━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイエンスフォーラム通信  2018年 9月号】  2018.09.07 発行
 ● 現場の問題解決のための実践図書・セミナー
               http://www.science-forum.co.jp/
──────────────────────────────
小社のセミナー/書籍情報のメール配信を希望されている方へ配信
しています。                                    NO.340
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 相次ぐ甚大な天災・・・。関西そして北海道の皆様に心から
 お見舞いを申し上げます。


≪ささやかな挑戦 ─「現場力の会」≫

1980年の会社創立以来、38年間が加速度的に過ぎようとしています。

テーマを探索し企画の"水先案内人"と著者・話し手を探して全国を
飛び回る。可能な限り人脈を辿り、時には体当たりで。
次々と依頼先に断られ途方に暮れることもあり、その中での僅かな
成功、まさに"千三つ"の世界・・。

2011年末に新刊の出版を停止したので、この7年間はセミナーonly
です。或る受講者の方から寄せられた「本に載っているような講義
は不要です。サイエンスフォーラムさんでしか聞けない内容にして
ください。」との声、ご支持戴いている範囲は特定されているかも
しれませんが「業界の方々に期待して戴いている」との思いに
ひとえに支えられています。

セミナー企画は、まさに実感として"真剣の刃の上を素足で歩く"
行為です。自分に甘さがあり少しでも気が緩めば鮮血が吹き出ます。
数年前にも立て続けに2本、セミナーを中止する事態がありました。
危機的状況は過去何度かありましたが、この時もさすがに資金的に
支障が出て、「いよいよ駄目か・・」との思いに駆られました。

「土方を殺すに刃物はいらぬ。雨の三日も降ればよい」という諺が
あります。セミナーも同じ、セミナー屋を殺すのに刃物はいりま
せん。企画が数本外れれば(お客さまが来なければ)、それで
おしまい、"THE END"です。

筆者はその時恥ずかしながら己の甘さを差し置いて「企画が弱い
とは思えない、それでもこの結果だ。消費が落ち込んでいて、
当社は顧客から外されている。セミナーの回復は無理なのでは
ないか」と、不振の原因をすっかり外部に委ね、悲観的な気持ち
に堕ち込みました。

しかし或る時、「当社が顧客から選別・排除されているという認識
は誤りで、私が業界に密着しその声をしっかり聴きとって、そこ
から企画しなかった当然の反応がセミナーの中止という結果を招い
たのではないか」と気づきました。

これまでの被害者意識が逆転し、顧客を深く知ること、自らの商品を
もっと愛し魅力的な商品に育てることの大切さを感得した瞬間でした。
「私は変わらなければならない」と強く思いました。

上記の体験を経て、微力ながら業界の若手を支援する新たなコミュ
ニティづくりを目指す試みとして「現場力の会」を発案し、本年
11月にスタートする運びとなりました。次代の製造管理者を目指す
夜間プログラムです。
現場における構想力・問題解決力獲得のための"5つの力"(改善力、
指導力、点検力、検査力、コミュニケーション力)を付与し、
実践に導きます。20名限定です。

本講座の詳細は下記のURLで是非ご覧ください。
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum

食品業界で経験の伝承が途絶え、現場の問題解決能力が徐々に低下
してきていると伺っています。私どもは「現場力の会」を通して
精いっぱい現場に寄り添い、一人一人の悩みを共有しつつ、食品製造、
品質部門の最前線で奮闘されている皆様を応援したいと願っています。

コミュニティに関し一言。
筆者が敬愛する元 株式会社東芝 常務取締役の香山 晋氏
(現 株式会社Kアソシエイツ 代表取締役社長)が先日、或る会合で
下記の通り話されていました。

「残念ながら我々日本人はコミュニティの作り方が上手くない。
社外活動に対し会社の縛りは確かにきついが、実は各個人も無意識に
自分を縛っていて、まさに二重三重に縛られている状態だ。
海外はそうではない。例えばアメリカのシリコン・バレーではIntelや
Google、IBMを初めそれぞれ所属先の立場と強みを生かしながら、
一定のルールのもと他社のエンジニア、研究者とのネットワークを上手
に作り、そのコミュニティを活用して自社のビジネス領域を拡大し発展
させている。」

名実ともに国際化時代を迎え、そろそろ私たちも"内向き"の心から少し
脱皮し、会社にも個人にも有意義な実りあるコミュニティとネット
ワーク作りに身近なところで挑戦すべき時ではないでしょうか。

ささやかながら、筆者も「現場力の会」で自ら変わりたいと念願してい
ます。
会の創設にご支援を戴ければ幸甚です。


                               代表取締役社長  元山 裕孝
                              
                              
_/_/_/ INDEX _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 [1]「現場力の会」11月開講!
 [2]2018年9月 〜 11月  開催セミナーのご案内
 [3]【9月30日までの特別価格】 今月のおすすめ図書


┏━┓
┃1┃18:30開始のアフター勉強会(全6回)+オンラインコミュニティ
┃ ┃「現場力の会」11月開講!
┗━╋…──────────────────────────
    ★ Webからのお申込みは定価より【5%引】いたします ★

