(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

【2016年度入門講座 初めての食品微生物】
第2講座 微生物事故から工程改善へ

〜 現場で役立つ微生物対策のポイント 〜
コードNo. 91615
開催日 2016年7月7日(木) 10:00〜17:00
会 場 連合会館「201会議室」【案内図
受講料 38,000円+消費税 → webからの申込なら5%OFF 36,100円+消費税
お申込 【満席になりました】 ただいまキャンセル待ちのみお受けしています(TEL04-7128-5461)
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。

※プログラムが当初の予定より一部変更となっております。 詳細はこちら
<「初めての食品微生物」企画委員会>
木村 凡
東京海洋大学大学院 食品生産科学部門 教授 (第1講座担当)
矢野俊博
金沢学院短期大学 食物栄養学科 教授 (第2講座担当)
西野 甫
食品産業戦略研究所 顧問/HACCP実践研究会 顧問 (第2講座担当)

主催:食品産業戦略研究所
事務局:株式会社サイエンスフォーラム
ここが聴きどころ!

第1講座で食品微生物の基礎を修得された皆様に、さらに消費者の安全・安心確保のための実践プログラムを学習して戴くため、本第2講座を企画致しました。
もとより第2講座のみのご受講も歓迎いたします。

食品の微生物クレームを受け、いかに迅速に汚染菌を特定し原因究明に取り組むか、初動段階の重要性はもはや説明の必要はありません。これが第1セッションのテーマです。
ここで求められるのは豊富な事例体験と精確な鑑識眼ですが、ご講演を戴く吉田信一郎氏(日本食品分析センター)は、食品の腐敗・変敗を中心としたクレーム品検査のわが国の第一人者です。具体的な事例解明を通して原因究明の様々な道筋を提示して戴けるものと存じます。

次に、食品事業者の立場から第2セッション「現場改善策の立案・実行・検証」に入ります。ここでは乳・乳製品と弁当・惣菜類を採りあげました。ご講演戴くのは田中宏治氏(雪印メグミルク)と伊藤友子氏(日本べんとう振興協会)の両氏です。このうち伊藤氏は長年にわたりセブン‐イレブン・ジャパンで品質管理に従事されたことは、皆様ご承知の通りです。
お二人には、いずれも製品のクレーム事例、原因究明と現場改善策の取り組み(作業者教育を含めて)を出来る限り具体的にお話し戴くようご依頼しております。

最後に第3セッションです。微生物学的安全性を担保する洗浄・殺菌の改善事例と検証方法について、片桐史人氏(シーバイエス)にご講演を戴きます。同氏は昨年の講師陣の中で最も好評で、「具体的な検証方法の手順と改善の手法が分かり、科学的根拠の重要性が認識できて大変参考になった。」「片桐先生のカリスマ性のある講義がとても聞きやすく、身になることを分かりやすく教えていただいた。」との声が多数寄せられました。本年の受講生の皆様にも是非お聞き戴きたいとお願いした次第です。

四氏のご講演の後、受講生の皆様から頂戴する質問票にもとづき、さらに現場の実務的諸問題を掘り下げ意見交換を行う予定です。
この機会をご活用戴き貴社の現場力向上にお役立て下さいますよう、ご受講をお勧めする次第です。

◆開催プログラム

□ 開会の辞   第2講座担当企画委員:矢野 俊博 氏(10:00〜10:05)

  1. 微生物クレーム事例から汚染菌の特定・原因究明へのアプローチ

(10:05〜11:45)
吉田 信一郎
一般財団法人日本食品分析センター
微生物部 部長
  1. 微生物の基礎
    微生物とは?/食品の変敗とは?
  2. 異常品検査の事例
  3. 汚染源調査の実際
<11:45〜12:40 ランチブレイク>

  1. 現場改善策の立案・実行・検証

2.1 乳・乳製品 (12:40〜13:40)
田中 宏治
雪印メグミルク株式会社
品質保証部 部長
  1. 食中毒事件の概要と原因
  2. チーズのカビ汚染事例
  3. 牛乳類の微生物汚染事例
  4. 微生物管理のポイント
<休憩5分>
2.2 米飯・惣菜類 (13:45〜14:45)
伊藤 友子
公益社団法人日本べんとう振興協会
技術顧問
  1. 弁当・総菜の定義
  2. 弁当・総菜の特性
  3. 弁当・総菜の安全管理について
  4. 弁当・総菜におけるHACCPシステムの応用
    4.1 弁当(常温・20℃管理)
    4.2 弁当(チルド・10℃管理)
    4.3 惣菜(加熱惣菜)
    4.4 惣菜(非加熱惣菜) 
<休憩5分>

  1. 食品工場における洗浄殺菌の具体的改善事例

(14:50〜15:50)
片桐 史人
シーバイエス株式会社
フードセーフティ研究所
チーフコンサルタント
  1. 食品工場に求められる洗浄・殺菌とは?
  2. 洗浄・殺菌の方法とアプリケーション
  3. 洗浄・殺菌の具体的な改善事例
  4. 洗浄・殺菌の効果測定・検証方法
<15:50〜16:10 コーヒーブレイク/質問票回収>

  1. 総合質疑&情報交換会

(16:10〜17:00)

座   長 矢野 俊博氏  西野 甫氏 / パネリスト 吉田信一郎/田中 宏治/伊藤 友子/片桐 史人

【参加規定】
■受講料(1名につき)
38,000円+消費税 → webからの申込なら 36,100円+消費税(テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
48名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
連合会館2F「201会議室」【案内図
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11  電話 03(3253)1771

【申込方法・その他】

このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home