━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイエンスフォーラム通信  2021年 9月号】  2021.09.02 発行
 ● 現場の問題解決のための実践図書・セミナー
               http://www.science-forum.co.jp/
──────────────────────────────
小社のセミナー/書籍情報のメール配信を希望されている方へ配信
しています。                                    NO.287
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪SDGsは「大衆のアヘン」?≫

もしかしたら私たちは、既に“パンドラの箱”を開けてしまった
のかも知れません。

今年1月のNHKスペシャル「2030 未来への分岐点(1)」で突き付け
られた北極圏の氷の激しい崩落の映像。
「2019年1年で溶けた北極圏の氷は5320億トン。この水を東京23区
に流し込むとスカイツリーをはるかに超え、標高800m以上の水位
になります」とのナレーターの声。

シベリアでは永久凍土の融解が進み、そこに眠っていた未知のウイ
ルスが表出し始めています。「古代の病原体が新たな感染症の流行
をもたらす可能性は高い。永久凍土はまさに“パンドラの箱”」。

さらに地球環境問題研究の第一人者 ヨハン・ロックストローム博士
の「+1.5℃が地球の限界を示す科学的根拠がますます増えています」
との言葉が重なります。

“ポイント・オブ・ノーリターン”
─「急激で不可逆な変化が起きて、以前の状態に戻れなくなる地点
は、もうすぐそこに迫っている」ことを気鋭の哲学博士 斎藤幸平氏
は著書『人新世の「資本論」』(2020年、集英社)で訴えています。

2030年… あと9年後のこの年、気温1.5℃上昇の可能性が極めて高く
なったことを、国連「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)は
この8月、第6次評価報告書で明らかにしました。

同時に「人間の影響は疑う余地がない。私たち自身が温暖化の原因
になっている」と断定しました。(2021年8月10日主要メディア各紙)

眼前に迫った生存の危機の回避のため、今月(9月)、SDGs(持続
可能な開発目標)実現に向けた初めての国際会議「国連食料システム
サミット」が開催されます。このサミットで今月どのような討議結果
とアクションプログラムが示されるのか、注目しています。

同時に、このサミットの重要な実行計画の一つ「持続可能な消費パタ
ーンへの移行」の議長を務めるノルウェーのEAT財団の創設者 
グンヒルド・ストーダレン氏の、7歳で最初の抗議デモをしたという
果敢な行動に関心を寄せています。

同氏の声を聴いて下さい。
「一つの入り口を選びとしたら、それは食生活を変えることだと思い
ます。それが、生産の仕方の転換を進め、食料廃棄にも影響するから
です。生産を変えることは、農業の現場に下りてきて、再生型の生産
や土壌を守る方法の改善などの機会を創出するのです。すべてがつな
がっているから、私たちは食卓を変えることが世界を変えると信じて
いるのです。」

「若者たちはすでに温暖化対策を訴える街頭デモに繰り出しています
が、その課題と解決において食がどれだけの部分を占めるのかについ
てはまだ訴えていません。食とは、自分の健康と地球の健康のために
毎日下す最も重要な判断です。そこには多くの“ウィンウィン”が
あります。」
(「食を変えれば地球を守れる」 朝日新聞GLOBE+ 2020年7月26日。
ニュースキャスター 国谷裕子氏のインタビューを受けて)

上記の発言を見ると危機回避に希望がもてそうですが、先のIPCC
報告書は「気温上昇を1.5℃に抑えられる確率は67%しかない」と
警告しています。しかも近年の記録的な熱波、山火事、豪雨、コロナ
禍の苦しみを考えると、すでに“パンドラの箱”を開けてしまったの
では、との思いがこみ上げてきます。

「気候危機は私たちのすぐそばに来ている。すべてを変えなければ
いけない」と訴えるギリシャのミツォタキス首相の言葉に課題が集約
されています。(2021年8月23日 東京新聞)

