(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

ネット時代の品質保証と企業防衛

〜食品事業者に求められるこれからのCS(顧客満足)〜
コードNo. 91519
開催日時 2015年7月22日(水)10:00〜16:30
会 場 連合会館「201会議室」【案内図
受講料 38,000円+消費税→ webからの申込みなら36,100円+消費税
お申込
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
■コーディネータ
亀井俊郎
食品安全コンサルタント 農学博士




開催のねらい
農薬の意図的混入事件を契機とした異味・異臭・異物混入事故等の微小事故の重篤化とネット上での事故情報の瞬時の拡散・炎上等は、食品事業者に新たな対応の必要性・困難性と情報開示を要求しています。そこで、先進食品企業に重篤化しやすい微小事故対応とネット対策の取り組みを紹介して頂き、新時代の品質保証と企業防衛のあり方を掘り下げて討議することを狙い本セミナーを開催します。
コーディネータ  亀井  俊郎
ここが聴きどころ!

 「ネット上での事故情報の瞬時の拡散・炎上は、食品事業者の新たな対応の必要性・困難性と情報開示を要求しています。」・・本セミナーのコーディネータ 亀井俊郎氏(食品安全コンサルタント)の上記の言葉は、食品事業者すべての危機感を代弁しています。
研修会は、わが国の代表的食品メーカー・流通・生協組織の品質保証・お客様対応部門責任者、ソーシャルメディアの最前線で報道に従事する気鋭のジャーナリストのご協力を得て、微小事故を“炎上”させないネット時代のCS(顧客満足)活動と企業防衛の課題に真正面から取り組み、消費者対応・情報提供のあり方を集中討議する画期的試みです。

講演の初陣を飾るサントリービジネスエキスパート株式会社 冨岡伸一氏には、先進的な取り組みで業界での評価が高い同社の「お客様原理主義」の実際、グループ全体のVOC(Voice of Customer & Consumer)活動、さらにSNS対応とフードディフェンスの取り組みの実態を詳しくお話し戴けるものと期待しております。
日本生協連 内堀伸健氏には、予兆を捉え事故を拡大させない品質保証体系の再構築計画とその到達点、SNS監視体制、苦情情報管理システム「QUICK PRO」の運用実態、最近の異物混入問題への対応と対策をご紹介戴きます。

流通業界のトップ企業、イオンリテール株式会社 三宅 香氏には、同社を取り巻く近年のお客様の変化を検証して戴くとともに、お客様お申し出への対応の実際、そのための担当者教育、情報過多の時代に浮き彫りになる企業‐消費者間の「情報ギャップ」の発生と問題点、再発防止に向けた今後の取り組み課題に言及して戴く予定です。
発表の掉尾、「ネット炎上から見た消費者への向き合い方」をご講演戴く石戸 諭氏(毎日新聞社)は、大阪本社社会部記者としてご活躍され、昨年から同社デジタル報道センターに移籍された新進気鋭のジャーナリストです。ITやネットへの感度が高く、ソーシャルメディアを取材で積極的に活用されています。「SNS時代の広報や発信について思うところがあります。」とのお言葉を頂戴しております。

最後に、会場の皆様から頂戴する質問票にもとづき総合質疑と情報交換会を行い、当面する実務課題を可能な限り掘り下げ、今後のあり方をフロア全体で共有したいと念願している次第です。

◆開催プログラム
□ 開会の辞:微小事故を“炎上”させないために   コーディネータ:亀井 俊郎氏(10:00〜10:10)

 【第1部】 食品事業におけるネット時代のCS活動

  1. サントリーグループの品質保証体制とお客様対応の現状と課題
    〜お客様原理主義に基づいて〜

(10:10〜11:00)

冨岡 伸一
サントリービジネスエキスパート株式会社
品質保証本部品質保証推進部
技術顧問
  1. 歴史と現状のOverview
  2. VOC(Voice of Customer & Consumer)活動
  3. SNSへの対応
  4. フードディフェンスの取り組み
 

<休憩5分>

  1. 日本生協連

(11:05〜11:55)
内堀 伸健
日本生活協同組合連合会
執行役員・総合品質保証担当
  1. 生協組織とCO・OP商品
  2. 日本生協連における品質保証体系(←再構築計画の到達点を含めて)
  3. 異物混入問題への対応の現状と対策
  4. 今後の課題
<11:55〜12:45 ランチブレイク>

  1. イオンのお客さま対応:ネット時代への対応

(12:45〜13:35)
三宅  香
イオンリテール株式会社
執行役員
お客さまサービス部 部長
  1. 時代の変化とお客さまの変化。それに伴う課題
  2. イオンが大事にする価値観・理念
  3. 今後の検討項目
<休憩5分>

【第2部】 ネット炎上から見た消費者への向き合い方

(13:40〜14:40)
石戸 諭
毎日新聞社 デジタル報道センター
記者
  1. ネット炎上とは何か
  2. ソーシャル時代のリスク
  3. 企業のメディア論
  4. 防衛は可能か?
<14:40〜15:00 コーヒーブレイク/質問票回収>

 【第3部】総合質疑&情報交換会:微小事故を“炎上”させない〜ネット時代の企業防衛

(15:00〜16:30)


座長  亀井 俊郎

パネリスト  冨岡 伸一/内堀 伸健/三宅 香/石戸 諭


【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
38,000円+消費税 → webからの申込みなら5%OFF 36,100円+消費税
■ 定員
48名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
連合会館「201会議室」【案内図
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11  電話 03(3253)1771

【申込方法・その他】

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home