(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home
◆世界に通用する食品微生物制御の新しい考え方◆

2020年度 微生物試験法の妥当性確認 実務者講習会

〜工程管理の制度化に対応した微生物試験法の選択指針〜
コードNo. 92009
開催日 2020年4月10日(金)10:00〜17:30
会 場 フォーラムミカサ エコ「7Fホール」【案内図
受講料 38,000円+消費税→ webからの申込なら5%OFF 36,100円+消費税
お申込み
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
主催:食品産業戦略研究所
本講座のねらい
食品衛生法の抜本改正により食品衛生の考え方が大きく変り、旧来の許可行政による重点管理方式から、今後は全業種を対象に工程管理の制度化を図り、妥当性確認された簡便法による自主管理の時代に移行した。妥当性確認はもはや当然であり、目的に合わせた試験法の選び方に課題がシフトしている。最新の行政動向と多様化する微生物試験に即応した検査法選択の考え方を示して、HACCP管理の推進と業界の意識改革の一助としたい。
2020年度 ここが聴きどころ!

HACCP完全施行直前!微生物検査のあり方が変わります。
時代が求める「世界に通用する微生物試験データの出し方」を明らかにし、妥当性確認の重要性と進め方、試験法の選び方と検証方法をじっくりと修得して戴く、好評の講座です。何よりも、国際標準化に賭ける五十君静信氏(東京農業大学/前 国立医薬品食品衛生研究所)の使命感と情熱に本講座は支えられています。

ご承知の通り食品衛生の考え方が大きく変化し、旧来の公定法による検査から、妥当性確認された簡便法による工程管理に時代に移行しました。その推進役として、上記の五十君氏と国際情勢に精通した微生物試験のエキスパート 諸藤 圭氏(日本食品分析センター)が緊密に連携し、微生物試験法をめぐる行政動向から試験法の選定・導入に伴う検証・整備の実際とノウハウまで、5時間にわたり分かりやすく解説して戴きます。
さらに当日1時間をかけ、受講生の皆様から頂戴する質問票にもとづき、実務上の課題を掘り下げて講師陣が回答します。

本講座の内容は下記の受講生の声に端的に示されています。(昨年のアンケートより)
  • どんどん法改正が進んでいる裏側を知ることができた。
  • 行政動向と妥当性確認のつながりが分かりやすく、世界的な動きも理解できた。
  • 具体的に何をすれば良いかがとても分かりやすく説明されていて、参加して良かった。
  • 自社で内部精度管理ができていないことを痛感した。今後取り組みます。
両講師のお話は毎年up-to-dateされています。五十君氏はとくに第2セッションにおいて微生物検査における「サンプリング・プラン」に言及するとともに、今後重要になる“Moving Windows”の考え方を解説しPDCAサイクルへの活用に展開するとのことです。 また諸藤氏からは「例年ご質問の多い信頼性確保(精度管理)に関する事項を加えました」旨のお言葉を戴いております。

是非、新年度の本講座にご参加戴き、最新の行政実務情報を収集して戴くとともに、自社の工程管理に必須の検査法選択の判断基準、検証の進め方を学習し修得して戴ければ幸いです。

◆開催プログラム

  1. 微生物試験法をめぐる最新の行政動向と妥当性確認の重要性

(10:00〜12:00)
五十君 靜信
東京農業大学 応用生物科学部
農芸化学科 応用微生物学研究室
教授
  1. 微生物試験法を取り巻く国際情勢と国際整合性の重要性
  2. 食品衛生行政の最新動向
  3. 国内における食品の微生物規格基準と試験法の動向
  4. バリデーションとベリフィケーションの違い
  5. <12:00〜12:50 ランチブレイク>

  1. 工程管理の検証に用いる微生物検査の考え方

(12:50〜14:00)
五十君 靜信
東京農業大学 応用生物科学部
農芸化学科 応用微生物学研究室
教授
  1. 工程管理に合わせた微生物試験法の選択指針
  2. 微生物検査におけるサンプリングプラン
  3. ムービングウィンドウズの解説とPDCAサイクルへの活用
<休憩10分>

  1. 微生物試験法の選定と導入に伴う検証・整備

(14:10〜16:10)
諸藤 圭
一般財団法人日本食品分析センター 大阪支所
微生物部 微生物試験課
課長
  1. 微生物試験法の分類と選定のポイント
  2. 新規試験法導入時の検証
  3. 試験手順の整備と信頼性の確保
  4. <16:10〜16:30 コーヒーブレイク/質問票回収>

 総合質疑

(16:30〜17:30)
※当日受講生の皆様から頂戴する質問票をもとに、実務上の課題をさらに掘り下げて回答します。

【参加規定】
■受講料(1名につき)
38,000円+消費税 → webからの申込なら36,100円+消費税(テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
フォーラムミカサ エコ「7Fホール」 【案内図
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-18-12 内神田東誠ビル  電話 03(3291)1395

【申込方法・その他】

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home