────────────────
小社のセミナー/書籍情報のメール配信を希望されている方へ配信
しています。                                  NO.390
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪夢追い人に乾杯!≫

有名なハリウッドを抱えるロサンゼルスのことをアメリカでは
「LA LA LAND」と言うそうです。この呼び名を題名にしたアメリカ
のミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」が、先日(2月24日)日本
でも公開されました。既にご覧になった方も多いかと存じますが、
筆者も早速劇場に駆けつけ、作品に感動した一人です。

冒頭、もはや古典的に感じられるかつてのミュージカル全盛時代を
彷彿とさせるLAのハイウエイ上での大群舞からスタート、ほどなく
"夢追い人"たちの情熱に溢れ失意と風刺に富んだ現代のドラマが
進行します。 

LAはまさに"夢追い人"たちのるつぼ。
女優を夢見て何百回もオーディションに応募、その都度落ち続け、
すっかり自信を無くし郷里に帰ろうとするヒロインが静かに歌う
「どうか乾杯を 夢追い人に たとえ愚かにみえても」の言葉が、
とても心に沁みます。
 
一方、「ジャズは死につつある」と憤りつつ、雇用主に日々演奏を
指図されることに嫌気が差し、誰にも干渉されない自らのジャズ
クラブを持ちたいと渇望するジャズピアニストの男性主人公・・。
ハリウッドの過去と現在が交錯し、2人の夢と現実が織りなす展開に、
観客それぞれの人生と思いが次第に重なり引き込まれていきます。
 
ふとしたきっかけで2人は運をつかみ、それぞれの夢を実現していく
のですが、さらに琴線に触れる終盤が待っていて・・。残念ながら
ストーリーテラーになりきれない筆者の限界で、本作の感動をうまく
伝えきれません。
それにしても監督のデイミアン・チャゼル氏が32歳の青年であること
が驚きです。本作の構想をハーバード大学在学中から温めてきたとの
こと。同監督の前作「セッション」も実に鮮烈でした。こちらは2014
年の公開ですので、恐るべきことに29歳の時の作品です。

"夢追い人"を現代に蘇生させ、ハリウッドを目指す人々の思いとエネ
ルギーを重層的に描いた「ラ・ラ・ランド」は、「第89回アカデミー
賞」(2017年)の監督賞、主演女優賞、さらに美術賞、歌曲賞ほか、
他を圧する6部門で受賞しました。アカデミー賞誕生以来、デイミアン・
チャゼル氏は最年少の監督賞受賞者です。
本国で公開された2016年、アメリカの1館当たりの平均興業収入の最高
記録を獲得したとのこと。「アメリカン・ドリーム」はしっかりと
米国の大地に息づいているようです。

閑話休題。第89回アカデミー賞が発表された2月27日、同日付けの東京
新聞で「移民保護 米の伝統」との大見出しが紙面で躍っていました。
トランプ大統領が先月末に発令した不法移民の取り締まり強化を指示
する米大統領令に対し「憲法違反だ」と提訴したサンフランシスコ市。
その訴訟を統括するデニス・エレーラ弁護士の下記の言葉が印象的です。

「サンフランシスコは今に至るまで、成功を求めて各地から人が集まり、
受け入れてきた。夢を追う人に機会を提供するという米国の伝統的な
精神に誇りを持っている。」
(東京新聞2017年2月27日)

ちなみに同紙は、ニューヨークのデブラシオ市長が2月21日、
「(米大統領令の)新指針は移民家族の離散を招く。国家の安全を損ねる
政策だ。市警に不法移民の捜査はさせない」との声明を出し、トランプ
政権の方針に従わない考えを明言した、と報じています。

期せずして「ラ・ラ・ランド」のドラマとデニス・エレーラ弁護士の
指摘が二重写しになり、寛容と包摂の精神を背景にしたニューヨーク
市長の発言がそれに呼応しています。米国の自治の精神的強固さと
民主主義の地盤の確かさを感じさせます。まさに「夢追い人に乾杯!」
です。

わが国食品業界にも数多くの"夢追い人"がいらっしゃることと確信
致します。以下は「自由な情報空間の創造」を目指し、微力ながら
皆様を応援するセミナー企画の数々です。 
お目通しを戴ければ幸甚に存じます。

                               代表取締役社長  元山 裕孝
                              
                              
_/_/_/ INDEX _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 [1]2017年3月 〜 5月  開催セミナーのご案内
 [2]【3月31日までの特別価格】 今月のおすすめ図書


