(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

食品殺菌の効果・性能を徹底検証する

〜 過酢酸製剤、深紫外線LED、アクアガスの効果と最適殺菌の評価手法 〜
コードNo. 91727
開催日 2017年11月1日(水) 10:00〜16:30
会 場 フォーラムミカサ エコ「7Fホール」【案内図
受講料 38,000円+消費税 → webからの申込みで5%OFF 36,100円+消費税
お申込み
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
◆コーディネータ
五十部誠一郎
日本大学 生産工学部マネジメント工学科 教授

[開催のねらい]

消費者の要望や食品素材のグローバル化によって信頼性の高い食品殺菌の必要性が増大している。その中で生鮮素材に対する非加熱的微生物制御あるいは熱劣化抑制型の殺菌技術が注目されている。
本講座では食品添加物に認可された過酢酸製剤、次世代の紫外線照射ツールとして期待されている深紫外線LEDなどの殺菌効果を検証するとともに、現場での最適殺菌条件の把握に参考となる殺菌予測手法について理解することを目的とする。
ここが聴きどころ!

食品のおいしさと安全性、鮮度と保存性を両立させる、バランスの良い殺菌技術への関心が確実に高まっています。
なかでも昨年10月、厚生労働省により添加物指定された過酢酸製剤の各種食品への応用に期待が集まっており、これを背景にJA全農が精力的に実証試験を展開していることは皆様ご承知の通りです。この分野のリーダーである菊池孝治氏(JA全農ミートフーズ株式会社)に取り組みの現状と将来展望をご講演戴きます。

一方、すでに上水の殺菌に深紫外線LEDが実用域に達しており、高効率化の課題は残るものの、今後は食品製造用水の殺菌、さらにノロウイルス対策としてのカキの殺菌への展開が示唆されています。今回の研修会では、水の殺菌の範囲で大瀧雅寛氏(お茶の水女子大学) に本技術の特徴、殺菌メカニズム、殺菌効果と今後の課題についてお話を戴きます。

上記の最新情報とともに、コーディネータの五十部誠一郎氏(日本大学)が尽力されたアクアガス・過熱水蒸気による農産原料の殺菌技術、さらに田中史彦氏(九州大学)が独自に進められている「最適殺菌のための青果物の予測モデルと食品応用」の話題を加え、知見の交流と課題の共有を狙いとして本研修会を開催する次第です。
表題の通り、それぞれの技術の効果・性能を徹底検証したいと考えております。是非皆様に議論に加わって戴きたく、ご参加をお勧めする次第です。

◆開催プログラム 

□開会の辞(10:00〜10:05)  コーディネータ  五十部誠一郎氏 

  1. 過酢酸製剤による食肉殺菌の有効性

(10:05〜11:05)
菊池 孝治
JA全農ミートフーズ株式会社
法務・コンプライアンス本部
品質保証室 室長
  1. 食肉処理に求められる除菌剤
  2. 米国での過酢酸製剤使用事例
  3. 食肉処理工程での活用案
  4. 過酢酸の殺菌効果を高めるポイント
  5. 期待される活用範囲の拡大
<休憩5分>

  1. アクアガス・過熱水蒸気による農産原料の殺菌

(11:10〜12:10)
五十部 誠一郎
日本大学 生産工学部
マネジメント工学科
教授
  1. 農産物の安全性確保の現状
  2. 過熱水蒸気の殺菌特性
  3. アクアガスの開発とその殺菌特性
  4. 高付加価値農産物1次加工への応用
<12:10〜13:00 ランチブレイク>

  1. 深紫外線LEDによる水の殺菌

(13:00〜13:50)
大瀧 雅寛
お茶の水女子大学 基幹研究院
自然科学系 教授 
  1. 本技術の特徴と殺菌メカニズム
  2. UV-LEDの殺菌効果
  3. UV-LEDの課題と将来展望
<休憩5分>

  1. 最適殺菌のための青果物の予測モデルと食品応用の可能性

(13:55〜14:55)
田中 史彦
九州大学 大学院
環境農学部門 生産環境科学講座
准教授
  1. UV/IR殺菌の基礎
  2. IR殺菌シミュレーションと評価
  3. UV殺菌シミュレーションと評価
  4. UV-IR殺菌装置の開発
  5. 食品応用の可能性
<14:55〜15:20 コーヒーブレイク/質問票回収>

  1. 総合質疑&情報交換会

(15:20〜16:30)

司会  五十部誠一郎

パネリスト  菊池 孝治 大瀧 雅寛 田中 史彦

※当日受講生の皆様から頂戴する質問票をもとに品質上の課題をさらに掘り下げて回答し、意見交換を行います。


【参加規定】
■受講料(1名につき)
38,000円+消費税 → webからの申込なら36,100円+消費税(テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
フォーラムミカサ エコ「7Fホール」 【案内図
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-18-12 内神田東誠ビル 電話 03(3291)1395

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。その場合には、後日テキストを送付いたします。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へこのページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home