(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

AIによる食品品質管理の近未来 2019

コードNo. 91925
開催日 2019年9月27日(金) 10:00〜16:00
会 場 フォーラムミカサ エコ「7Fホール」【案内図
受講料 36,000円+消費税 → webからの申込なら5%OFF 34,200円+消費税
お申込み
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。

主 催:食品産業戦略研究所
事務局:株式会社サイエンスフォーラム
<<生産工程に拡がるAI導入の波!>>
原料品質の飛躍的向上からスマートファクトリーへの展開まで、主力各社の最新の取組み を紹介し、AI/IoT活用の勘所と企業風土の あり方を学習し共有します。
ここが聴きどころ!

昨年11月、群馬県立群馬産業技術センター研究管理官 細谷 肇氏とキユーピー生産本部未来技術担当部長 荻野 武氏のお二人を講師としてお招きした第1回セミナーは、お陰様で参加者の皆様に大変ご好評を戴きました。
中でも「AIは技術ではなくイノベーション。新規事業と同じで“志”が重要。現在20件のAIプロジェクトがキユーピー全社で動いているが、いずれも他社とのコラボを重視している」との荻野氏の言葉が強く印象に残りました。食品業界におけるAI活用のムーブメントの広がりと新たなネットワーク形成の重要性を実感した瞬間でした。

本年の第2回セミナーは、地場産業のインキュベータ役としてご活躍されている冒頭の細谷氏を初め、新たにニチレイフーズとマルハニチロの開発担当者を講師としてお迎えすることができました。

ニチレイフーズ 塚本真也氏(技術戦略部シニアプロフェッショナル)は、本年3月に開かれた農林水産省第10回食品産業戦略会議に上長の方とともに出席され、以下の通り自社の取り組みを紹介されています。(いずれも同会議「議事概要」より)

  • これまで、人でしかできなかったこと、人の経験値、複数の情報の同時処理、判断基準が進化しているものに関して、AIに置き換えることができるようになった。
  • 検査選別の精度を上げるため機械を開発し、生産性の向上(検査要員27人→7人)に結びついたケースもある。
  • 昨年2月、近畿大学と共同開発したAIを活用した原料選別技術の開発に際しては、AIのソフト及びハードの改善に時間を要したが、今月から稼働している。
上記を含め、塚本氏に現在の状況と今後の展望を詳細にご披露戴けるものと期待しております。

マルハニチロ 鈴木 創氏(生産管理部スマートファクトリー推進課課長)には、同社が目指すスマートファクトリーの到達点を語って戴きます。
実は本講演に先立ち、昨年10月開催のシンポジウム「BE:YOND2018」(主催:東洋ビジ ネスエンジニアリング)で、同氏が「デジタル新時代の工場業務改革〜安全安心な食の継続的提供への追求〜」を発表されました。2013年度からスタートし2017年に冷凍食品製造の全工場に導入した同社のスマートファクトリーの取り組みについて、とにかくお話しが簡潔で説得力があり、「是非とも鈴木氏を講師としてお呼びしたい」と強く思った次第です。
 「このプロジェクトを通して、我々がどのように成長したいのかを明確にした。ぶれない骨子を持ち続けることが最も大切」と強調された同氏の言葉が胸を打ちました。今回の講演 をお聞き戴き、その時の思いを是非皆様にも共有して戴ければ幸いです。

◆開催プログラム

  1. 食品製造ラインへのAIの導入方法

(10:00〜11:30)
細谷 肇
群馬県立群馬産業技術センター
研究調整官 工学博士
  1. 今話題のAIとは
  2. 画像検査でのAIの判定能力について
  3. AI画像検査に於ける勘所
  4. 導入に於ける課題とその対応について

<11:30〜12:30 ランチブレイク>

  1. 冷凍食品製造における検査選別工程の現状と今後の自動化の可能性

(12:30〜13:30)
塚本 真也
株式会社ニチレイフーズ
技術戦略部 装置開発グループ
シニアプロフェッショナル
品質保証技術チームリーダー
  1. 当社の検査選別技術の考え方
  2. 当社の検査選別技術の独自開発事例
  3. オープンイノベーションによる、AI共同開発事例
  4. AI検査選別の当社評価と期待される効果

<休憩10分>

  1. マルハニチロが目指すスマートファクトリーの到達点

(13:40〜14:40)
鈴木 創
マルハニチロ株式会社 生産管理部
スマートファクトリー推進課
課長
  1. マルハニチロのスマートファクトリー構想
  2. 新生産管理システム導入の背景・プロセス紹介
  3. 新生産管理システムの概要・導入フェーズ
  4. 新生産管理システム導入による効果
  5. 今後の展望
<14:40〜15:00 コーヒーブレイク/名刺交換>

  1. 総合質疑&情報交換会

(15:00〜16:00)

【参加規定】
■受講料(1名につき)
36,000円+消費税 → webからの申込なら 34,200円+消費税(テキスト代・コーヒー代を含む。)
■定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
フォーラムミカサ エコ「7Fホール」【案内図
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-18-12 内神田東誠ビル  電話 03(3291)1395

【申込方法・その他】

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home