━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイエンスフォーラム通信  2018年 6月号】  2018.06.01発行
 ● 現場の問題解決のための実践図書・セミナー
               http://www.science-forum.co.jp/
──────────────────────────────
小社のセミナー/書籍情報のメール配信を希望されている方へ配信
しています。                                    NO.352
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪迫りくる食品工場へのAIの導入≫

キユーピーがAIで検品改革」─ 5月に入り、この見出しが目に飛び
込んできました(日経xTECH(クロステック)2018.5.21号)。
同社が生産するベビーフードの主力工場 鳥栖工場でAI(人工知能)
によりジャガイモの良品を自動選別する仕組みを構築し、検品効率
を2倍に高めるメドをつけたとのこと。
『ダイスポテトに付いたミリ単位の黒い斑点まで見抜く熟練の作業、
鳥栖工場で日常的に見られるこの風景が、2018年中にがらりと変わ
りそうだ。』と「日経コンピュータ」の記者が驚きを込めて伝えて
います。

この取り組みは昨年からいくつかのメディアで報じられており、
ご存知の方も多いことと思います。何よりも注目したのは、上記の
技術導入をリードした荻野 武氏(キユーピー株式会社 生産本部
生産技術部 次世代技術担当 担当次長)が大手電機メーカーから
2016年に移籍され、同年『10月には検品工程へのAI導入の試験運用
の見込みを立て、12月には荻野氏がシステム案を手書きで作り上げ、
2カ月後にプロトタイプを作成、2017年2月に鳥栖工場にプロトタイ
プを設置した』(前出「日経xTECH」)という、スピードの圧倒的な
速さです。

筆者は是非とも荻野氏にこの取り組みの詳細をご講演戴きたいと
お願いし、幸いに本年11月22日(木)、「AIによる食品品質管理の
近未来」セミナーで「AIによるイノベーション〜企業力強化と品質
管理への取り組み」を主題にご講演を戴けることになりました。

講演依頼のため初めて荻野氏にお目にかかった折、同氏が発した
下記の言葉が忘れられません。
まさに経営の意識改革が求められているように感じました。

「AIは技術ではない。コーポレートベンチャーの思いでやらないと
決して上手くいかない。何よりも導入したからと言って、効果が
出るかどうかは分からない。新事業の考え方が必要だ。」

本セミナーの詳細は9月初旬に弊社ホームページでご案内させて
戴きます。荻野氏とともに当日ご講演戴くのは群馬県立群馬産業
技術センター研究調整官 細谷 肇氏で、「いま手が届く AIと
食品工場への展開」のタイトルでAI導入の実践的基礎をお話戴く
予定です。

実は本年2月、弊社が細谷氏を講師としてお招きして「経営視点
から異物混入対策を考える」研修会を開催致しました際、受講生
から「食品工場の革命につながる内容と思いました。」との強烈
な感想を頂戴したことが、今回の11月開催のセミナーの契機と
なりました。
筆者も当日を大変期待している次第です。

折しも食品工場へのAI導入の話題が続いています。

・「水産加工品の生産工程の"見える化"を目指し AIを活用した
 実証実験を実施」
(2018.2.13 極洋、極洋食品、NECソリューションイノベータ、
 東北大学の共同プレスリリース)

・「ニチレイフーズ・近畿大学 AIで選別技術開発 工場導入、
 外販も視野」(2018.2.23 日本食糧新聞)

さらに、こうした機運を背景に5月29日(火)「人工知能サミット
2018」が開催され、会場のホテル雅叙園東京に多くの関係者が
詰めかけました。
いくつかのセッションに参加しましたが、その中で幾人かの講師が
指摘した下記の言葉が印象に残りました。

・製造分野での不良品検出へのAI導入は今や常識!
・多くのユーザーが誤ったアプローチでAIやIoTを導入しようと
 している。
・AI活用の本質は、効率化やコストの削減がゴールではない。AIを
 使いこなし新たな価値 を創造し続けることにある。
・AI導入は大々的に行わない。Step by Stepで投資対効果の見極め
 や現場の理解度を合わせてプロセスを組み立てていく。
・データサイエンティストの存在は重要、もっと重要なのは問題
 設定とゴール設定が出来、アプローチやフレームワーク化出来る
 人材がもっとも重要。

迫りくる食品工場へのAI導入。既に検討されている企業は多いこと
と存じます。成否の鍵を握るのは、経営陣の相当な覚悟とプロジェ
クトの目的・課題の明確化、意思決定のさらなる迅速化ではないか
と感じた次第です。

                               代表取締役社長  元山 裕孝
                              
                              
_/_/_/ INDEX _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 [1]2018年6月 〜 8月  開催セミナーのご案内
 [2]【6月30日までの特別価格】 今月のおすすめ図書