さらに、前出の斎藤幸平氏は同氏の著書で『政府や企業がSDGsの行動
指針をいくつかなぞったところで、気候変動は止められないのだ。
SDGsはアリバイ作りのようなものであり、目下の危機から目を背け
させる効果しかない。(略)SDGsはまさに現代版「大衆のアヘン」
である。アヘンに逃げ込むことなく、直視しなければならない現実は、
私たち人間が地球のあり方を取り返しのつかないほど大きく変えて
しまっているということだ。』と指摘しています。

ちなみに同氏の見立ては「脱成長コミュニズム」です。その論拠と
道筋を前出の著書で示されています。驚くべきことに、本書は
斎藤氏の三十代前半の作品です。

私たち一人一人に今、何らかの行動が求められていることは間違い
ありません。

ここで、15歳の時たった一人で「気候のための学校ストライキ」を
実行したスウェーデンのグレタ・トゥーンベリさんのメッセージを
紹介して、本稿を閉じたいと存じます。

「気候危機において最悪の結果を避けることは、物理的にまだ可能
です。でも、残り時間は短く、いまのような暮らし方を続ける限り
不可能です。

私が学校ストライキを始めたのは、望んでのことではありません。
注目されるためでも、おもしろいからでもありません。誰かが、
何かをしなければならないから始めたのです。その誰かは私かも
しれないけれど、あなたかもしれない。

ひとりでも十分なことができます。ほかの誰かが何かをするのを
待つ必要はありません。変化を起こすのに、小さすぎるということ
はありません。」
(『グレタ たったひとりのストライキ』2019年、海と月社)


                代表取締役社長  元山 裕孝
                              

_/_/_/ INDEX _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

  [1] 2021年9月~2021年11月 サイエンスフォーラムWEBセミナー 
 [2]【特別価格】 今月のおすすめ図書


┏━┓
┃1┃2021年9月~2021年11月 サイエンスフォーラムWEBセミナー 
┗━╋…──────────────────────────
 
 コロナも距離も関係なし! 日本全国どこからでも「移動なし」で
 ご参加いただけます。 

 これ以降も続々、魅力的なラインナップでお届けします。
 ぜひご活用ください! 


<申込受付終了>【zoomセミナー】─────────────
 食品事業者のためのヒューマンエラー対策の盲点と勘所
─────────────────────────────
 講師:中田 亨氏
   (産業技術総合研究所人工知能研究センター副連携研究室長)

 ●日時:2021年9月2日(木)13:00~15:30
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:22,000円(24,200円+税)

⇒詳細はこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92147

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【zoomセミナー】─────────────────────
 犯罪心理学から見た異物混入事件の犯人像
─────────────────────────────
 講師:大上 渉氏(福岡大学 人文学部 文化学科 教授)

 ●日時:2021年9月16日(木)13:00~15:00
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:19,800円(18,000円+税)

⇒詳細・申し込みはこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92133

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【zoomセミナー】─────────────────────
 新しい食品表示基準の実務 2021
─────────────────────────────
 講師:天明 英之氏(フード・オフィス・天明) 
    島崎 眞人氏(一般社団法人 日本農林規格協会)
    森田 満樹氏(Food Communication Compass)
    佐合 徹也氏(ハウス食品株式会社)

 ●日時:2021年9月28日(火)10:00~16:50
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:41,800円(38,000円+税)

⇒詳細・申し込みはこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92137

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【zoomセミナー】─────────────────────
 最適殺菌条件のための殺菌管理指標菌の選定・管理の実際
 [第4回中西塾]
─────────────────────────────
 講師:中西 弘一氏(ナノ・バイクロバイオ研究所 所長)

 ●日時:2021年10月1日(金)13:00~16:00
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:28,600円(26,000円+税)

⇒詳細・申し込みはこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92139

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【zoomセミナー】─────────────────────
 2021年度 レトルト食品技術講座~基礎から最新動向まで~
─────────────────────────────
 講師:増田 敏郎氏(増田食品開発コンサルティング)
    山口 敏季氏(法人日本缶詰びん詰レトルト食品協会)
    田口 善文氏(田口包装食品コンサルタント)
    星野 彰太氏(ハウス食品株式会社)

