━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイエンスフォーラム通信  2020年 1月号】  2020.1.8 発行
 ● 現場の問題解決のための実践図書・セミナー
               http://www.science-forum.co.jp/
──────────────────────────────
小社のセミナー/書籍情報のメール配信を希望されている方へ配信
しています。                                       NO.313
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪天、共に在り ─ 銃撃された中村 哲医師のメッセージ≫

明けましておめでとうございます。

2019年12月4日、アフガニスタンで武装勢力により銃撃・殺害
された医師 中村 哲氏。アフガンの大地に根差し、現地の
貧困脱却こそが和平をもたらすとの信念で1,600本もの井戸を
掘り、用水路を引いて黄金色の砂漠を緑一色に変えた同氏の
ひたむきな生きざまが忘れられません。

同月11日、遺族とペシャワール会の合同葬儀・告別式が福岡で
執り行われ、式場の外にも人が溢れるほどで、弔問者は1,800人
を超えていたとTBS報道局記者 金平茂紀氏が伝えています。

「弔辞を聴いていて本当に心を揺さぶられた。どれも素晴らしい
弔辞だった。」(朝日新聞社「論座」2019.12.31)

既にご存知の方も多いかと思いますが、同氏の事実上の遺作
となった図書『天、共にあり アフガニスタン三十年の闘い』
の終章「日本の人々へ」の以下の言葉を、少し長くて恐縮ですが
転載させて戴きます。

まさに今日の私たちへの警鐘です。
 
『いたずらに時流に流されて大切なものを見失い、進歩という
名の呪文に束縛され、生命を粗末にしてはならない。今大人たち
が唱える「改革」や「進歩」の実態は、宙に縄をかけてそれを
よじ登ろうとする魔術師に似ている。

(中略)

やがて、自然から遊離するバベルの塔は倒れる。人も自然の一部
である。それは人間内部にもあって生命の営みを律する厳然たる
摂理であり、恵みである。科学や経済、医学や農業、あらゆる人
の営みが、自然と人、人と人の和解を探る以外、我々が生き延びる
道はないであろう。それがまっとうな文明だと信じている。その
声は今小さくとも、やがて現在が裁かれ、大きな潮流とならざる
を得ないだろう。』
(本書p.245-246;NHK出版 2013年)

折しも2020年元旦の日本経済新聞電子版は「さびつく成長の公式」
として、以下の通り危機感をもって日本経済の現況を報じています。

『資本主義の常識がほころびてきた。資本を集め、人を雇い、
経済が拡大すれば社会全体が豊かになる─。そんな「成長の公式」が
経済のデジタル化やグローバル化で変質し、格差拡大や環境破壊など
の問題が噴き出す。この逆境の向こうに、どんな未来を描けばいいの
だろう。』

何のことはない。経済界を代弁する上記メディアの嘆きの本質を
故中村氏がずっと以前に洞察していたことが分かります。
 
関連して、もう一つ。「日経MJ」(日経流通新聞)新年元旦号は
1面の見出しに「五縁の輪 クロスオーバー」を掲げ、「新たなライフ
スタイルをデザインする時代がやってきた。」として、「縁」「援」
「円」「宴」「園」をキーワードにビジネスの新潮流を紹介して
います。

その中で筆者の眼に留まったのは、実に1,300年間に2人しか達成して
いない荒行を満行した大阿闍梨 塩沼亮潤氏の次の言葉です。
(同紙5面)

「人間は人と人、心と心でつながった時にこそ、この上ない喜びを
感じると思います。」

サイエンスフォーラムの2020年は、微力ながら食品業界の第一線の
方々の心に僅かでも迫り、業界と消費者との新たなつながりを模索
するとともに、より広い視野から安全・品質課題にアプローチする
所存です。

まさに“大海の一滴”を目指します。
ご支援を賜れば幸いです。

                代表取締役社長  元山 裕孝
                              
                              
_/_/_/ INDEX _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 
 [1]2020年1月 〜 2020年3月  開催セミナーのご案内
  [2]【3月31日までの特別価格】 今月のおすすめ図書



