(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

多発苦情異物をどこまで減らせるか

〜金属、毛髪、プラスチックの混入防止対策〜
コードNo. 92003
開催日 2020年2月7日(金) 10:00〜16:30
会 場 飯田橋レインボービル2階「2A会議室」【案内図
受講料 38,000円+消費税 → webからの申込なら5%OFF 36,100円+消費税
お申込み残席僅少のため、web申込を中止しております。お手数ですが、TELにて残席の確認をお願いします(04-7128-5461)。
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
■コーディネータ
佐藤 邦裕
公益社団法人日本食品衛生協会
技術参与


行政による食品事業者の異物混入対策強化の方針と 衛生管理の厳格化に対応し、苦情発生3大異物の 混入防止の実効性にフォーカス! 「本当にやり尽くしたのか?」の問い直しを含め、ベテラン講師陣が集中討議します。
ここが聴きどころ!

ご承知の通り、遂に国が全国の異物混入苦情の実態把握に乗り出しました。厚生労働省が食品事業者の異物混入対策を強化する方針です。

厚労省研究班の報告書によれば、「本調査結果により、食品における異物混入の被害実態の全体像の把握ができた。特に事業所における混入事例について、各食品分類および異物の種類の組み合わせを解析することで、各食品分類において起きやすい異物混入の概要が得られた。(中略)これらの情報は事業所へのHACCP指導時に参照可能な異物混入実態データとして活用することが可能と考えられる。」と、その画期的な意義を強調しています。(厚生労働科学研究費補助金 平成28年度分担研究報告書「全国における食品への異物混入被害実態の把握」)

本セミナーは、今後求められる食品製造現場の衛生管理の厳格化に即応し、上記報告書が明らかにした事業所混入事例のトップスリー 金属、プラスチック、毛髪にフォーカスし、実効性を高める観点から従来の対策手法と「本当にやりつくしたのか」の問い直しを含め、本質的な再発防止策に向けベテラン講師陣が集中討議します。
「HACCP制度化が必ずしも現場の異物対策につながっていない。」「食品安全マネジメントシステムへの対応に追われ文書を作ることに一生懸命で、担当者の努力が現場管理に直結していない」との厳しい指摘もあり、改正食品衛生法の全面施行に伴い、自社の取り組みを見直すべき重要な時期を迎えたと言えそうです。

本セミナーの企画にあたり、異物混入防止をライフワークとして着実な成果を上げ業界を牽引されている佐藤邦裕先生(日本食品衛生協会)に格別のご指導を戴きました。心から御礼を申し上げる次第です。また、佐藤先生と志を同じくし斯界でご活躍されている講師陣の皆様に深く感謝の意を表します。

本セミナーが、現場力向上のために本当にやるべきことは何かを提起し、改善の新たな“気づき”の契機となることを確信します。各位のご参加をお待ちしております。

◆開催プログラム

  1. 全国の異物混入被害の実態と問題点〜近年の厚生労働省の調査から〜

(10:00〜10:50)
佐藤 邦裕
公益社団法人日本食品衛生協会
技術参与
  1. 全国の異物混入被害の把握について国が動き出した
  2. 分析内容から見えてくること
  3. 全国の自治体からの反応
  4. この先、どう進むのか
  5. これまで流通やメーカーが実施してきた異物混入対策の概要
<休憩5分>

  1. 食品事業者喫緊の課題:苦情発生3大異物の混入防止対策

2.1 金属検出機の必須知識と有効活用のポイント (10:55〜11:55)
植山 英弘
アンリツインフィビス株式会社
マーケティング部 販売企画課
アシスタントマネージャー
  1. 被検査品による金属検出機の特性
  2. 正しい感度の確認方法
  3. 誤検出の原因事例
  4. 運用上、気をつけておきたいこと
<11:55〜12:45 ランチブレイク>
2.2 毛髪混入対策の精度を高める現場での取り組み (12:45〜13:45)
中村 優
協同組合JASMEQ
顧問
  1. 現状の把握:どうなっているのか
  2. 現状の改善確認:問題点・改善点確認
  3. 個々の問題点の進め方:優先順位と進め方
  4. 具体的な進め方
  5. 今後の進め方
<休憩5分>
2.3 プラスチック異物の混入経路探索と現場の再発防止対策 (13:50〜14:50)
關根 吉孝
イカリ消毒株式会社
異物分析部 異物分析課

塩田 智哉
イカリ消毒株式会社
コンサルティング部
部長
  1. プラスチック混入異物の傾向
  2. 異物検査で何がわかるのか
  3. 検査結果の効果的な活用法〜混入経路の探索〜
  4. 現場管理と再発防止対策のポイント
<15:40〜16:00 コーヒーブレイク/名刺交換>

  1. 総合質疑&情報交換会

(15:10〜16:30)

座 長  佐藤 邦裕

パネリスト  植山 英弘 中村 優 關根 吉孝 塩田 智哉


【参加規定】
■受講料(1名につき)
38,000円+消費税 → webからの申込なら 36,100円+消費税(テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
36名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル2F「2A会議室【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11 電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】

このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home