 ●日時:2021年10月8日(金)10:00~17:00
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:41,800円(38,000円+税)

⇒詳細・申し込みはこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92140

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【zoomセミナー】─────────────────────
実践!洗浄殺菌の問題解決 事例研究会 2021
─────────────────────────────
 講師:福崎 智司氏
   (三重大学大学院 生物資源研究科 教授)

 ●日時:2021年10月21日(木)10:00~17:00
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:41,800円(38,000円+税)

⇒詳細・申し込みはこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92120

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【zoomセミナー】─────────────────────
代替肉の最新動向と市場展望 2021
~拡がるプラントベースフードと消費者受容の行方~
─────────────────────────────
 講師:三石 誠司氏(宮城大学)
    藤原 昌行氏(株式会社日本アクセス)
    落合 孝次氏(DAIZ株式会社)
    森田 満樹氏(Food Communication Compass)
    

 ●日時:2021年10月29日(金)10:30~16:20
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:39,600円(36,000円+税)

⇒web掲載準備中

【zoomセミナー】─────────────────────
木村凡先生の食品微生物入門講座(3回連続講座) 
─────────────────────────────
 講師:木村 凡氏(東京海洋大学)
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓    
  ┃● 申込スタート!●あっという間に残り6席 ┃
  ┃   超人気講座です。お早めのお申し込みを! ┃ 
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
 ●日時:2021年11月4日(木)13:00~15:40
     2021年11月11日(木)13:00~15:40
     2021年11月18日(木)13:00~15:40
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:15名
 ●受講料:49,500円(45,000円+税)

⇒詳細・申し込みはこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92035


【zoomセミナー】─────────────────────
これからの食品の微生物制御~[第2回]殺菌・静菌入門~
─────────────────────────────
 講師:森田 邦雄氏(元 厚生労働省生活衛生局)
    川崎  晋氏(農研機構 食品研究部門)
    駒木  勝氏(元 日本缶詰びん詰レトルト食品協会)
    
 ●日時:2021年11月5日(金)10:00~17:00
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:未定

⇒web掲載準備中


┏━┓
┃2┃【特別価格】 今月のおすすめ図書 
┗━╋…──────────────────────────

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃↓↓ ● 既刊本 15% オフ    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

------------------------------
◆低温流通食品管理の鉄則
→ http://www.science-forum.co.jp/books/0320.htm
------------------------------

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ↓↓ ● オンデマンド本 → 10% オフ  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

------------------------------
◆ <食品の臭気対策第2集>
  異臭問題の予防・解決の実務手順と実際 
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0321.htm
------------------------------
◆ 食品異物除去ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0311.htm
------------------------------
◆ 最新版 食品分析法の妥当性確認ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0316.htm
-----------------------------
◆ 微生物試験のデータ考察力トレーニングブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0304.htm
-----------------------------
◆ 食品プラント洗浄殺菌マニュアル
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0296.htm
-----------------------------

オンデマンド本はご注文に係るご注意がございます。
ご一読をお願い致します。
http://www.science-forum.co.jp/podbooks/index.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
* 記載の内容はメール配信後、内容変更となる場合がございます。
   ホームページで最新情報をご確認下さい。
* 各お手続きは下記URLよりお願い致します。
   その際はお客様番号もお知らせいただきますと幸甚です。
 (このメールへの返信には、配信停止・ご返答が出来ませんので
   ご注意ください)
──────────────────────────────
■ 配信停止
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm

■ 宛先変更
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm
から一度停止していただき、新しいご連絡先で再登録をお願い
致します。

お手続き後、2週間以上たちましても停止されない時は
大変お手数ですが再度ご連絡頂けますようお願い申し上げます。

■ ご質問   ⇒ info@science-forum.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お問合わせ先】 株式会社 サイエンスフォーラム(担当:角田)
〒270-1142   千葉県我孫子市泉14-30ネクサスビル
E-mail: info@science-forum.co.jp
 TEL:04-7128-5461    FAX:04-7184-7912
(営業時間:9:00~17:00 ※土/日/祭日を除く)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━