(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

リステリアの食品危害性と制御法の徹底検証

コードNo. 91728
開催日 2017年11月10日(金) 10:00〜16:50
会 場 フォーラムミカサ エコ「7Fホール」【案内図
受講料 38,000円+消費税 → webからの申込みで5%OFF 36,100円+消費税
お申込み
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
◆コーディネータ
五十君靜信
東京農業大学 応用生物科学部
生物応用化学科 微生物学研究室 教授

ここが聴きどころ!

我が国におけるリステリア食中毒の発症事例は、ご承知の通り2001年のチーズによる1事例のみと言われ、食品事業者にとって制御の緊急性、切実感はそれほど高いとは言えません。
しかし、食品安全委員会の微生物・ウイルス評価書「食品中のリステリア・モノサイトゲネス」(2013年5月)をとりまとめられた専門委員の一人 五十君靜信氏(当時は国立医薬品食品衛生研究所)は次の通り警告します。

「日本はリステリア汚染がないと誤解されている。厚労省の院内感染対策サーベイランス(JANIS)の近年の調査によると日本でも毎年200人ほどリステリア症で発病している。そのほとんどは60歳以上。食品安全委員会の2000年の調査結果(発症数80人/年)と比較すると明らかに増加傾向にある。さらに海外ではアメリカの食品リコールの70%以上がリステリア汚染によるものだ。」
(2016年2月10日、「微生物試験法の妥当性確認 実務者講習会」でのご講演)

一方、「月刊HACCP」編集長 岩本嘉之氏は同誌2017年7月号の巻頭で「Lm(リステリア・モノサイトゲネス:注釈は筆者)対策は今やグローバルな問題で、日本のRTE食品にLm対策がとられていないなら、日本よりもタイなどから輸入した方が安全だと考える国が出てくるかもしれない。」と、五十君氏とは別の視点から警告を発しています。

本格的な高齢社会に突入し、RTE食品の主戦場 中食市場が着実に拡大する中で、いよいよ全ての食品事業者がリステリアの危害リスクと制御法に真剣に向き合い改めて学習し、微生物検査、製造現場の環境調査、洗浄方法と頻度を見直すべき時期が到来したものと認識しております。
上記の問題意識にもとづき、五十君氏を始めこの分野の第一人者を講師にお迎えし、短期集中講座を開催する次第です。

◆開催プログラム 

  1. 今、なぜリステリア対策か?
       〜HACCP制度化で注目されるリステリア制御の意義と進め方〜

(10:00〜11:50)
五十君 靜信
東京農業大学 応用生物科学部
生物応用化学科 微生物学研究室
教授
  1. 国内外におけるリステリア症発症の実態
  2. リステリア・モノサイトゲネスの性質とリステリア症の病態
  3. 食品におけるリステリア・モノサイトゲネスのリスク評価と基準策定
  4. HACCP導入に伴うリステリア制御の意義と進め方
<11:50〜12:40 ランチブレイク>

  1. 微生物基準におけるリステリア試験法と食品における汚染実態
       〜国際整合性のあるISO法の導入と検査にあたってのポイント〜

(12:40〜14:20)
下島 優香子
東京都健康安全研究センター
微生物部 食品微生物研究科
主任研究員
  1. リステリア・モノサイトゲネスの食品由来集団事例
  2. 国内の食品におけるリステリア汚染実態
  3. 公定法におけるリステリア・モノサイトゲネス定性試験法と定量試験法
  4. リステリア・モノサイトゲネス迅速試験法
<休憩10分>

  1. 冷凍野菜リステリア事件と企業における対応

(14:30〜15:30)
浅田 洋平
株式会社ニチレイ
品質保証部 食品安全センター
マネジャー
  1. 冷凍野菜リステリア事件
  2. リステリア管理の国際ガイドライン
  3. 工場におけるリステリア試験法(製品/環境)、商品規格基準についての整備
  4. 弊社としての考え方(海外リスク情報収集体制の強化)
<15:30〜15:50 コーヒーブレイク/質問票回収>

  1. 総合質疑&情報交換会

(15:50〜16:50)

司会  五十君靜信

パネリスト  下島優香子 浅田 洋平

※当日受講生の皆様から頂戴する質問票をもとに、今後取り組むべき実務上の課題をさらに掘り下げて討議します。


【参加規定】
■受講料(1名につき)
38,000円+消費税 → webからの申込なら36,100円+消費税(テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
フォーラムミカサ エコ「7Fホール」 【案内図
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-18-12 内神田東誠ビル 電話 03(3291)1395

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。その場合には、後日テキストを送付いたします。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へこのページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home