(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

オンデマンド出版(POD)
最新版 漁業補償実務資料集<総合事例編>

コードNO0028P
発 刊1982年8月30日
価 格 POD(オンデマンド)価格 本体30,100円+税
体 裁 A4判並製 550頁
試 読不可
ご注意 オンデマンド版(POD)は、以下の点で当社通常書籍と扱いが異なります。
  • オンデマンド(On Demand:要求があり次第に)という意味の通り、お客様からの注文に応じてその都度印刷・製本をする販売形式を取っています。 そのため、ご注文を受けてから発送までに1週間〜10日前後のお時間をいただきます。
  • 受注生産のため、注文されてからのキャンセルはお受けできません。
  • 装丁は厚紙表紙のみの簡単なものになり、カバー等も付きません。
  • 【試読】および【お客様都合による返本】はお受けできません。
  • 書店経由ではなく弊社との直接のお取引(直販)となります 。書店割引はありません。
ご注文
上記『ご注意』に同意された上で、ご購入のお手続きをお願いします。
執筆者一覧へ 関連書籍を見る

キャンセル・返品不可

■ 主要構成

第1章 漁業補償に関する漁業法のポイント
第2章 漁業補償事例に見る沿岸漁業の収益性
第3章 港湾工事等の施工に伴う各種漁業補償事例
第4章 農業基盤整備事業に伴う漁業補償事例
第5章 内水面における漁業補償事例
第6章 漁業補償に伴う各種生活再建対策
第7章 残存海面の高度利用

【序】

公共事業の施行にあたっては、その施行前対策として、事業区域およびその関係する区域の権利者との調整を図る必要があります。

公有水面における各種の権利の中でも、特に漁業権に対する補償は、「特殊補償」としての性格を有しており、補償実務担当者にとって、最も難しいものとされております。

特に最近においては、漁業補償をめぐるさまざまな紛争事例が各地で起きており、係争中のものも相当数に及んでいることからも、複雑で困難な面をうかがうことができます。

漁業補償の困難な理由としては、事業施行区域に係る漁業権等が複雑に入り組んでいること、権利者各人ごとの補償額の算定が難しいこと等が考えられ、これらの理由とともに漁業の実態によって補償の態様を検討しなければならない問題もあります。 これら漁業権等の特殊性のほかに、被補償者への補償後の生活再建対策等についても、補償の内容として考慮しなければならない状況があります。

これら補償実務の習得に当たっては、漁業補償の実務担当者にとって参考となる補償事例および生活再建事例について、これらを整理・資料化した図書の発刊の強い要望もあって、昭和54年6月に「漁業補償実務資料集成」が刊行されたものであります。

今般、新しい漁業補償事例および生活再建事例等の資料を整理した既刊書の続編として刊行されるよう、多数要望が寄せられたことに応えるかたちで、農林水産省・水産庁・水資源開発公団、横浜市等の方々に多大なご協力を得て、貴重な資料の収集を重点に執筆していただき、発刊されることとなったものであります。

