━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイエンスフォーラム通信  2019年 11月号】  2019.11.06 発行
 ● 現場の問題解決のための実践図書・セミナー
               http://www.science-forum.co.jp/
──────────────────────────────
小社のセミナー/書籍情報のメール配信を希望されている方へ配信
しています。                                   NO.313
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪「大海への一滴」を目指して─ お陰様で創立40周年≫

前日のTV各局、11月1日の新聞一面で大きく報じられた、紅蓮の炎
に焼き尽くされる首里城の姿に衝撃を受けました。

泣きながら登校する子供たち、涙を流しながら必死に放水する
消防隊員の姿に、心の拠り所となる、とてつもなく大切なものを
喪失した沖縄の人たちの悲痛な叫びが聞こえてくるようでした。
ひとえに再建を祈るばかりです。
 
上記の緊急事態と比べると私どもの活動はあまりにも些細ですが、
「拠り所」が一朝一夕にできるものではなく歴史の中での無数の
営みと様々な思い、人々の願いの堆積だとすると、ささやかながら
40年目を迎えた小社にも一言ぐらい語る言葉が許されるのでは
ないかと思い、筆をとる次第です。

1980年11月1日、この日が小社の創立日です。
「サイエンスフォーラム」の社名は独立前の1980年8月欧米を視察
旅行した際、パリの凱旋門近くのホテルの部屋で決めました。

新しい会社で、科学技術分野の気鋭の人々が集い、互いの問題意識
をぶつけ合い方向を模索する、自由な情報空間を作りたいと思い
ました。これが私の心の拠り所となっています。

限りない挫折と危機を体験したこの39年間、小社の活動を支援して
下さいました業界の皆様、大学・研究機関の先生方、絶えず励まし
とご心配を賜りました各位に心より深謝申し上げます。

そして、小社がここまで存続できましたのは、何よりも皆様の
お力添えのお蔭です。

40周年を迎え、受講生の皆様の人脈作りに役立つ出会いの場所、
可能な限り本音で議論し意見交換するフォーラムの実現、“感動”
につながるカリキュラムの立案に引き続き挑戦します。

同時に、発生した問題への対症療法ではなく、本質的解決のための
理論構築、“あるべき姿”に向けた新たな視点、最前線の皆様の
活動の拠り所になり得る“何か”の提供に努める所存です。

「大海も一滴の水の集まり」という言葉があります。
私どもは無力でちっぽけな存在ですが、その言葉の力を信じ、
“一滴”となることを願っています。

以下に、私どもが上記の思いと精魂を込めて企画した2020年前期
開催のセミナーを掲載してございます。
貴社の人材教育にお役立て戴ければ幸いです。

               代表取締役社長  元山 裕孝
                              
                              
_/_/_/ INDEX _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 [1]2020年1月〜6月セミナー開催予定のご案内
 [2]2019年11月 〜 2020年1月  開催セミナーのご案内
  [3]【12月31日までの特別価格】 今月のおすすめ図書


┏━┓
┃1┃2020年1月〜6月 セミナー開催予定のご案内
┗━╋…──────────────────────────
2020年前期の研修講座を以下の通りご用意いたしました。
ご活用願えれば幸いです。
※会場はいずれも東京です。
┏━┯━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ │21日(火)│躍進するパックご飯の技術と市場展望          ┃
┃1│    │         〜食品の無菌包装システム2020〜     ┃
┃  │      │http://www.science-forum.co.jp/seminar/92001.htm
┃ ├────┼──────────────────────┨
┃月│31日(金)│[第2回]食感の適切な評価手法を求めて       ┃
┃ │    │〜嚥下困難者対応食品の最新の研究動向と現場 ┃
┃ │    │ での展開〜                     ┃
┣━┿━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃ │7日(金) │多発苦情異物をどこまで減らせるか            ┃
┃2│    │〜金属、毛髪、プラスチックの混入防止対策〜  ┃
┃  ├────┼──────────────────────┨
┃ │14日(金)│異常品検査のスキルアップ!実践集中講座     ┃
┃  │       │  〜加工食品、調味料、飲料を対象に〜   ┃
┃月├────┼──────────────────────┨
┃  │21日(金)│耐熱性カビ対策研究会2020                    ┃
┣━┿━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃ │6日(金) │予測微生物学応用ワークショップ2020          ┃
┃  │        │〜HACCP全面施行に向けた やさしいモデル構築と┃
┃3│        │  活用方法〜                                ┃
┃ ├────┼──────────────────────┨
┃ │13日(金)│[第2回]野菜・サラダの微生物制御の効率化    ┃
┃  │        │        実践基礎講座                        ┃
┃月├────┼──────────────────────┨
┃  │24日(火)│[第3回]フードディフェンスの新たな構築と実践┃
┃  │        │〜実用的な脆弱性評価と食品防御計画の具体像〜┃
┣━┿━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃ │10日(金)│2020年度                  ┃
┃ │    │微生物試験法の妥当性確認 実務者講習会       ┃
┃4│    │〜工程管理の制度化に対応した微生物試験法の  ┃
┃ │    │ 選択指針〜                                ┃
┃  ├────┼──────────────────────┨
┃ │16日(木)│実践!洗浄殺菌の問題解決 事例研究会2020     ┃
┃月├────┼──────────────────────┨
┃ │23日(木)│2020年度 食品の乳酸菌汚染との戦い方         ┃
┃ │    │実践基礎講座                                ┃
┣━┿━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃ │22日(金)│[第10回]芽胞菌対策研究会           ┃
┃5│    │ 〜食品製造現場における芽胞菌対策の相談所を ┃
┃ │    │  目指して〜                               ┃
┃月├────┼──────────────────────┨
┃ │29日(金)│2020年度 芽胞菌入門講座           ┃
┣━┿━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃  │4日(木) │2020年度 食品危機管理者育成講座       ┃
┃6│5日(金) │〜実戦的ワークショップと模擬記者会見〜   ┃
┃ ├────┼──────────────────────┨
┃  │19日(金)│食品事業者のための食品害虫の徹底防除策    ┃
┃月├────┼──────────────────────┨
┃  │25日(木)│2020年度 食品微生物入門講座                 ┃
┗━┷━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



