(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

微生物試験データ考察力増強ワークショップ

お客様から信頼される“問題発見型”微生物検査を求めて
【コードNO】 91514
【開催日】 2015年6月10日(水)10:00〜16:30
【会 場】 飯田橋レインボービル「C+D会議室」【案内図
【受講料】 38,000円+消費税 → webからの申込なら5%OFF 36,100円+消費税
【お申込】
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
【ご注意】 お申込み時に『チルド・レトルト食品・調味料』または『飲料・菓子類・果実加工品』どちらかの分科会をお選びいただき、通信欄にご記入をお願いします
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
コーディネータ
天野 典英
サントリービジネスエキスパート株式会社 品質保証本部
安全性科学センター 技術顧問
 
  • チルド・レトルト食品・菓子類・果実製品など主として加工食品を対象に、クレーム事例の原因推定と検査結果の読み取り方、再発防止のための自主検査のあり方を学習していただきます。
  • 「マニュアルの数値に合致しているか逸脱しているかをチェックするだけ」の検査から「問題発見型の微生物検査」へ進化させたい、という思いで企画致しました。
ここが聴きどころ!

長年にわたりサントリー製品の微生物学的安全性の確保と品質保証に貢献され、菌学に造詣の深い天野典英氏(農学博士。サントリービジネスエキスパート)がコーディネートし、天野氏が「微生物管理の指導者として秀でている」と折り紙を付ける気鋭の食品検査リーダー 濱崎芳活氏(味の素)と馬場浩氏(日本食品分析センター)の両氏を講師陣とする新しい研修講座が誕生しました。

何よりも「マニュアルの数値に合致しているか逸脱しているかをチェックするだけの微生物検査」から「問題発見型の微生物検査へと進化させたい」――これが本講座の狙いでありコーディネータ、講師陣の一致した思いです。
そのために入念な打ち合わせをし、全員参加型ワークショップを円滑に進めるためのツールとして受講生にあらかじめ設問をお送りし、当日は予習の成果を発表して戴きながら、双方向のコミュニケーションを通してじっくりと解答の道筋を組み立てていく演習スタイルを採用致しました。

本講座のもう一つの特色は、対象食品をチルド・レトルト食品・菓子類・果実製品など主として加工食品としたことです。午前のガイダンスの後、午後は大まかな製品ジャンルごとに二つの分科会に分かれ、それぞれの講師陣に出来る限りキメ細かく指導・解説をして戴きます。

「本ワークショップにより微生物汚染発生時に原因究明や解決策を考えるための戦略を学んでもらえると考えました。そしてこれが、製品に微生物汚染が発生したときに微生物品質管理担当者がなすべき仕事だと考えています。闇雲に微生物検査を行うべきではないというのが、私の経験から導き出された教訓です。」(天野典英氏)
ご派遣戴きます各社の責任者の皆様、受講生各位のご期待に応える有意義な講座となることを確信致します。

◆開催プログラム
□ 開会の辞   コーディネータ:天野 典英氏(10:00〜10:05)


1.[ワークショップ・ガイダンス]原因究明の着眼点と検査結果の読み取り方−−微生物試験における異常値の発見

1.1 バクテリア

(10:05〜10:50)
濱崎 芳活
味の素株式会社 食品事業本部
食品研究所 技術開発センター
分析技術グループ長
食品の微生物検査・品質管理担当者がバクテリア(細菌)を取り扱うにあたって知っておくべき細菌の特性と、それを原因とするトラブルの原 因究明から対策に向けてのアプローチおよび検査法の適用について解説 していきます。

1.2 カビ・酵母

(10:50〜11:35)
馬場 浩
一般財団法人日本食品分析センター
九州支所 微生物部微生物試験課
課長
製品の危害となるカビ・酵母を考える上で重要な、「耐熱性」及び「製品の特徴と微生物の生育条件」に焦点を合わせて解説いたします。検査方 法の選択,検査結果の見方、原因究明における着眼点、自主検査の必須事項等について学習していただきたいと思います。
<11:35〜12:30 ランチブレイク>

2.食品別・データ考察力増強ワークショップ

(12:30〜15:30)
【実施要領】
お申込み時に『チルド・レトルト食品・調味料』または『飲料・菓子類・果実加工品』どちらかの分科会をお選びいただき、通信欄にご記入をお願いします

第1分科会:チルド・レトルト食品・調味料

演習指導
濱崎 芳活

第2分科会:飲料・菓子類・果実加工品

演習指導
馬場 浩
<15:30〜15:45 コーヒーブレイク>

3.総合質疑&演習総括

(15:45〜16:30)
司会
天野 典英

【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
38,000円+消費税 → webからの申込で5%OFF 36,100円+消費税(テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■ 定員
40名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル1F「C+D会議室」 【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home