(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

耐熱性カビ対策研究会2020

コードNo. 92005
開催日 2020年2月21日(金) 10:00〜17:00
会 場 フォーラムミカサ エコ「7Fホール」【案内図
受講料 38,000円+消費税 → webからの申込みで5%OFF 36,100円+消費税
お申込み
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
◆コーディネータ
中山素一
九州産業大学 生命科学部 生命科学科食品科学コース 教授 博士(農学)

[開催のねらい]
耐熱性カビの食品でのリスクに関するセミナーとして「耐熱性カビ対策研究会」を2年間開催してきた。食品に関わる企業の耐熱性カビの制御への関心の高さが伝わる熱気の有るセミナーとなりました。今回は、2回のセミナーで質問の多かったコロニー形態からの耐熱性カビの見極めを中心に基礎を日本食品分析センターの馬場先生に、飲料での制御の考え方についてアサヒ飲料の青山先生に、新しく加工食品での制御の考え方に関してハウス食品の吉野先生に講師を依頼した。更に、これまでの2回のセミナーで回答できなかった質問と今回の質問に答えるための時間を長く取っており、参加者で大いに議論をしたいと考えている。是非、これまでに参加して頂いた方にも参加頂ければと考えている。
ここが聴きどころ!

「食品業界における耐熱性カビに対する知識の重要性を痛感し、各位の幅広いニーズにお応えすべく企画致しました。」−−本研究会のコーディネータ 中山素一先生(九州産業大学)のメッセージです。
会場の熱気溢れる2018年2月の第1回以来、広範な食品メーカー各社の品質保証、品質管理担当の皆様に絶大なご支援を戴き、お陰様でこのたび第3回を迎える運びとなりました。以下は、前回(2019年2月)の受講生の率直な感想の一部です。

  • 基礎から実際の解析まで、全体像を把握するのに役立ちました。
  • 原料による汚染のリスクの大切さがよくわかりました。じっくり向き合ってみようと思い ます。
  • データを開示して戴き、実際の管理の仕方を実例として聞くことが出来て、とても参考に なりました。
  • いろいろな質問、回答が聞けて大変興味深かった。さらに、1つの質問に対して複数のお 考えをうかがうことができ、有意義でした。
  • 耐熱性カビについてまとまった情報が得られるので、今後も続けてほしい。
 第3回研究会は、前回極めてご好評を戴いた「耐熱性カビとは何か」、「食品企業における耐熱性カビ対策」の各セッションの間に新たに「食品製造における耐熱性カビのリスク」が入り、“メーカー目線”をさらに強めるとともに、対象食品の範囲を少し広げました。

豊富な知見と簡潔な語り口に定評のある馬場 浩氏(日本食品分析センター)、現実の清涼飲料水の生産過程における耐熱性カビ制御の取り組みをご披露戴く青山冬樹氏(アサヒ飲料)の両氏に、1級食品微生物検査技士の資格をもつ気鋭の吉野麻里子氏(ハウス食品)が加わり、中山先生の絶妙なリードのもとフランクな発表と意見交換が展開されるものと期待しております。
グローバルにモノを動かす時代。間違いなく耐熱性カビのリスクが高まっています。 汚染事故防止のため効果的な制御法を追求するコーディネータ、講師陣の思いと本研究会の成果を是非共有して戴きたく、各位のご参加をお勧め致します。

◆開催プログラム 


□ オープニング・スピーチ   コーディネータ 中山 素一 氏(10:00〜10:20)

  1. 耐熱性カビとは何か

(10:20〜11:40)
馬場  浩
一般財団法人日本食品分析センター
彩都研究所 微生物部 微生物研究課
主任研究員
  1. カビによる食品汚染事例
  2. 耐熱性カビの定義
  3. 耐熱性カビの特徴
  4. 耐熱性カビを見極める
<11:40〜12:30 ランチブレイク>

  1. 加工食品における耐熱性カビリスク評価の試み

(12:25〜13:30)
吉野 麻里子
ハウス食品株式会社
開発研究所
  1. 耐熱性カビリスク評価に着手した背景
  2. 耐熱性カビの特徴
  3. 耐熱性カビリスク評価に必要な食品の情報
  4. 耐熱性カビの試験方法
  5. 加工食品における耐熱性カビのリスク評価
<休憩5分>

  1. 食品企業における耐熱性カビ対策

(13:35〜15:05)
青山 冬樹
アサヒ飲料株式会社 研究開発本部
技術研究所 品質技術グループ
課長 博士(農学)
  1. 清涼飲料の製造と耐熱性カビ
  2. 耐熱性カビの耐熱性と性質
  3. 原料の耐熱性カビ検査
  4. 耐熱性カビの同定と判別
  5. 製造における各種対策
<15:05〜15:30 コーヒーブレイク/質問票回収>

  1. 総合質疑&情報交換会

(15:30〜17:00)

座 長  中山 素一

パネリスト  馬場 浩 吉野 麻里子 青山 冬樹


【参加規定】
■受講料(1名につき)
38,000円+消費税 → webからの申込なら36,100円+消費税(テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
フォーラムミカサ エコ「7Fホール」 【案内図
〒101-0047 千代田区内神田1-18-12 内神田東誠ビル 電話 03-3291-1395

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。その場合には、後日テキストを送付いたします。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へこのページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home