「現場力=現場から発想する力」

現場の悩みに寄り添い、自ら課題を発見・解決する力を身につけ
実践に導く、ユニークな夜間学習プログラムです。

【開講期間】2018年11月〜2019年3月 
 ※全6回のカリキュラム編成のため、途中からの受講は出来ません。
【会  場】フォーラムミカサ エコ(東京)
【受講料】定価 60,000円(税別)→ web価格 57,000円(税別)
【定  員】20名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum


┏━┓
┃2┃2018年9月 〜 11月  開催セミナーのご案内
┗━╋…──────────────────────────
    ★ Webからのお申込みは定価より【5%引】いたします ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼2018年度 食品安全のための工場点検ワークショップ
 〜改善をより確実にするための工場点検の原点とノウハウ〜
──────────────────────────────
【開催日】2018年 9月 13日(木)  10:00 〜 17:30
     2018年 9月 14日(金)  9:00 〜 17:00
 ※2日間のカリキュラム編成のため、1日のみの受講は出来ません。
【会  場】フォーラムミカサ エコ「7Fホール」(東京)
【受講料】定価 60,000円(税別)→ web価格 57,000円(税別)
【定  員】36名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91822.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91822.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼HACCPシステムを強化する検証活動の進め方とその実際
──────────────────────────────
【開催日】2018年 9月 21日(金)  10:00 〜 17:00
【会  場】フォーラムミカサ エコ「7Fホール」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91823.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91823.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼適切な行政対応のための食品衛生・表示規制講座
──────────────────────────────
【開催日】2018年 10月 10日(水)  10:00 〜 17:00
【会  場】連合会館「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】50名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91824.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91824.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼2018年度 レトルト食品技術講座
──────────────────────────────
【開催日】2018年 10月 15日(月)  10:00 〜 17:00
【会  場】飯田橋レインボービル「2A会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】40名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91826.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91826.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼「現場の人手不足」を解消する
 新しいクレームリスクマネジメント
 −カスタマーハラスメントから従業員を守る企業の危機管理−
──────────────────────────────
【開催日】2018年 10月 30日(火)  10:00 〜 16:00
【会  場】フォーラムミカサ エコ「7Fホール」(東京)
【受講料】定価 36,000円(税別)→ web価格 34,200円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91833.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91833.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼食品事業者のための
 これからのヒューマンエラー防止策
──────────────────────────────
【開催日】2018年 11月 8日(木)  10:00 〜 17:00
【会  場】飯田橋レインボービル「中会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91827.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91827.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼AIによる食品品質管理の近未来
──────────────────────────────
【開催日】2018年 11月 22日(木)  13:00 〜 17:00
【会  場】フォーラムミカサ エコ「7Fホール」(東京)
【受講料】定価 25,000円(税別)→ web価格 23,750円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91828.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91828.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼毛髪混入対策の基礎と現場での盲点
──────────────────────────────
【開催日】2018年 11月 30日(金)  10:30 〜 16:00
【会  場】フォーラムミカサ エコ「7Fホール」(東京)
【受講料】未定
【定  員】60名

※web掲載準備中です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┓
┃3┃【9月30日までの特別価格】 今月のおすすめ図書 
┗━╋…──────────────────────────

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃↓↓ ● 既刊本 15% オフ    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ フレッシュ食品の高品質殺菌技術
→ http://www.science-forum.co.jp/books/0310.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 低温流通食品管理の鉄則
→ http://www.science-forum.co.jp/books/0320.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ↓↓ ● オンデマンド本 → 10% オフ  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆微生物胞子−制御と対策−
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0317.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆食の安全・安心に過酢酸はここまで使える!
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0315.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆カット野菜品質・衛生管理ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0312.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆<最新版>食品分析法の妥当性確認ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0316.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆微生物試験のデータ考察力トレーニングブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0304.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆食品プラント洗浄殺菌マニュアル
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0296.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

オンデマンド本はご注文に係るご注意がございます。
ご一読をお願い致します。
http://www.science-forum.co.jp/podbooks/index.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
* 記載の内容はメール配信後、内容変更となる場合がございます。
   ホームページで最新情報をご確認下さい。
* 各お手続きは下記URLよりお願い致します。
   その際はお客様番号もお知らせいただきますと幸甚です。
 (このメールへの返信には、配信停止・ご返答が出来ませんので
   ご注意ください)
──────────────────────────────
■ 配信停止
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm

■ 宛先変更
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm
から一度停止していただき、新しいご連絡先で再登録をお願い
致します。

お手続き後、2週間以上たちましても停止されない時は
大変お手数ですが再度ご連絡頂けますようお願い申し上げます。

■ ご質問   ⇒ mailto:info@science-forum.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お問合わせ先】 株式会社 サイエンスフォーラム(担当:角田)
〒270-1142   千葉県我孫子市泉14-30ネクサスビル
E-mail: info@science-forum.co.jp
 TEL:04-7128-5461    FAX:04-7184-7912
(営業時間:9:00〜17:00 ※土/日/祭日を除く)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━