(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

これからの野菜・サラダ事業と微生物制御の効率化

〜 現場で役立つ高度化の実践手法を求めて 〜
コードNo. 91808
開催日 2018年3月14日(水) 10:00〜16:45
会 場 飯田橋レインボービル「中会議室」【案内図
受講料 38,000円+消費税 → webからの申込なら5%OFF 36,100円+消費税
お申込
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
ここが聴きどころ!

 「サラダ需要の高まりが止まらない。」(日本食糧新聞2017年12月13日号)--「サラダ需要さらに活況」の大見出しとともに、総務省「家計調査」の結果を知らせる書き出しの言葉です。まさに“嬉しい悲鳴”が聞こえてきます。国民の健康志向の高まりを背景に、生鮮野菜・サラダ・総菜市場のさらなる成長に向け、消費者の安全確保を保証する業界の責務が益々重要になっています。
上記の要請に応えるため、微生物学的安全確保の必須技術と高品質化のノウハウを集中的に学習する場として2017年3月、初めて「野菜・サラダの微生物制御の効率化」セミナーを開催致しました。幸いに多くの関係者の方々にご参加を戴き熱心に学習し交流して戴きましたが、同時に「具体的な実用例をもっと紹介して欲しい。」「過酢酸の取り上げ方が不十分。」「講義内容と原料管理等の現場で起きていることの差を感じた。」等厳しいご指摘を頂戴致しました。

皆様のご期待に一層即した内容となるよう、2018年3月の第2回セミナーでは、極めてご好評を戴いた宮本敬久先生(九州大学)のご講演時間を前回の70分から90分間にして、より深く研究成果をご披露戴きます。

さらに、カット野菜・中食・総菜事業で業界をけん引するフルックスグループおよびデリカフーズグループにご協力を戴き、黒田久一氏(フルックスグループ代表。株式会社三晃 社長)と有井雅幸氏(東京デリカフーズ株式会社執行役員)に自社の最近の取り組みをご紹介戴きます。

また近年急速に用途展開への関心が高まっている過酢酸製剤による洗浄殺菌の効率化について、食品工業用洗浄・殺菌剤の開発で豊富な実績を保有する国際企業 エコラボ合同会社の勝野仁智氏に、洗浄のプロの立場から、海外事例を含め現状の到達点と課題を解説して戴く予定です。

第2回セミナーは「現場で役立つ高度化の実践手法を求めて」をスローガンに、微生物制御の効率化・高品質化を実現する最新情報、ミールソリューションの事業展開の方向性とポイントを伝授して戴けるものと期待しております。

◆開催プログラム

□ 開会の辞   コーディネータ 宮本 敬久 氏(10:00〜10:05)

  1. [特別講演]青果物を中心とするミールソリューション企業を目指して

(10:05〜11:05)
黒田 久一
フルックスグループ 代表
野菜流通カット協議会 副会長
  1. フルックスグループの取り組み
  2. フルックスグループのカット野菜事業の変遷
  3. カット野菜業界の現状と課題点
<休憩5分>

  1. 生食用野菜の微生物汚染対策の高度化とそのポイント

(11:10〜12:40)
宮本 敬久
九州大学大学院 農学研究院
生命機能科学部門 食料化学工学講座
教授
  1. 野菜及び果物の汚染細菌と食中毒の現状
  2. 生産段階における汚染対策
  3. 二次汚染対策
  4. 除菌・殺菌のポイント
<12:40〜13:30 ランチブレイク>

  1. カット野菜工場におけるISO22000/FSSC22000の取組み〜微生物制御を中心に〜

(13:30〜14:30)
有井 雅幸
東京デリカフーズ株式会社
執行役員 経営企画室長
  1. デリカフーズ品質管理プログラムの概要
  2. ISO22000/FSSC22000取得の効果と運用の実際
  3. カット野菜工場における微生物制御の実際
  4. 今後の課題
<休憩5分>

  1. 過酢酸製剤による洗浄殺菌の効率化と海外事例

(14:35〜15:25)
勝野 仁智
エコラボ合同会社 ジャパンテクニカルセンター
フードアンドビバレッジ スタッフサイエンティスト
テクニカルアカウント
  1. 過酢酸製剤の用途と組成
  2. 食品製造機器のサニテーション
  3. 食品素材のサニテーション
<15:25〜15:45 コーヒーブレイク/質問票回収>

  1. 総合質疑&情報交換会

(15:45〜16:45)
座  長  宮本 敬久
パネリスト  黒田 久一 有井 雅幸 勝野 仁智
※当日受講生の皆様から寄せられる質問票をもとに実務課題を掘り下げ、Q&Aと意見交換を行います。


【参加規定】
■受講料(1名につき)
38,000円+消費税 → webからの申込なら 36,100円+消費税(テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル「中会議室」【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11 電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。
  • 講演中の録音・録画・写真撮影は固くお断り致します。

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home