━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイエンスフォーラム通信  2021年 10月号】  2021.10.05 発行
 ● 現場の問題解決のための実践図書・セミナー
               http://www.science-forum.co.jp/
──────────────────────────────
小社のセミナー/書籍情報のメール配信を希望されている方へ配信
しています。                                 NO.286   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪国連食料システムサミット2021≫

9月23日・24日両日、ニューヨークで「国連食料システムサミット」
が開催されました。

このサミットの意義について、農林水産省農林水産審議官 大澤誠
氏は次のように述べています。

「SDGs(持続可能な開発目標)に沿って、持続ある食料の確保を
世界共通の課題として議論し、今後のあるべき姿を示そうという
各国ハイレベルが参加する初めての国際会議です。」

「地球環境問題は、食料問題と切り離すことができません。地球
規模では、農業・林業・その他土地利用に起因する温室効果ガス
の排出は全体の四分の一を占めています。熱帯雨林を伐採して
農地にするなどの土地利用の変更が原因の半分を占めます。」

「食糧問題は複数の関係者が目標を一つにしないと解決できなく
なってきています。そこで食料の生産、加工、輸送および消費に
かかわる一連の活動をシステムとして捉え、解決策を議論しよう
とするのが食料システムサミットなのです。」
(「AFCフォーラム」2021/4・5より)

このサミットは「アクショントラック」と呼称される5つの部門
から構成されていますが、食品産業の日々の活動に直結するのは
「アクショントラック2 持続可能な消費パターンへの移行」
(議長:グンヒルド・ストーダレン EAT財団創設者兼エグゼク
ティブ・チェア)です。

本トラックの主なミッションは次の通りです。
(国連のサイトより)

1.規制を含む、新しいエビデンスに基づく統合食品政策と食品
    環境改善のための改革のあり方
2.健康で持続可能な食事のための食品を提供する市場や企業へ
    のインセンティブのあり方
3.食品ベース食事ガイドライン、製品表示要件、食品セーフ
    ネットの構築、食品廃棄物の削減方法

上記の課題に向け、「女性に力を与え、若者を食料システムの
リーダーにする準備をする。若者を動員し、他の社会運動と共通
の目的を見つける」と宣言しています。

注目されるアクショントラック2ですが、本サミット開催後、
国連のホームページ(https://thevirtualshow.page.link/sSrj)、
農林水産省の本サミット特設サイトを拝見しても、具体的に何が
議論されどのようなアウトプットがもたらされたのか、期待を
もってウォッチしていますが、現在までのところ何の情報も得ら
れません。日

日本のメディアも国連のプレスリリース(それも9月24日付けが
最後)の要約程度で、追跡取材が全く見られません。

残念ながら語学力が今一つ怪しい私では国連に取材することが
出来ず、歯がゆい思いをしています。

むしろ、本サミットへの批判の声、参加ボイコットの報道が
ネットから続々と聞こえてきました。

500を超える市民組織、農民グループ、科学者たちがボイコット
を表明しているようです。

・「過去の食料サミットは政府間の決定によって開催されたのに
 対し、今回のサミットは、国連事務総長が世界経済フォーラム
 とのパートナーシップ協定に署名した直後に、国連事務総長の
 一方的な決定によって開催された。」
 (Slow Food Nippon 2021.7.6)

・「国連の特使としてアグネス・カリバタ博士を国連食料シス
 テム サミットの特使として任命したが、同氏はビル・ゲイツ
 氏が出資 したアフリカ緑の革命同盟(AGRA)の会長であり、
 巨大アグリビジ ネスの参入により本サミットの真の正当性を
 疑う。」
(「科学者たちは2021年国連食料システムサミットをボイコット」
 アグロエコロジー研究アクション・コレクティブ 2021.4.15)

・「国連食料システムサミットのアジェンダには、土地を持たな
 い 人々、土地収奪の問題は含まれていない。アクショントラ
 ックと呼ばれる議論のどこにも、大規模アグリビジネス企業と
 そのネットワークである地域の地主への土地の集中、大規模な
 民間投資や開発 プロジェクトのための農山漁村コミュニティ
 の大規模な移転など、重大な問題が提起されていない。」
(食料システム世界市民サミット組織委員会 2021.6.16)