┏━┓
┃2┃2019年11月 〜 2020年1月  開催セミナーのご案内
┗━╋…──────────────────────────
    ★ Webからのお申込みは定価より【5%引】いたします ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼AIによる食品開発のパラダイムシフト
──────────────────────────────
【開催日】2019年 11月 8日(金)  10:00 〜 16:30
【会  場】フォーラムミカサ エコ「7Fホール」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91928.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼[第2回]食品事業者のためのこれからのヒューマンエラー防止策
──────────────────────────────
【開催日】2019年 11月 22日(金)  10:00 〜 17:00
【会  場】飯田橋レインボービル「中会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91929.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼「令和」新時代のミールソリューションの行方
──────────────────────────────
【開催日】2019年 12月 4日(水)  10:00 〜 17:00
【会  場】飯田橋レインボービル「C+D会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91930.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼2019年度 ロングライフチルドの基盤技術と高品質化
──────────────────────────────
【開催日】2019年 12月 13日(金)  10:00 〜 16:50
【会  場】連合会館「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】50名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91931.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼躍進するパックご飯の技術と市場展望        
 〜食品の無菌包装システム2020〜
──────────────────────────────
【開催日】2020年 1月 21日(火)  9:55 〜 16:45
【会  場】連合会館「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】46名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/92001.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼【第2回】食感の適切な評価手法を求めて        
  〜嚥下困難者対応食品の最新の研究動向と現場での展開〜
──────────────────────────────
【開催日】2020年 1月 31日(金)  10:00 〜 17:30
【会  場】フォーラムミカサ エコ「7Fホール」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

※web掲載準備中です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┓
┃3┃【12月31日までの特別価格】 今月のおすすめ図書 
┗━╋…──────────────────────────

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃↓↓ ● 既刊本 15% オフ    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 微生物資源国際戦略ガイドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/books/0309.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ↓↓ ● オンデマンド本 → 10% オフ  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 食品のストレス環境と微生物
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0288.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆<最新版>食品分析法の妥当性確認ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0316.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 微生物胞子−制御と対策−
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0317.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 微生物汚染事例・現場検査法Q&A集
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0283.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 【現場必携】微生物殺菌実用データ集
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0294.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 機能性食品の安全性ガイドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0303.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ フレッシュ食品の高品質殺菌技術
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0310.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

オンデマンド本はご注文に係るご注意がございます。
ご一読をお願い致します。
http://www.science-forum.co.jp/podbooks/index.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
* 記載の内容はメール配信後、内容変更となる場合がございます。
   ホームページで最新情報をご確認下さい。
* 各お手続きは下記URLよりお願い致します。
   その際はお客様番号もお知らせいただきますと幸甚です。
 (このメールへの返信には、配信停止・ご返答が出来ませんので
   ご注意ください)
──────────────────────────────
■ 配信停止
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm

■ 宛先変更
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm
から一度停止していただき、新しいご連絡先で再登録をお願い
致します。

お手続き後、2週間以上たちましても停止されない時は
大変お手数ですが再度ご連絡頂けますようお願い申し上げます。

■ ご質問   ⇒ mailto:info@science-forum.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お問合わせ先】 株式会社 サイエンスフォーラム(担当:角田)
〒270-1142   千葉県我孫子市泉14-30ネクサスビル
E-mail: info@science-forum.co.jp
 TEL:04-7128-5461    FAX:04-7184-7912
(営業時間:9:00〜17:00 ※土/日/祭日を除く)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━