(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

【第2回】食品事業者のための
これからのヒューマンエラー防止策

コードNo. 91929
開催日 2019年11月22日(金) 10:00〜17:00
会 場 飯田橋レインボービル2階「中会議室」【案内図
受講料 38,000円+消費税 → webからの申込なら5%OFF 36,100円+消費税
お申込み
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
■コーディネータ
湯川剛一郎
湯川食品科学技術士事務所 所長
食品産業戦略研究所 所長
主 催:食品産業戦略研究所
事務局:株式会社サイエンスフォーラム

<さらに実践的・効果的対策へ!>
産業界での指導に定評のある中田 亨博士をお招きし、食品工場におけるヒューマンエラー対策の要諦を具体的にご教示戴くとともに、主力企業の取り組み最前線の報告を交え、効果的防止策を集中討議します。
ここが聴きどころ!

昨年(2018年)11月、デミング賞審査委員会委員長でご自身でも2017年度デミング賞本賞を受賞されている中條武志博士(中央大学理工学部教授)をお招きして開催した第1回研修会。私どもの期待以上の反響を呼び、「ヒューマンエラーに対する対応の新たな目線を持つことができた。」「ヒューマンエラーの考え方が変わった。」等、受講生の皆様から多数の感激の声が寄せられました。
会場からの質問も極めて活発で、講演終了後次々と中條先生のところに受講生が相談に集まる光景を目撃して、食品事業を支える製造・品質保証の責任者の皆様がヒューマンエラー対策でいかに悩まれているかを痛感した次第です。

第2回の基調講演は、「ヒューマンエラー対策技術」のエキスパートで産業界での指導に定評のある中田 亨博士(産業技術総合研究所人工知能研究センター)です。内閣府消費者安全調査委員会の専門委員も務められており、『防げ現場のヒューマンエラー 事故を防ぐ3つの力』(2016年 朝日文庫)を初め、多数の著書を上梓されています。

今回の講演では『そもそも「エラー」という言葉を使うことは適切でないという考え方が、安全工学では主流だ。ミス発生を前提とすることが、リスクマネジメントの第一歩である。』との認識にもとづき、「実例から考える食品工場でのヒューマンエラー対策」を掘り下げて解説して戴きます。/div>
中田先生の基調講演を受け、本研修会のコーディネータ 湯川剛一郎先生(湯川食品科学技術士事務所/FSSC22000日本代理人)に「判断ミスをいかに防ぐか」の新しい手法を、さらに食品業界からキユーピー株式会社 内田昌則氏(海外品質部部長)と株式会社永谷園 増田尚弘氏(取締役生産本部長)の両氏に自グループにおけるヒューマンエラー防止と管理業務の合理化の取り組み最前線をご紹介戴きます。

コーディネータの湯川先生、ご協力戴きます講師の皆様に心から感謝申し上げるとともに、第1回にもまして学習と経験交流の機会となることを確信しております。

◆開催プログラム

□ 開会の辞   コーディネータ:湯川 剛一郎氏(10:00〜10:05)

  1. [基調講演]実例から考える食品工場でのヒューマンエラー対策

(10:05〜11:55)
中田  亨
国立研究開発法人産業技術総合研究所
人工知能研究センター
NEC-産総研人工知能連携研究室
副連携研究室長
  1. 人を正しく導くマニュアル
  2. 間違いをチームワークで防ぐ
  3. 作業の時と場所を定める
  4. チェックの方法の改革
  5. 人工知能でヒューマンエラーを分析する
<11:55〜12:50 ランチブレイク>

  1. 判断ミスをいかに防ぐか

(12:50〜13:20)
湯川 剛一郎
湯川食品科学技術士事務所 所長
  1. セブン・ステップ法
  2. 「問題を言葉にする」ことの難しさ
  3. 対立する要素の見つけ方
  4. 重視すべき要素とは
<休憩5分>

  1. ヒューマンエラーの防止に向けた食品業界の取り組み最前線

3.1 キユーピーグループにおけるヒューマンエラー対応について (13:25〜14:25)
内田 昌則
キユーピー株式会社 品質保証本部
海外品質部長
  1. ヒューマンエラー事例紹介(事例と要因について)
  2. ヒューマンエラー対応事例紹介
     ・人づくりからのアプローチ
     ・生産環境からのアプローチ
     ・設備対応からのアプローチ
<休憩5分>
3.2 永谷園のヒューマンエラー対策を含む「身の丈にあった」管理の合理化 (14:30〜15:30)
増田 尚弘
株式会社永谷園
取締役生産本部長
    現場で起きたヒューマンエラーから実際の事例をご紹介
  1. 3H作業
  2. ミステイク、スリップミス防止(表示識別、センサー事例)
  3. 近道行動防止
  4. 職長が決める 5Sで防ぐエラー
  5. その他
<15:40〜16:00 コーヒーブレイク/名刺交換>

  1. 総合質疑&情報交換会

(16:00〜17:00)

座 長  湯川 剛一郎

パネリスト  内田 昌則 増田 尚弘


【参加規定】
■受講料(1名につき)
38,000円+消費税 → webからの申込なら 36,100円+消費税(テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル2F「中会議室【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11 電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。
  • 講演中の録音・録画・写真撮影は固くお断り致します。

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home