(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

食中毒事件の行政処分と企業防衛

〜 改正食品衛生法で変わる原因究明と事業者責任 〜
コードNo. 91918
開催日 2019年7月19日(金) 10:00〜16:00
会 場 連合会館「201会議室」【案内図
受講料 36,000円+消費税 → webからの申込なら5%OFF 34,200円+消費税
お申込み
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
◆コーディネータ
小暮 実
食品衛生アドバイザー/元 中央区食品衛生監視員

主 催:食品産業戦略研究所
事務局:株式会社サイエンスフォーラム
開催のねらい
国立感染症研究所における最近の広域的0157食中毒事案の調査事例を報告するとともに、食品衛生法改正による強化対策を紹介する。食中毒が発生すると、保健所は原因施設に営業禁停止処分を行っている。この処分は、事件の再発や拡大防止のために取る措置であり、事件の全容が判明する前に実施する緊急措置である。
全容調査の結果、営業者に過失等の責任がなく、仕入れた食材が原因の事案も発生している。こうした場合の処分の取消訴訟事例を紹介するとともに、様々な食中毒事件における保険金の支払事例から企業防衛を考える。
コーディネータ  小暮 実
ここが聴きどころ!

ご承知の通り本年4月、広域的食中毒事案への対策強化を目指す政府の「健康危機管理実施要領」が改正施行されました(厚労省 生食発0329第13号)。
これまで原因不明とされていた多くの食中毒事件が監視機関の全国的連携と新たな調査手法により次第に解明が進み、広域流通食品の食品衛生法違反摘発につながる事態が予測されています。
上記を背景に、最新の行政情報にもとづき食品事故に伴う調査方法、事業者責任の判定と企業防衛のあり方を集中討議するため食品衛生アドバイザー 小暮 実氏のご尽力により本研修会を開催する次第です。

講師としてお招きする八幡裕一郎氏(国立感染症研究所 感染症疫学センター 主任研究官)と宮崎晴久氏(Foodrisk21メンバー/杉並区杉並保健所 食品衛生監視員)のお二人は、まさに行政の最前線で調査と監視指導に従事されています。
八幡氏は日々アウトブレイクへの対応に忙殺されておられますが、お仕事の中で痛感されたこと、研究機関との連携等を規定した「食品衛生に関する監視指導の実施に関する指針の一部改正」(消費者庁・厚労省告示第1号)の具体的運用を含め、ご講演を戴けるものと期待しております。
宮崎氏には、行政による全容調査の結果、事業者に過失が無いことが判明した「刻みのり」ノロウイルス食中毒事件における営業停止命令取消請求の貴重な事例を詳細に解説して戴きます。食品事業者の皆様にとり極めて有益な情報であると確信致します。

最後に「生産物賠償事故に関わる賠償金の支払い実態」をご講演戴く笹山伸幸氏が代表取締役を務める株式会社東殖は東京都食品衛生協会の子会社で、同協会が行っている食品営業賠償共済を取り扱うとともに、食中毒・異物混入事故時の諸手続きもサポートされています。本研修会で、食品事故に伴う様々な賠償事例を具体的にご紹介戴く予定です。共有して戴ければ幸いです。

食品衛生法改正に伴う食品事故対策強化と企業防衛のあり方を是非この機会に学習して戴きたく、ご受講をお勧めする次第です。

◆開催プログラム

<オープニング・スピーチ>食中毒をめぐる最近の行政処分と事業者責任

 コーディネータ 小暮 実 氏 (10:00〜10:30)

  1. O157事件をめぐる最近の広域食中毒事例〜新しい調査方法とその対応策〜

(10:30〜11:30)
八幡 裕一郎
国立感染症研究所 感染症疫学センター
第一室 主任研究官
博士(医学)
  1. アウトブレイク調査の目的
  2. アウトブレイク調査の方法
  3. アウトブレイク調査からハザードの改善策
  4. 過去の事例紹介
<11:30〜12:20 ランチブレイク>

  1. 「刻みのり」ノロウイルス食中毒事件にからむ営業停止命令取消請求

(12:20〜13:20)
宮崎 晴久
Foodrisk21メンバー
杉並区杉並保健所 生活衛生課
食品衛生監視員
  1. 分散型広域食中毒事件の発生と原因の解明
  2. 営業停止命令取消請求へ発展
       1)和歌山県と東京都の事例の相違
       2)裁判の争点と判断(行政手続法違反)
       3)控訴から和解へ(行政行為の取消と撤回)
  3. 本件を受けて行政対応の実態と今後に向けて
<休憩5分>

  1. 生産物賠償事故に関わる賠償金の支払い実態

(13:25〜14:25)
笹山 伸幸
株式会社東殖
取締役 事業部長
  1. 初期対応のポイント・心構え・注意点
  2. 示談成立までの流れと賠償内容
  3. 実際の賠償事例 ※ケーススタディー
<14:25〜14:50 コーヒーブレイク質問票回収>

  1. 総合質疑&情報交換会

(14:50〜16:00)

司 会 小暮  実氏 / パネリスト 八幡裕一郎氏/宮崎 晴久氏/笹山 伸幸

【参加規定】
■受講料(1名につき)
36,000円+消費税 → webからの申込なら 34,200円+消費税(テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
50名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
連合会館2F「201会議室」【案内図
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11  電話 03(3253)1771

【申込方法・その他】

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home