━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイエンスフォーラム通信  2019年 2月号】  2019.02.01 発行
 ● 現場の問題解決のための実践図書・セミナー
               http://www.science-forum.co.jp/
──────────────────────────────
小社のセミナー/書籍情報のメール配信を希望されている方へ配信
しています。                                    NO.329
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪「製造業」が無くなる日≫

皆様も既に感じておられるIT技術の急激な進化とその結果到来し
つつある企業の大変化の足音・・。

もはや旧聞に属しますが、全社を挙げてデジタル化に舵を切る
株式会社日立製作所 東原敏昭社長兼最高経営責任者(CEO)の
「2つの意味で従来型の『製造業』はなくなる」という発言が注目
を集めています。
(日本経済新聞電子版 2018.10.13 20:40)

上記の発言は日経記者 堀田隆文氏のインタビューで東原社長から
発せられた言葉ですが、その趣旨は以下の通りです。

・まず大量生産を前提とする工場の価値が減る。膨大な生産データ
 をビッグデータ解析し人工知能(AI)で分析すれば、製造工程の
 不具合や生産ロスを効率的に減らせる。デジタル化により、
 これまで技術者が担ってきた日本の製造業の強みに付加価値を
 見出すことが難しくなる。データから何でも作れる。しかも
 少量多品種で。そんな時代が目の前に来ている。
・もう一つの変革は消費者に近いところで起きている。電子商取引
 (EC)や電子決済の普及だ。購買にまつわるあらゆるデータは
 消費者が欲するものと欲しないものの線引きを明確にし、そこに
 メーカーもサービス事業者も集中する。メーカーとそれ以外の
 垣根が崩れる。メーカーだけではない。エネルギー、運輸など
 すべての業態で垣根が消える。

 東原社長はインタビューの中で、続けて次の通り語っています。

・人間はこれまで以上に感性が求められる。人の幸せとは何か。
 その実現にどのような価値を創造すべきか。歴史や文化、芸術など
 を幅広く学び、感性を磨くことが何よりも大事になる。

・AIが人間を超える『シンギュラリティ』は起こらないはずだ。社会
 のニーズをくみ取る共感力、問題解決のために何が必要かを探る
 提案力はAIには担えない。人間のために、何をつくり上げるのか
 を決めるのは人間だ。

データが価値の源泉になる時代。皆様のご感想は如何ですか。
目の前で日々展開される食品製造ラインが消えることはないので
しょうが、食品分野でも既に身近なところで物販とフードサービスの
融合、外食産業の中食市場への参入、CVSにおける惣菜類の強化と
イートインの拡充等、あらゆる食の境界が消失し、ボーダーレス化が
急速に進行つつある今日です。新たな価値を求めて必死の模索が
続いています。

折しも2019年1月30日(水)、500名近い企業人が日経ホールに集まり、
日経産業新聞フォーラム「ものづくりAI/IoT」が開催されました。
浅学な筆者には極めて耳慣れない「AIの視線を可視化する」
「Attention Map」「Society 5.0」「知識の属人性からの脱却」
「気づきCAD」「暗黙知を再現可能な形式知へ」等の言葉が次々と
講師陣から発せられ、戸惑いました。

それでも、AIが産業活動のあらゆる場面で急速に活用されつつある
現実とそのインパクトを実感した次第です。

昨年11月小社が開催し、お陰様でご好評を戴きました「AIによる食品
品質管理の近未来」のセミナーは、可能な限り今後も継続し業界の
皆様に有益な情報をお伝えする所存です。
本年はさらに食品開発へのAI利用のテーマも実現したいと考えており
ます。ご支援を賜れば幸いです。

                代表取締役社長  元山 裕孝
                              
                              
_/_/_/ INDEX _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 [1]2019年2月 〜 2019年4月  開催セミナーのご案内
 [2]【3月31日までの特別価格】 今月のおすすめ図書