本サミットの重要性は変わらないと思いますが、極めて危機的な
食料・地球環境問題を前にしても、やはり経済的覇権の埒外とは
いかないようです。これからも動きを注視しお伝えする所存です。

最後に小社の宣伝で誠に恐縮ですが、上記のアクショントラック
2にも含まれている「代替タンパク質」に関し、今月(10月)29日
「代替肉の最新動向と市場展望2021~離陸するプラントベース
フードと消費者受容の行方~」セミナーを開催致します。
(https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92141)

プラントベースフードに対する規制と消費者受容の実態を含め、
代替肉市場の死命を制する重要課題をディスカッションする予定
です。ご注目戴ければ幸いです。

              代表取締役社長  元山 裕孝
                              

_/_/_/ INDEX _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

  [1] 2021年10月~2021年12月 サイエンスフォーラムWEBセミナー 
 [2]【特別価格】 今月のおすすめ図書


┏━┓
┃1┃2021年10月~2021年12月 サイエンスフォーラムWEBセミナー 
┗━╋…──────────────────────────
 
 コロナも距離も関係なし! 日本全国どこからでも「移動なし」で
 ご参加いただけます。 

 これ以降も続々、魅力的なラインナップでお届けします。
 ぜひご活用ください! 



<申込受付終了>【zoomセミナー】─────────────
 2021年度 レトルト食品技術講座~基礎から最新動向まで~
─────────────────────────────
 講師:増田 敏郎氏(増田食品開発コンサルティング 代表)
    山口 敏季氏(公益社団法人日本缶詰びん詰レトルト食品協会)
    田口 善文氏(田口包装食品コンサルタント 代表)
    星野 彰太氏(ハウス食品株式会社)

 ●日時:2021年10月8日(金)10:00~17:00
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:41,800円(38,000円+税)

⇒詳細はこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92140

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


【zoomセミナー】─────────────────────
実践!洗浄殺菌の問題解決 事例研究会 2021
─────────────────────────────
 講師:福崎 智司氏
   (三重大学大学院 生物資源研究科 教授)

 ●日時:2021年10月21日(木)10:00~17:00
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:41,800円(38,000円+税)

⇒詳細・申し込みはこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92120

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


【zoomセミナー】─────────────────────
代替肉の最新動向と市場展望 2021
~拡がるプラントベースフードと消費者受容の行方~
─────────────────────────────
 講師:三石 誠司氏(宮城大学 大学院食産業学研究科 教授)
    藤原 昌行氏(株式会社日本アクセス)
    落合 孝次氏(DAIZ株式会社)
    森田 満樹氏(一般社団法人Food Communication Compass)
    

 ●日時:2021年10月29日(金)10:30~16:20
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:39,600円(36,000円+税)

⇒詳細・申し込みはこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92141


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

<満員御礼>【zoomセミナー】───────────────
木村凡先生の食品微生物入門講座(3回連続講座) 
─────────────────────────────
 講師:木村 凡氏(東京海洋大学)
  

 ●日時:2021年11月4日(木)13:00~15:40
     2021年11月11日(木)13:00~15:40
     2021年11月18日(木)13:00~15:40
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:15名限定
 ●受講料:49,500円(45,000円+税)

⇒詳細はこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92035

┌────────────────────────────┐
│9月1日申し込み開始の木村凡先生の食品微生物入門講座(定員 │
│15名)は9月3日に満員御礼となりました。今回受講できなか  │
│った皆様には大変申し訳ございません。                    │
│なお、本講座は原則年一回11月の開催ですが、今回も昨年に  │
│引き続き弊社から木村先生に無理をお願いし、今回と同内容  │
│の講座を来年5月に再開催していただくことになりました。   │
│                                                        │
│日程は下記の通りです。申込開始日は2022年3月1日午前9時と │
│なります。                                              │
│2022年5月12日(木)、5月19日(木)、5月26日(木)             │
│いずれも13:00~15:40                                    │
└────────────────────────────┘

