(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home
−2016年度入門講座−

真菌(カビ・酵母)を制する

〜真菌の検査・同定から汚染の原因究明・再発防止策の立案へ〜
コードNo. 91605
開催日 2016年2月26日(金) 10:00〜16:55
会 場 連合会館2F「201会議室」【案内図
受講料 38,000円+消費税→ webからの申込みで5%OFF 36,100円+消費税
お申込み
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
    ★ビジュアルに、“ツボ”を押さえて真菌対策を伝授!★
  • 多発するカビ・酵母による変敗事故と製品回収。さらにリスク環境が変化し、芽胞形成菌(耐熱性カビ・耐熱性酵母)の危害が増加しています。
  • 品質管理部門の初級技術者を対象に、分かりやすく、真菌同定のノウハウ、カビクレームの対処法と原因究明の進め方、酵母による変敗事例の解析と対策を、ベテラン講師がじっくりと教授します。ご要望に応え「カビ毒」の話題を加えました。
ここが聴きどころ!

カビ汚染による製品回収が後を絶ちません。最近の事例でも、大手菓子メーカーの洋生菓子にカビが発生し約170万パック(推定)が自主回収されましたし、最大手の流通小売りでもフランス産発酵バターがカビ汚染のため回収の事態となりました。

カビによる食品汚染は、ご承知の通り低水分状態はもとより、低温、好塩、好湿性等様々な生育条件下で近年変敗事故をもたらしており、製品回収につながっています。さらに、食品のリスク環境が変化し、芽胞形成菌(耐熱性カビ、耐熱性酵母)の危害が増大しています。
また酵母による食品変敗も、消費者の低塩・低糖化志向の拡大に伴いその性質が異なり形態が変化すると言われており、業界ではその対策に苦慮しているところです。

このたび、真菌の同定・汚染原因の究明と対策に精通した三名のエキスパートを講師として招聘し、それらの勘所をビジュアルに分かりやすく解説して戴くことを狙い、効果的な1日の専修コースを開催致します。
前回、「画像が多く、大変興味を持て、初心者にも分かりやすい内容でした。」「実際の事例、製造工程や現場の例もありとてもよかった。」とご好評を戴きましたが、さらに受講生のご要望に応え、今回は「検査と同定のノウハウ」を増強し「カビ毒」に言及します。

受講対象は、広範な食品業界の品質管理部門に従事する初級技術者の皆様です。講師陣からじっくりとお話しを伺うとともに日頃の疑問点を出来る限り解消して戴けるよう質疑時間を十分設け、Q&Aを重視したプログラムとなっています。
貴社の品質管理力向上の一助として本講座をご活用戴きたく、お勧めする次第です。

◆開催プログラム 

  1. 眼で見る真菌の世界:検査と同定のノウハウ

(10:00〜12:20)
李 憲俊
衛生微生物研究センター 所長
獣医微生物学博士
  1. 真菌検査の流れ;検体の扱いから培養まで
  2. 真菌の基本形態を知る;カビ、酵母、放線菌の区分
  3. 真菌の形態観察方法
  4. 真菌の分離&同定実例
  5. 主要マイコトキシン産生カビ
  6. DNA解析法を用いた真菌の同定
<12:20〜13:10 ランチブレイク>

  1. カビによる食品汚染の原因究明と再発防止策

(13:10〜15:10)
吉浪 誠
イカリ消毒株式会社
LC環境検査センター 副所長
微生物検査グループ長
  1. 食品におけるカビクレームの実態
  2. カビの基礎知識と対策のポイント
  3. 食品や環境を対象とした検査手法
  4. カビクレーム発生時の原因究明の進め方
  5. カビ対策事例と再発防止の考え方
<15:10〜15:25 コーヒーブレイク>

  1. 酵母による食品変敗の原因究明と対策

(15:25〜16:55)
馬場 浩
一般財団法人日本食品分析センター 九州支所
微生物部試験室 課長

  1. 酵母とは
  2. 酵母の特徴(形態的特徴と生理学的特徴)
  3. 酵母の生育条件(温度、水分(水分活性値)、pH、空気)
  4. 事故例と対策


【参加規定】
■受講料(1名につき)
38,000円+消費税 → webからの申込なら 36,100円+消費税(テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
50名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
連合会館【案内図
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11  電話 03(3253)1771

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。その場合には、後日テキストを送付いたします。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。
  • 講演中の録音・録画・写真撮影は固くお断り致します

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home