┏━┓
┃1┃2020年1月 〜 2020年3月  開催セミナーのご案内
┗━╋…──────────────────────────
    ★ Webからのお申込みは定価より【5%引】いたします ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼躍進するパックご飯の技術と市場展望        
 〜食品の無菌包装システム2020〜
──────────────────────────────
【開催日】2020年 1月 21日(火)  9:55 〜 16:45
【会  場】連合会館「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】46名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/92001.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼【第2回】食感の適切な評価手法を求めて        
  〜嚥下困難者対応食品の最新の研究動向と現場での展開〜
──────────────────────────────
【開催日】2020年 1月 31日(金)  10:00 〜 17:30
【会  場】フォーラムミカサ エコ「7Fホール」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/92002.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼多発苦情異物をどこまで減らせるか      
  〜金属、毛髪、プラスチックの混入防止対策〜
──────────────────────────────
【開催日】2020年 2月 7日(金)  10:00 〜 16:30
【会  場】飯田橋レインボービル「2A会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】36名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/92003.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼<微生物試験初級技術者のための>
 異常品検査のスキルアップ!実践集中講座      
──────────────────────────────
【開催日】2020年 2月 14日(金)  10:00 〜 16:50
【会  場】飯田橋レインボービル「2A会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】36名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/92004.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼耐熱性カビ対策研究会2020  
──────────────────────────────
【開催日】2020年 2月 21日(金)  10:00 〜 17:00
【会  場】フォーラムミカサ エコ「7Fホール」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/92005.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼予測微生物学応用ワークショップ2020
−実践入門!HACCP管理のためのやさしいモデル構築と活用方法− 
──────────────────────────────
【開催日】2020年 3月 6日(金)  10:00 〜 17:00
【会  場】ネクストワークス・ラーニングセンター(東京)
【受講料】定価 39,000円(税別)→ web価格 37,050円(税別)
【定  員】30名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/92006.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼[第2回]野菜・サラダの微生物制御の効率化 実践基礎講座
──────────────────────────────
【開催日】2020年 3月 13日(金)  10:00 〜 16:30
【会  場】フォーラムミカサ エコ「7Fホール」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/92007.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼[第3回]フードディフェンスの新たな構築と実践
─ 実用的な脆弱性評価と食品防御計画の具体像 ─
──────────────────────────────
【開催日】2020年 3月 24日(火)  10:00 〜 17:00
【会  場】連合会館「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】50名

※web掲載準備中です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
	
┏━┓
┃2┃【3月31日までの特別価格】 今月のおすすめ図書 
┗━╋…──────────────────────────

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃↓↓ ● 既刊本 15% オフ    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 低温流通食品管理の鉄則−事故を起こさないために−
→ http://www.science-forum.co.jp/books/0320.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ↓↓ ● オンデマンド本 → 10% オフ  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 微生物試験のデータ考察力トレーニングブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0304.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆<最新版>食品分析法の妥当性確認ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0316.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 微生物胞子−制御と対策−
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0317.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 【現場必携】微生物殺菌実用データ集
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0294.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ <食品の臭気対策第2集>
異臭問題の予防と解決の実務手順と実際
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0321.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

オンデマンド本はご注文に係るご注意がございます。
ご一読をお願い致します。
http://www.science-forum.co.jp/podbooks/index.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
* 記載の内容はメール配信後、内容変更となる場合がございます。
   ホームページで最新情報をご確認下さい。
* 各お手続きは下記URLよりお願い致します。
   その際はお客様番号もお知らせいただきますと幸甚です。
 (このメールへの返信には、配信停止・ご返答が出来ませんので
   ご注意ください)
──────────────────────────────
■ 配信停止
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm

■ 宛先変更
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm
から一度停止していただき、新しいご連絡先で再登録をお願い
致します。

お手続き後、2週間以上たちましても停止されない時は
大変お手数ですが再度ご連絡頂けますようお願い申し上げます。

■ ご質問   ⇒ mailto:info@science-forum.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お問合わせ先】 株式会社 サイエンスフォーラム(担当:角田)
〒270-1142   千葉県我孫子市泉14-30ネクサスビル
E-mail: info@science-forum.co.jp
 TEL:04-7128-5461    FAX:04-7184-7912
(営業時間:9:00〜17:00 ※土/日/祭日を除く)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━