(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

2016年度 レトルト食品技術講座
〜基礎から最新動向まで〜

コードNo. 91622
開催日 2016年9月9日(金) 10:00〜17:00
会 場 飯田橋レインボービル「2A会議室」【案内図
受講料 38,000円+消費税 → webからの申込みで5%OFF 36,100円+消費税
お申込み
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
◆コーディネータ
増田 敏郎
増田食品開発コンサルティング 代表


技術の伝承を願い、食品メーカーの若手・中堅の教育のために創設した本邦で稀少な講座です。
昨年の受講生のご要望に応え、最新動向と総合質疑の時間を少し増やすとともに、本年はレトルトラインの工程管理をテーマに加えました。
 2016年度 ここが聴きどころ!

1日でレトルト食品技術の基礎から最新動向を学習できる、稀少な教育講座です。
課題を孕みながらレトルト食品は躍進し続けています。市場拡大を支えるレトルト食品技術の現状を知り、可能な限り商品設計・微生物学的安全性・設備・包装材料の概要とポイントを理解して戴くことが技術の継承と企業の人材育成のために有益であると考え、本講座を定期開催する次第です。

コーディネータの増田敏郎氏(増田食品開発コンサルティング代表)はレトルト食品分野に極めて造詣が深く、近年コンビニエンスストア各社およびスーパー等から多数販売されるようになった「ロングライフ惣菜」の商品開発を指導されるなど、精力的に活動をされています。
本講座では先ず増田氏にレトルト食品技術の全体像と最近の動向をお話し戴き、その後に駒木 勝氏(日本缶詰びん詰レトルト食品協会)を始め各分野の第一人者の方々に出来る限り具体的に安全性確保策、技術の勘所と製品開発の実際を解説して戴きます。

ご講演を通して、カレーに代表されるボリュームゾーンのみならず、介護食・医療食、エネルギー調整食、レスキューフーズ、さらにペットフード等、様々な分野にレトルト技術が浸透しつつあり、同時にロングライフチルド惣菜や無菌包装米飯の製造工程にも応用されている実態が分かります。同時に「災害用こそ、おいしい食品を提供したい!」との熱い声が講師陣から飛び出し、そのための要件を語って戴きます。。
本年はレトルトラインの工程管理・殺菌条件の設定・芽胞菌対策をテーマに加えました

また、本講座の受講生から寄せられた「もう少し詳しく聞きたかった。」との要望に応え、最新動向と総合質疑の時間を少し増やしました。さらにじっくりと解説と意見交換をして戴きます。
是非、本講座を貴社の人材教育にお役立て戴きたく、皆様のご参加を心からお待ちしております。

◆開催プログラム 

  1. レトルト食品技術の全体像と最近の動向

(10:00〜11:10)
増田 敏郎
増田食品開発コンサルティング
代表
  1. レトルト食品技術とは
  2. レトルト食品の製造技術お呼びシステムの実例と動向
  3. 国内外のレトルト食品・技術の動向(国内外事例、低温殺菌惣菜)
  4. レトルト食品用包装材料の実例と動向
<休憩10分>

  1. レトルト食品の微生物検査

(11:20〜12:30)
駒木 勝
公益社団法人日本缶詰びん詰レトルト食品協会
専務理事
  1. 容器詰食品の微生物検査
  2. 規格基準の細菌試験
  3. 細菌試験に使用する培地と器具類
  4. 変敗事例から管理すべき原材料の検査
<12:30〜13:20 ランチブレイク>

  1. レトルト食品の充填技術及び殺菌技術

(13:20〜14:20)
田口 善文
東洋食品工業短期大学
包装食品工学科
非常勤講師
  1. レトルト食品の充填技術と内容物の品質
  2. 各種容器詰め食品の殺菌方法
  3. 動揺殺菌による熱伝達性の向上と内容物の品質
  4. レトルト食品製造技術の応用例(チルド食品のロングライフ化)
<休憩10分>

  1. レトルトパウチ食品の微生物制御

(14:30〜15:30)
平石 学
ハウス食品株式会社
開発研究所
チーフ研究員
  1. 食品の微生物制御設計の概略
  2. レトルトラインの工程管理
  3. 殺菌条件の設定(殺菌価測定方法)
  4. 菌にまつわる事例
<15:30〜15:50 コーヒーブレイク/質問票回収>

  1. 総合質疑&情報交換会

(15:50〜17:00)

座長  増田 敏郎

パネリスト  駒木 勝 田口 善文 平石 学


【参加規定】
■受講料(1名につき)
38,000円+消費税 → webからの申込なら5%OFF 36,100円+消費税(テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
40名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル「2A会議室」 【案内図
〒162-0826 新宿区市谷船河原町11 電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。その場合には、後日テキストを送付いたします。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。
  • 講演中の録音・録画・写真撮影は固くお断りいたします。

セミナー参加申込画面へこのページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home