┏━┓
┃1┃2017年3月 〜 5月  開催セミナーのご案内
┗━╋…──────────────────────────
    ★ Webからのお申込みは定価より【5%引】いたします ★
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼変敗クレーム撲滅のための異常品検査のノウハウと原因究明
──────────────────────────────
【開催日】2017年 3月 3日(金) 10:00 〜 16:50 
【会  場】連合会館 2F 「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】36名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91710.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2017/91710.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼2017年度 微生物試験法の妥当性確認 実務者講習会
 〜工程管理に合わせた微生物試験法の選択指針〜
──────────────────────────────
【開催日】2017年 3月 8日(水) 10:00 〜 17:00 
【会  場】連合会館 2F 「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】50名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91706.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2017/91706.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼野菜・サラダの微生物制御の効率化
 〜消費者においしさと安全を届けるために〜
──────────────────────────────
┌─────────────────────┐
│◆◆ お席が残り少なくなっております ◆◆│
└─────────────────────┘
【開催日】2017年 3月 15日(水) 10:00 〜 16:30 
【会  場】フォーラムミカサ エコ「7Fホール」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91707.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2017/91707.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼減塩食品の開発・市場戦略2017
  〜消費者が求める減塩食品の探究と市場拡大への挑戦〜
──────────────────────────────
【開催日】2017年 4月 6日(木) 10:00 〜 17:00 
【会  場】飯田橋レインボービル 2F 「中会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】50名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91711.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2017/91711.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼実践!洗浄殺菌ワークショップ2017
 〜現場改善のための最適手法と清浄度評価のノウハウ〜
──────────────────────────────
【開催日】2017年 4月 20日(木) 10:00 〜 17:00 
【会  場】フォーラムミカサ エコ「7Fホール」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】36名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91708.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2017/91708.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼予測微生物学応用ワークショップ2017
 〜HACCP時代の食品製造条件の最適設計を目指して〜
──────────────────────────────
【開催日】2017年 4月 26日(水) 10:00 〜 17:00 
【会  場】飯田橋レインボービル 2F「中会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】36名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91709.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2017/91709.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼2017年度 芽胞菌入門講座
──────────────────────────────
【開催日】2017年 5月 19日(金) 10:00 〜 16:30 
【会  場】連合会館 2F「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】50名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91712.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2017/91712.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼[第7回]芽胞菌対策研究会
 〜食品製造現場における芽胞菌対策の相談所を目指して〜
──────────────────────────────
【開催日】2017年 5月 25日(木) 10:00 〜 17:00 
【会  場】飯田橋レインボービル 2F「中会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

*WEB掲載準備中です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┓
┃2┃【3月31日までの特別価格】 今月のおすすめ図書 
┗━╋…──────────────────────────

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃↓↓ ● 既刊本 15% オフ    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

◆ 大豆のすべて
→ http://www.science-forum.co.jp/books/0313.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 低温流通食品管理の鉄則
→ http://www.science-forum.co.jp/books/0320.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ↓↓ ● オンデマンド本 → 10% オフ  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◆ 食品のストレス環境と微生物
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0288.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆食の安全・安心に過酢酸はここまで使える!
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0315.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆微生物胞子−制御と対策−
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0317.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆[最新版]食品分析法の妥当性確認ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0316.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆微生物試験のデータ考察力トレーニングブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0304.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆食品異物除去ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0311.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆食品プラント洗浄殺菌マニュアル
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0296.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆アンチエイジング・ヘルスフード
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0306.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆カット野菜品質・衛生管理ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0312.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆食感創造ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0292.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

オンデマンド本はご注文に係るご注意がございます。
ご一読をお願い致します。
http://www.science-forum.co.jp/podbooks/index.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
* 記載の内容はメール配信後、内容変更となる場合がございます。
   ホームページで最新情報をご確認下さい。
* 各お手続きは下記URLよりお願い致します。
   その際はお客様番号もお知らせいただきますと幸甚です。
 (このメールへの返信には、配信停止・ご返答が出来ませんので
   ご注意ください)
──────────────────────────────
■ 配信停止
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm

■ 宛先変更
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm
から一度停止していただき、新しいご連絡先で再登録をお願い
致します。

お手続き後、2週間以上たちましても停止されない時は
大変お手数ですが再度ご連絡頂けますようお願い申し上げます。

■ ご質問   ⇒ mailto:info@science-forum.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お問合わせ先】 株式会社 サイエンスフォーラム(担当:角田)
〒270-1142   千葉県我孫子市泉14-30ネクサスビル
E-mail: info@science-forum.co.jp
 TEL:04-7128-5461    FAX:04-7184-7912
(営業時間:9:00〜17:00 ※土/日/祭日を除く)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━