本書が既刊書と同様、漁業補償実務担当者の補償事務に役立つことを期待しているものであります。

港湾関係補償実務研究会主幹(運輸省港湾局管理課調整官) 広勢 慶二

■ 内容目次

序<広勢 慶二>
第1章 漁業補償に関する漁業法のポイント
<浜本 幸生>
第1節 漁業補償とは何か
  1. 漁業補償についての基本的問題点
  2. 補償の法理―揖失補償と損害賠償
    2.1 損失補償とは
    2.2 損害賠償とは
    2.3 補償すべき損失(損害)の範囲
    2.4 漁業補償における損失補償・損害賠償の例
  3. 補償契約による漁業補償
    3.1 漁業補償契約と損失補償との関係
    3.2 漁業補償契約と損害賠償との関係
    3.3 漁業補償契約の性格についての考察
  4. 漁業補償金の算定基準
    4.1 「電発方式」について
    4.2 「駐留軍方式」について
    4.3 「土地改良方式」について
    4.4 公共用地審議会の答申(昭37.3.20)について
    4.5 公共用地の取得に伴う損失補償基準要綱(昭37.6.29閣議決定)について
  5. 「公共用地の取得に伴う損失補償基準要綱」における漁業補償の基準の重要点
    5.1 漁業補償の対象となる権利・利益の範囲
    5.2 補償すべき損失(損害)の範囲について
    5.3 共同漁業権等において補償を受ける者
    5.4 共同漁業権等の消滅又は制限に対して「補償を受ける者」と「個別払いの原則」との関係
  6. 漁集補償金の配分
    6.1 漁業補償金の一括受領
    6.2 漁業協同組合と漁業権漁業、許可漁業、自由漁業との関係
    6.3 漁業補償金の配分についての問題点
    6.4 「我妻栄鑑定書」について
    6.5 泉大津漁業協同組合漁業補償金等分割請求事件判決(大阪地裁、昭52.6.3判決)について
    6.6 「漁業補償金の配分について」の指導通達
    6.7 漁業協同組合が組合員の漁業に関する損害賠償の請求、受領及ぴ配分を行うことと水産業協同組合法との関係
  7. 二重補償問題
    7.1 二重補償問題
    7.2 電力会社が毎年支払っている内水面の復元補償と国が行った旧漁業権の一斉消滅補償との関係
    7.3 中海干拓事業と他の事業との関係
    7.4 T市の場合に生じた問題点とそれに対する考え方について
第2節 漁業法における漁業補償制度
  1. 漁業法の目的・所管事項
  2. 漁業権漁業、許可漁業、自由漁業の区別とそれらの意義
    2.1 漁業権漁業、許可漁業、自由漁業の区別
    2.2 漁業権の種類
    2.3 漁業権の意義
    2.4 漁業権の性格
    2.5 入漁権の意義・性格
    2.6 許可漁業の種類
    2.7 漁業の許可の意義・性格
    2.8 自由漁業の意義
  3. 漁業法における漁業補償制度の概要
  4. 漁業権漁業に関する損失補償制度(第39条)
    4.1 第39条の規定の概要
    4.2 本条の規定の趣旨
    4.3 本条の規定の運用について
    4.4 本条による取消し等の処分の対象となる権利
    4.5 本条により補償すべき損失の範囲
    4.6 漁業法第39条の発動事例
  5. 許可漁業に関する損失補償制度
    5.1 「指定漁業」の許可の取消し等に伴う損失補償(第63条の規定による第39条の準用)
    5.2 「承認漁業」(大臣許可漁業)の許可の取消し等に伴う損失補償(水産資源保護法第10条、第11条)
    5.3 知事許可漁業の許可の取消し等に伴う損失補償
第3節 漁業法のポイント
  1. 漁業補償と漁業権の放棄・変更
    1.1 漁業権の放棄
    1.2 漁業権の一部放棄
    1.3 漁業権の変更
    1.4 漁業権の変更免許(第22条)
    1.5 漁業権放棄についての書面同意問題
  2. 漁業補償と漁業権の設定
    2.1 漁業権の設定(漁業免許)のしくみ
    2.2 漁業権の免許義務(漁場計画の樹立義務―第11条)について
    2.3 漁業補償と漁場計画の樹立との関係についての解釈・運用
  3. 漁業補償と漁業権の制限・条件
    3.1 漁業権の制限・条件の意義(第34条)
    3.2 漁業補償と漁業権の制限・条件との関係についての解釈・運用
  4. 内水面における復元補償
    4.1 内水面における第5種共同漁業権制度(第127〜第129条)
    4.2 漁業法による増殖義務と復元補償との関係
    4.3 「公共用地の取得に伴う損失補償基準要綱」における内水面の復元補償の取扱い
第2章 漁業補償事例に見る沿岸漁業の収益性
<芳賀 紘>
第1節 漁業権等の損失に対する補償基準要綱の考え方
  1. 一般補償基準要綱制定以前の基準等
  2. 一般補償基準要綱の漁業補償の考え方
第2節 沿岸漁業の生産性について
  1. 漁業法改正時の沿岸漁業の状況
  2. 漁業白書に見る沿岸漁業の動向
    2.1 沿岸漁業の生産動向
    2.2 沿岸漁業の経営動向
第3節 収益率から見た沿岸漁業
  1. 漁業権等の補償額の算定
  2. 漁業種類ごとの収益率
第3章 港湾工事等の施工に伴う各種漁業補償事例
<芳賀 紘>
第1節 離島港湾における漁業補償事例
  1. 漁業補償の理由
  2. 補償の概要
    2.1 漁業補償の考え方
    2.2 漁業の概況
  3. 補償対象の漁業権利者及び漁業種類等
  4. 補償の方式
    4.1 補償の根拠
    4.2 補償の方式
  5. 補償額総括表
  6. 補償額計算表
  7. 算定基礎資料の概要

第2節 防波堤等の築造に伴う漁業補償事例

(2)−1 小名浜港の防波堤築造に伴う漁業補償
  1. 漁業補償の理由
  2. 漁業補償の考え方
  3. 漁業概況
  4. 補償対象の漁業権利者及び漁業種類等
  5. 補償の方式
  6. 補償対象の漁業種類
    6.1 補償額総括表
    6.2 補償額計算表
  7. 算定基準資料
  8. 算定方法
(2)−2 敦賀港港湾整備計画に伴う漁業補償
  1. 漁業補償の理由
  2. 漁業補償の考え方
  3. 漁業概況
  4. 補償対象の漁業権利者及び漁業種類等
  5. 補償の方式
    5.1 補償額総括表
    5.2 補償額計算表
  6. 算定基礎資料の概要