┏━┓
┃1┃2018年6月 〜 8月  開催セミナーのご案内
┗━╋…──────────────────────────
    ★ Webからのお申込みは定価より【5%引】いたします ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼2018年度 食品危機管理者育成講座
 〜実戦的ワークショップと模擬記者会見〜
──────────────────────────────
【開催日】2018年 6月 7日(木)  9:55 〜 18:10
     2018年 6月 8日(金)  9:00 〜 17:00 
※2日間のカリキュラム編成のため、1日のみの受講はできません。
【会  場】飯田橋レインボービル「C+D会議室」(東京)
【受講料】定価 60,000円(税別)→ web価格 57,000円(税別)
【定  員】40名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91813.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91813.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼食品汚染カビ対策の現場実践指針
──────────────────────────────
【開催日】2018年 6月15日(金)  10:00 〜 16:30
【会  場】連合会館「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】50名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91816.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91816.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼2018年度 初めての食品微生物
 第1講座 食品微生物入門
──────────────────────────────
【開催日】2018年 6月 26日(火)  10:00 〜 16:35
【会  場】連合会館「201会議室」(東京)
【受講料】定価 33,000円(税別)→ web価格 31,350円(税別)
【定  員】50名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91814.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91814.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼2018年度 初めての食品微生物
 第2講座 食品工場における微生物制御の実践的基礎
──────────────────────────────
【開催日】2018年 7月 6日(金)  10:00 〜 17:30
【会  場】連合会館「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】48名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91815.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91815.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼重大食中毒事件に学ぶ食品の安全確保策
 〜中食・総菜の安全を担保する必須情報〜
──────────────────────────────
【開催日】2018年 7月 13日(金)  10:00 〜 16:30
【会  場】連合会館「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】48名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91817.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91817.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼食品衛生監視員から学ぶ
 食品事故処理の適正手順と必須要件
──────────────────────────────
【開催日】2018年 7月 20日(金)  10:00 〜 16:50
【会  場】連合会館「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】50名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91818.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91818.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼2018年度 低温微生物集中講座
──────────────────────────────
【開催日】2018年 8月 3日(金)  10:00 〜 16:20
【会  場】飯田橋レインボービル「中会議室」(東京)
【受講料】定価 36,000円(税別)→ web価格 34,200円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91819.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91819.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼2018年度 食品微生物検査の相談所
 簡易迅速測定法の現場での必須条件
──────────────────────────────
【開催日】2018年 8月 24日(金)  10:00 〜 16:30
【会  場】連合会館「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】50名

※web掲載準備中です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼効果的な粉体殺菌技術を求めて
──────────────────────────────
【開催日】2018年 8月 31日(金)  10:00 〜 17:00
【会  場】フォーラムミカサ エコ「7Fホール」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

※web掲載準備中です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┓
┃2┃【6月30日までの特別価格】 今月のおすすめ図書 
┗━╋…──────────────────────────

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃↓↓ ● 既刊本 15% オフ    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 低温流通食品管理の鉄則
→ http://www.science-forum.co.jp/books/0320.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ フレッシュ食品の高品質殺菌技術
→ http://www.science-forum.co.jp/books/0310.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ↓↓ ● オンデマンド本 → 10% オフ  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆食の安全・安心に過酢酸はここまで使える!
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0315.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆微生物胞子−制御と対策−
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0317.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆現場必携 微生物殺菌実用データ集
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0294.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆カット野菜品質・衛生管理ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0312.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆<食品の臭気対策第2集>異臭問題の予防・解決の実務手順と実際
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0321.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆食品の臭気対策 第1集
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0319.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

オンデマンド本はご注文に係るご注意がございます。
ご一読をお願い致します。
http://www.science-forum.co.jp/podbooks/index.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
* 記載の内容はメール配信後、内容変更となる場合がございます。
   ホームページで最新情報をご確認下さい。
* 各お手続きは下記URLよりお願い致します。
   その際はお客様番号もお知らせいただきますと幸甚です。
 (このメールへの返信には、配信停止・ご返答が出来ませんので
   ご注意ください)
──────────────────────────────
■ 配信停止
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm

■ 宛先変更
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm
から一度停止していただき、新しいご連絡先で再登録をお願い
致します。

お手続き後、2週間以上たちましても停止されない時は
大変お手数ですが再度ご連絡頂けますようお願い申し上げます。

■ ご質問   ⇒ mailto:info@science-forum.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お問合わせ先】 株式会社 サイエンスフォーラム(担当:角田)
〒270-1142   千葉県我孫子市泉14-30ネクサスビル
E-mail: info@science-forum.co.jp
 TEL:04-7128-5461    FAX:04-7184-7912
(営業時間:9:00〜17:00 ※土/日/祭日を除く)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━