(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

おいしい冷凍食品の創製 先進技術講座

コードNo. 91905
開催日 2019年2月27日(水)10:00〜16:50
会 場 連合会館「201会議室」【案内図
受講料 38,000円+消費税 → Webからの申込みで36,100円+消費税
お申込み
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
今後ますます拡大する冷凍食品市場。コンビニ成長の切り札としても期待される冷凍食品の最新基盤技術の詳細、工程最適化・効率化のポイント、近未来の製品像を明らかにします。

◆開催プログラム  

  1. おいしい冷凍食品のためのシステム化冷凍技術の全体像

(10:00〜12:00)
鈴木  徹
東京海洋大学 学術研究院
食品生産科学部門 食品冷凍学研究室
教授
  1. システムの考え方で変わる冷凍復元性
       基本と応用事例
  2. 凍結プロセスの本質
       復元性を支配するものは氷結晶ではない
       冷凍食品の復元性とは?に対する答え
  3. 保存時の品質劣化抑制技術
       品質劣化因子と抑制原理
  4. 解凍 調理法の選択
       酵素残存生鮮冷凍品の解凍、調理
       冷凍食品の電子レンジ解凍加熱の新しい試み
 
<12:00〜12:50 ランチブレイク>

  1. 食品凍結・解凍プロセスのモニタリング技術

(12:50〜14:40)
河野 晋治
株式会社前川製作所 技術企画本部
技術研究所 食品生物技術グループ
リーダー
  1. 食品凍結について
  2. 食品凍結・解凍におけるプロセス管理
  3. 食品凍結プロセスにおける非破壊計測技術の利用
  4. 食品解凍プロセスにおける非破壊計測技術の利用
  5. 情報取得とセンサーの利用
 
<14:40〜15:00 コーヒーブレイク>

  1. 不凍タンパク質(AFP)研究の到達点と今後の食品応用

(15:00〜16:50)
津田 栄
国立研究開発法人産業技術総合研究所
生物プロセス研究部門 上級主任研究員
研究チーム長
  1. AFPは水が凍るときにどう働くのか?
  2. 加工食品分野におけるAFPの活用方法
  3. 食肉製造分野におけるAFPの活用方法
  4. 今後の展望
 

【参加規定】
■受講料(1名につき)
38,000円+消費税 → webからの申込なら36,100円+消費税(テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
50名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
連合会館「201会議室」 【案内図
〒101-0062 千代田区神田駿河台3-2-11 電話 03(3253)1771

【申込方法・その他注意事項】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。その場合には、後日テキストを送付いたします。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。
  • 講演中の録音・録画・写真撮影は固くお断り致します

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home