第3節 港湾整備に伴う影響補償事例

(3)−1 大船渡港港湾整備に伴う影響補償
  1. 漁業補償の理由
  2. 漁業補償の考え方
  3. 漁業概況
  4. 補償対象の漁業権利者及び漁業種類等
  5. 補償の方式
    5.1 補償額総括表
    5.2 補償額計算表
  6. 算定基礎資料の概要
(3)−2 舞鶴港港湾整備に伴う影響補償
  1. 漁業補償の理由
  2. 漁業補償の考え方
  3. 対象区域の漁業概要
  4. 補償の方式
    4.1 補償額総括表
    4.2 補償額計算表
  5. 算定基礎資料
  6. 算定方法
  7. 被害率について

第4節 航路等の整備に伴う漁業補償事例

(4)−1 備讃瀬戸航路浚渫工事に伴う漁業補償事例
  1. 漁業補償の理由
  2. 漁業補償の考え方
  3. 対象区域の漁業概要
  4. 補償対象の漁業権利者及び漁業種類等
  5. 補償の方式
    5.1 補償額総括表
    5.2 補償額計算表
  6. 算定基礎資料
(4)−2 広島港泊地及び航路浚渫工事に伴う漁業補償事例
  1. 漁業補償の理由
  2. 漁業補償の考え方
  3. 対象区域の漁業概要
  4. 補償対象の漁業権利者及ぴ漁業種類等
  5. 補償の方式
    5.1 補償額総括表
    5.2 補償額計算表(影響補償)
  6. 算定基礎資料
(4)−3 A港航路(−13m)浚渫工事に伴う漁業補償事例
  1. 漁業補償の理由
  2. 補償の考え方及び補償の方式
  3. 漁業概要
  4. 補償対象の漁業権利者及ぴ漁業種類
  5. 漁業補償金算定調書
第5節 海岸事業に伴う漁業補償事例
  1. 漁業補償の理由
  2. 補償の考え方及び補償の方法
  3. 漁業概要
  4. 関係権利者
  5. 補償対象の漁業種類
  6. 漁業補償金算定調書
第4章 農業基盤整備事業に伴う漁業補償事例
<大増 信一郎>
第1節 河北潟干拓事業に伴う漁業補償事例
  1. 河北潟事業計画概要
    1.1 事業の目的
    1.2 事業計画
  2. 河北潟における漁業の概要
    2.1 漁業権の沿革
    2.2 漁業の実態
  3. 漁業補償の考え方
    3.1 漁業補償の考え方
    3.2 覚書等の締結及び補償額
  4. 漁業補償の交渉経過
  5. 実態調査とその結果
    5.1 実態調査
    5.2 調査内容
    5.3 実態調査結果
  6. 漁業補償金の算定
    6.1 補償金総額
    6.2 漁業権消滅に伴う権利補償
    6.3 漁業権消滅に伴う漁業廃止補償(転業に要する期間中の所得補償)
    6.4 漁業権消滅に伴う漁業廃止補償(漁具漁網等個人財産補償)
    6.5 漁業権消滅に伴う組合建物等補償対象(漁連及び各組合)
第2節 鬼怒川中央農業水利事業における漁業補償事例
  1. 事業計画の概要
  2. 鬼怒川における漁業の概要
  3. 漁業補償
    3.1 漁業被害の概要
    3.2 漁業補償の考え方
  4. 漁業補償交渉の経過
    4.1 交渉の経過
    4.2 組合分裂による交渉への影響
    4.3 分裂による新組合設立と漁業権付与にかかる法律上の見解
  5. 補償金の算定
    5.1 算定基礎事項
    5.2 補償金の算定
第3節 母畑開拓建設事業における漁業補償事例
  1. 事業の概要
  2. 漁業の概要
  3. 漁業権の権利制限等に関する補償理由
  4. 補償交渉経緯の概要
  5. 補償額の算定
第5章 内水面における漁業補償事例
<渡辺 慧二/廣瀬 卓雄>
第1節 霞ヶ浦開発事業に伴う漁業補償事例
  1. はじめに
  2. 霞ヶ浦開発事業の概要
    2.1 事業の改革
    2.2 着工に至るまでの経緯
    2.3 事業計画の概要
    2.4 工事の概要
  3. 霞ヶ浦・北浦の環境
  4. 霞ヶ浦漁業の沿革
  5. 霞ヶ浦漁業の概要
  6. 霞ヶ浦漁業補償に係る実態調査
    6.1 漁獲量について
    6.2 魚価について
    6.3 生産費調査について
  7. 漁業に及ぼす影響について
    7.1 水利用が環境に及ぼす影響について