┏━┓
┃1┃2019年2月 〜 2019年3月  開催セミナーのご案内
┗━╋…──────────────────────────
    ★ Webからのお申込みは定価より【5%引】いたします ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ノロウイルス等感染症型食中毒対策の最新情報と現場への展開
──────────────────────────────
【開催日】2019年 2月 7日(木)  10:00 〜 17:00
【会  場】飯田橋レインボービル「中会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91903.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2019/91903.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼耐熱性カビ対策研究会 2019
──────────────────────────────
【開催日】2019年 2月 22日(金)  10:00 〜 17:00
【会  場】飯田橋レインボービル「中会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91904.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2019/91904.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼おいしい冷凍食品の創製 先進技術講座
──────────────────────────────
【開催日】2019年 2月 27日(水)  10:00 〜 16:50
【会  場】連合会館「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】50名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91905.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2019/91905.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼2019年度 微生物試験法の妥当性確認 実務者講習会
──────────────────────────────
【開催日】2019年 3月 6日(水)  10:00 〜 17:30
【会  場】連合会館「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】50名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91906.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2019/91906.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼野菜・サラダの微生物制御の効率化 実践基礎講座
──────────────────────────────
【開催日】2019年 3月 13日(水)  10:00 〜 17:00
【会  場】フォーラムミカサ エコ「7Fホール」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91907.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2019/91907.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼[第3回]ここがポイント!変敗食品の原因究明
〜教科書では学べない ノウハウの伝承と共有〜
──────────────────────────────
【開催日】2019年 3月 20日(水)  10:00 〜 16:50
【会  場】連合会館「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】36名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91908.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2019/91908.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼AI×微生物管理で品質保証のイノベーション!
〜食品への予測微生物学応用2019〜
──────────────────────────────
【開催日】2019年 4月 10日(水)  10:00 〜 16:40
【会  場】フォーラムミカサ エコ「8Fホール」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】36名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91909.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2019/91909.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼実践!洗浄殺菌の問題解決 事例研究会
──────────────────────────────
【開催日】2019年 4月 18日(木)  10:00 〜 17:00
【会  場】飯田橋レインボービル「2A会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】40名

※WEB掲載準備中です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼食品の乳酸菌汚染との戦い方 実践基礎講座
──────────────────────────────
【開催日】2019年 4月 25日(木)  10:00 〜 16:30
【会  場】連合会館「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】50名

※WEB掲載準備中です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┓
┃2┃【3月31日までの特別価格】 今月のおすすめ図書 
┗━╋…──────────────────────────

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃↓↓ ● 既刊本 15% オフ    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ フレッシュ食品の高品質殺菌技術
  (在庫僅少/品切れ後はオンデマンド本でのご提供となります)
→ http://www.science-forum.co.jp/books/0310.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 低温流通食品管理の鉄則
→ http://www.science-forum.co.jp/books/0320.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 大豆のすべて
→ http://www.science-forum.co.jp/books/0313.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 微生物資源国際戦略ガイドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/books/0309.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ↓↓ ● オンデマンド本 → 10% オフ  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆<最新版>食品分析法の妥当性確認ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0316.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆[現場必携]微生物殺菌実用データ集
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0294.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 微生物胞子−制御と対策−
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0317.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 食の安全・安心に過酢酸はここまで使える!
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0315.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

オンデマンド本はご注文に係るご注意がございます。
ご一読をお願い致します。
http://www.science-forum.co.jp/podbooks/index.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
* 記載の内容はメール配信後、内容変更となる場合がございます。
   ホームページで最新情報をご確認下さい。
* 各お手続きは下記URLよりお願い致します。
   その際はお客様番号もお知らせいただきますと幸甚です。
 (このメールへの返信には、配信停止・ご返答が出来ませんので
   ご注意ください)
──────────────────────────────
■ 配信停止
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm

■ 宛先変更
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm
から一度停止していただき、新しいご連絡先で再登録をお願い
致します。

お手続き後、2週間以上たちましても停止されない時は
大変お手数ですが再度ご連絡頂けますようお願い申し上げます。

■ ご質問   ⇒ mailto:info@science-forum.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お問合わせ先】 株式会社 サイエンスフォーラム(担当:角田)
〒270-1142   千葉県我孫子市泉14-30ネクサスビル
E-mail: info@science-forum.co.jp
 TEL:04-7128-5461    FAX:04-7184-7912
(営業時間:9:00〜17:00 ※土/日/祭日を除く)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━