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【zoomセミナー】─────────────────────
これからの食品の微生物制御~[第2回]殺菌・静菌入門~
─────────────────────────────
 講師:森田 邦雄氏(元 厚生労働省生活衛生局)
    川崎  晋氏(農研機構 食品研究部門)
    駒木  勝氏(元 公益社団法人日本缶詰びん詰レトルト食品協会)
    

 ●日時:2021年11月5日(金)10:00~17:00
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:41,800円(38,000円+税)

⇒詳細・申し込みはこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92143


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【zoomセミナー】─────────────────────
2021年度 食品工場の微生物制御 実践集中講座
─────────────────────────────
 企画委員:矢野 俊博氏(石川県立大学 名誉教授)
      木村  凡氏(東京海洋大学)
 講師:前田 幸子氏(日本食品分析センター)
    松本 隆志氏(東京海洋大学)
    盛田 隆行氏(セッツ株式会社)
    片桐 史人氏(シーバイエス株式会社)
    

 ●日時:2021年12月2日(木)10:00~17:30
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:41,800円(38,000円+税)

⇒web掲載準備中

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【zoomセミナー】─────────────────────
2021年度 ロングライフチルドの基盤技術と高品質化
─────────────────────────────
 講師:田口 善文氏(田口包装食品コンサルタント)
    駒木  勝氏(元 日本缶詰びん詰レトルト食品協会)
    増田 敏郎氏(増田食品開発コンサルティング)
    宮下  隆氏(キユーピー株式会社)
  

 ●日時:2021年12月10日(金)10:00~16:30
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:39,600円(36,000円+税)


⇒web掲載準備中

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【zoomセミナー】─────────────────────
フードディフェンスの効果的実践
   ~FSSC22000,FSMAへの対応とハード・ソフトの具体像~
─────────────────────────────
 講師:江藤  諮氏(バイオメディカルサイエンス研究会)
    高尾 祐之氏(ヒビキセキュリティ株式会社)
  

 ●日時:2021年12月15日(水)13:00~17:20
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:33,000円(30,000円+税)


⇒web掲載準備中

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

┏━┓
┃2┃【特別価格】 今月のおすすめ図書 
┗━╋…──────────────────────────

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃↓↓ ● 既刊本 15% オフ    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

------------------------------
◆低温流通食品管理の鉄則
→ http://www.science-forum.co.jp/books/0320.htm
------------------------------

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ↓↓ ● オンデマンド本 → 10% オフ  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

------------------------------
◆ <食品の臭気対策第2集>
  異臭問題の予防・解決の実務手順と実際 
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0321.htm
------------------------------
◆ 食品異物除去ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0311.htm
------------------------------
◆ 最新版 食品分析法の妥当性確認ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0316.htm
-----------------------------
◆ 微生物試験のデータ考察力トレーニングブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0304.htm
-----------------------------
◆ 食品プラント洗浄殺菌マニュアル
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0296.htm
-----------------------------

オンデマンド本はご注文に係るご注意がございます。
ご一読をお願い致します。
http://www.science-forum.co.jp/podbooks/index.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
* 記載の内容はメール配信後、内容変更となる場合がございます。
   ホームページで最新情報をご確認下さい。
* 各お手続きは下記URLよりお願い致します。
   その際はお客様番号もお知らせいただきますと幸甚です。
 (このメールへの返信には、配信停止・ご返答が出来ませんので
   ご注意ください)
──────────────────────────────
■ 配信停止
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm

■ 宛先変更
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm
から一度停止していただき、新しいご連絡先で再登録をお願い
致します。

お手続き後、2週間以上たちましても停止されない時は
大変お手数ですが再度ご連絡頂けますようお願い申し上げます。

■ ご質問   ⇒ info@science-forum.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お問合わせ先】 株式会社 サイエンスフォーラム(担当:角田)
〒270-1142   千葉県我孫子市泉14-30ネクサスビル
E-mail: info@science-forum.co.jp
 TEL:04-7128-5461    FAX:04-7184-7912
(営業時間:9:00~17:00 ※土/日/祭日を除く)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━