    7.2 水門閉鎖による影響
    7.3 純淡水化による影響
    7.4 水位低下による影響
  8. 工事着工の同意
  9. 補償交渉の経緯
  10. 補償額の算定について
    10.1 算式
第2節 利根川河口堰周辺の漁業補償事例
  1. 利根川下流域の漁場環境の概要
    1.1 下流域の自然環境の概要
    1.2 河口域の水産生物の概要
    1.3 河口域の漁業概要
  2. 利根川河口堰の漁業補償について
    2.1 利根川河口堰の概要
    2.2 河口堰設置が漁業に及ぼす影響について
    2.3 補償額算定の諸元について
    2.4 補償交渉の経緯
    2.5 5県連以外の漁業補償について
  3. 事業に伴う漁業補償について
    3.1 河口堰設置後の状況
    3.2 シジミの斃死原因について
    3.3 魚類の漁獲傾向とその原因について
    3.4 5事業の概要とその影響について
    3.5 補償の方針
    3.6 補償額算定諸元について
第3節 一庫ダム建設に伴う漁業補償事例
  1. 一庫ダム建設事業の概要
  2. 猪名川水糸の漁業の概要
  3. 猪名川水系の漁業構造
  4. 補償方針及ぴ補償額算定諸元
  5. 補償の相手方
第6章 漁業補償に伴う各種生活再建対策
<田村 昭二>
第1節 転業対策
  1. 漁業転業対策の対応
    1.1 漁業転業対策の経過
    1.2 転業対策の現況
    1.3 漁業問題対策審議会の答申
  2. 漁業転業対策の方向
    2.1 漁業者等新組織対策研究会の報告
    2.2 漁業転業者の自主的組織の創設
  3. 横浜市臨海環境保全事業団の設立
    3.1 財団法人の設立手続き
    3.2 横浜市臨海環境保全事業団設立の趣旨及ぴ目的
    3.3 横浜市臨海環境保全事業団の概要及び事業内容
    3.4 横浜市臨海環境保全事業団の育成
第2節 残存漁業対策
  1. 漁業補償と残存漁場の利用
    1.1 根岸湾埋立事業関係
    1.2 本牧ふ頭関連埋立事業関係
    1.3 金沢地先、大黒ふ頭等埋立事業関係
  2. 残存漁業者の実態
  3. 漁業問題対策審議会答申後の対応
    3.1 設立発起人会
    3.2 設立準備会
    3.3 創立総会
  4. 市内漁業協同組合の解散
  5. 横浜市漁業協同組合の設立
    5.1 横浜市漁業協同組合の設立趣旨
    5.2 横浜市漁業協同組合の概要
第3節 まとめ
  1. 横浜市臨界環境保全事業団の課題
  2. 横浜市漁業協同組合の課題
    2.1 新漁協の組合員資格
    2.2 新漁協の漁業形態
    2.3 漁協の解散と清算
    2.4 未解散漁協の漁業希望者の取扱い
第7章 残存海面の高度利用
<塚本 法実>
第1節 沿岸域利用の背景―沿岸利用域の歴史
  1. 総説
  2. 沿岸域と工業立地
  3. 都市沿岸域の皆利用
第2節 都市機能拡大への対応事例
  1. ふ頭
  2. 物流、貯蔵拠点
  3. 埋立による住宅地開発
第3節 都市再開発と沿岸域利用
  1. 沿岸域そのものの再開発
  2. 埋立地による工場等移転用地の提供
第4節 都市住民の生活行動関連施設の立地―文化、福祉時代の沿岸域利用
  1. ショッピングセンター
  2. 文化、スポーツ施設
  3. 廃棄物処理

第5節 沿岸域高度利用の新しい動き


このページの先頭へ
■ 執筆者一覧(執筆順・敬称略、肩書等は発刊時のものです)
広勢 慶二
港湾関係補償実務研究会 主幹(運輸省 港湾局管理課 調整官)
浜本 幸生
水産庁 振興部沿岸課 課長補佐
芳賀 紘
運輸省 港湾局管理課 人事係長(前 港湾局 管理課補償係長/港湾関係補償実務研究会 代表)
大増 信一郎
関東農政局 建設部 用地課長(農業基盤整備事業漁業補償実務研究会 代表)
渡辺 慧二
水資源開発公団 用地部 参事
廣瀬 卓雄
水資源開発公団 用地部 第2用地課
田村 昭二
横浜市緑政局長
塚本 法実
日本長期信用銀行 業務開発部 審議役

書籍の注文画面へ 関連書籍を見る このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home