(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

製品の微生物品質を確保する迅速検査・同定技術2014

工程・原材料・最終製品の迅速・精確な微生物検査手法と実際
コードNo. 91407
開催日時 2014年6月6日(金)10:00〜16:30
会 場 連合会館「201会議室」【案内図
受講料 38,000円+消費税 → webからの申込みなら 36,100円+消費税
お申込
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
このセミナーの開催履歴
コーディネータ
天野 典英
サントリービジネスエキスパート株式会社 品質保証本部・安全性科学センター 技術顧問
製造・流通現場からの報告と、話題のMALDI/TOFMSによる微生物同定にフォーカス!
迅速に出荷判定できる試験法の提供を目指し、有意義な情報交流に努めます。
ここが聴きどころ!

迅速に出荷判定できる微生物検査・同定技術が強く求められています。この要請に応えるため、菌学に造詣の深い天野典英博士(サントリービジネスエキスパート株式会社)のコーディネートにより2011年以来、毎年最新知見を持ち寄り情報交流を続けています。

第4回を迎える今回、とくに食品事業者の立場からの発表を増やし、本研修会の狙いである「工程・原材料・最終製品の迅速・精確な微生物検査手法と実際」に迫ります。
青山冬樹氏(アサヒ飲料株式会社)、濱崎芳活氏(味の素株式会社)はいずれも品質技術・分析部門のリーダーで、製品出荷検査のための微生物迅速検出・判定手法の開発に日々取り組まれています。さらに本研修会で初めて採りあげる「流通における食品微生物検査迅速化の事例」について、黒瀬直孝氏(農学博士、株式会社生活品質科学研究所)に学会等で発表されていない自社独自の取り組みをご紹介戴きます。まさに、注目の報告です。

今回のもう一つの特色は、食品分析の世界で急速に導入が進みつつあるMALDI/TOFMSにフォーカスした点です。本技術のユーザーの立場から村松由貴氏(農学博士、製品評価技術基盤機構)、矢口貴志氏(工学博士、千葉大学)に、バクテリアと真菌それぞれについて、適用例と技術のポイント、課題点を詳しくご紹介戴き、意見交換を行う予定です。

コーディネータの天野博士が第1回開催以来最も留意されてきた点は、食品メーカーの微生物検査担当者の声と悩みを受け止めて戴ける視野の広い経験豊富な講師を見出すこと、とくに「わが国で数少ない、全体を見て話が出来る人、食品微生物学の先端を見据え新しい技術に目配りが出来る人を講師としてお願いした。」と伺っております。

この思いが講師陣に伝わり、受講生の皆様のご期待にお応えできることを確信する次第です。

◆開催プログラム
□ 開会の辞  天野典英 氏(10:00〜10:05)

  1. 微生物迅速検出法の現状と展望

(10:05〜10:55)

青山 冬樹
アサヒ飲料株式会社 研究開発本部
技術研究所 品質技術グループ
微生物技術チーム チームリーダー
  1. 飲料・食品微生物検査に使用される迅速検出法
  2. ATPやDNAを利用した迅速検出・判定法について
  3. 微生物迅速検出法の課題と今後の展望

<5分休憩>

  1. 微生物迅速検査法の適用例−現場からの報告

(11:00〜11:50)
濱崎 芳活
味の素株式会社 食品事業本部
食品研究所 技術開発センター
分析技術グループ長
  1. 食品工場における簡易法・迅速法・同定法の必要性
  2. 製品出荷検査における真菌検査の課題
  3. 真菌培養日数短縮による迅速判定手法の適用例
<5分休憩/午前の部質問票回収>

●午前の部 回答コーナー(11:55〜12:15)

<12:15〜13:00 ランチブレイク>

  1. 流通における食品微生物検査迅速化の事例

(13:00〜13:50)
黒瀬 直孝
株式会社生活品質科学研究所 中央研究所
主席研究員 試験検査開発担当
  1. 最確法(MPN法)を自動化した装置
  2. 平板培養法の測定結果との相関
  3. 自動化装置の導入による効果

<5分休憩>

  1. MALDI/TOFMSによる微生物同定の実際

4.1 バクテリア(13:55〜14:45)
村松 由貴
独立行政法人製品評価技術基盤機構
バイオテクノロジー本部 生物遺伝資源部門
遺伝資源保存課 主任
  1. 実験手法
  2. グラム陰性菌への適用
  3. グラム陽性菌への適用
<5分休憩>
4.2 真菌(14:50〜15:40)
矢口 貴志
千葉大学 真菌医学研究センター
微生物資源分野 准教授
バイオリソース管理室長
  1. 酵母への適用
  2. 糸状菌への適用
  3. 今後の課題
<15:40〜15:55 コーヒーブレイク/午後の部質問票回収>
●午後の部 回答コーナー(15:55〜16:25)

□ まとめ&閉会の辞  天野典英 氏(16:25〜16:30)


【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
38,000円+消費税 → webからの申込みなら36,100円+消費税
■ 定員
50名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
連合会館「201会議室」【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。
  • 講演中の録音・録画・写真撮影は固くお断り致します。

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home