━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイエンスフォーラム通信  2021年 12月号】  2021.12.07 発行
 ● 現場の問題解決のための実践図書・セミナー
               http://www.science-forum.co.jp/
──────────────────────────────
小社のセミナー/書籍情報のメール配信を希望されている方へ配信
しています。                                 NO.286
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪食品偽装 ── 改正公益通報者保護法施行に思うこと≫

師走を迎え「オミクロン株」一色の報道。ひたすら対症療法に追い
立てられる風潮に抵抗を感じます。

そんなある日、「日経ビジネス」電子版2021年11月18日号の「雪印
食品の牛肉偽装から20年 暗転した告発者、水谷洋一氏の人生」の
記事に接し、衝撃を受けました。
私自身食品業界のお蔭で生きることができる身ですので何ともやる
瀬なく、業界の皆様とこの思いを共有できればと願いお伝えする
次第です。

アメリカ同時多発テロ事件で世界が震撼した2001年。
その翌年2002年1月、西宮冷蔵社長の水谷洋一氏が雪印食品の牛肉
偽装を内部告発し、その後の公益通報者保護法施行の重要な契機と
なりました。

この事件は皆様の方がよくご存知ですのでここで繰り返しません。
私が切ない気持ちになったのは、この告発に伴い水谷氏の会社が
休業に追い込まれ、13億円の負債を抱え込む事態に陥ったばかりで
なく、切迫した状況の中で大切な娘さんが心を病み自宅マンション
14階から飛び降りるアクシデントに見舞われたことです。

「日経ビジネス」の記事によれば奇跡的に一命は取り留めたものの
下半身は動かすことができず、精神病の症状もあって、ひたすら
水谷氏が介護を続けているとのことです。それでも、休業中の西宮
冷蔵を再開させる水谷氏の思いは消えておらず、現在も必死に努力
されているとのこと。

「告発したことに一切の後悔はない」との言葉が僅かな救いです。

内部告発の悲惨な代償はこの事件ばかりではありません。
5年後、2007年「ミートホープ食肉偽装」が発覚しました。
同社常務取締役 赤羽喜六氏の内部告発が契機です。

これも有名な事件ですので事実経緯は省略しますが、当時既に公益
通報者保護法は施行されていたにもかかわらず、内部告発したこと
で周囲から激しく非難されたことで躁鬱病となり、奥様、親族、
知人が完全に離れ、ご自身の生家にただ一人、孤立無援に陥って
おられます。

「内部告発は告発した本人の身を滅ぼすと思う。内部告発はすべき
でない。社会のため、人のため、世のため、と言ったって、自分の
身を守れなかったら何の意味もない」と語られています。
(「ミートホープ食肉偽装」報道 告発を生かす責任:
2021年8月14日 朝日新聞 調査報道アーカイブスNo.7)

恐らくこれらの事例は氷山の一角なのでしょう。
わが国“ムラ社会”の厳しさを痛感します。

それでも不正を告発した人間が不幸になることは、何かがおかしい
と思います。とくに、私がお世話になっている食品業界で上記の
悲惨な事態が繰り返されないことを心から祈っています。

再び「日経ビジネス」に戻ります。
同誌電子版12月3日号「内部告発者たちの警鐘 企業に求められる
姿勢とは」によれば、明年2022年6月に改正公益通報者保護法が
施行され、従業員300人超の事業者に窓口設置などの必要な体制整備
が義務付けられるとともに、告発者探しが禁止され、違反した事業
者は指導などの行政処分の対象になる。通報の受け手となる担当者
に対し、通報の特定につながる情報の守秘義務を課し、違反すれば
刑事罰が科されることになります。

但し、通報者保護の面では一歩前進ですが、同法に違反した場合、
通報を受ける社員には刑事罰がありますが事業者には科せられませ
ん。これに関し、「重要なのは、通報をするとその人の将来が完全
に奪われる可能性があるという事態の大きさ。同法では通報者への
降格処分などは禁止されているが、人事権は会社側にあり報復を
受ける可能性がある。個人だけでなく法人も罰する『両罰規定』の
考えを取り入れるべきだ」との或る内部告発者の声を同誌が紹介
しています。まさにその通りだと思います。

さらに、同法に詳しい弁護士 中村雅人氏は「公益通報を巡る裁判
では本人だけでなく家族にも相当なプレッシャーがかかる。法律
では通報した人しか保護の対象になっておらず、家族を含めて
保護すべきだ」との重要な指摘をされています。

折しも、消費者庁「改正公益通報者保護法に関する民間事業者向け
説明会」が12月7日、9日、14日、16日の4回にわたり実施されます。
私も初回の7日にオンラインで参加する予定です。

さて、コロナ禍に振り回された2021年。
皆様のご支援のお蔭で約40本のオンライン講座を実施することが
出来ました。本当に有難うございました。
さらにご期待にお応えすべく、地道に研修活動に努める所存です。
引き続きご鞭撻を賜れば幸甚です。

新しい年が良い年になりますよう、皆様の益々のご健勝とご多幸を
心よりお祈り致しております。

                                代表取締役社長  元山 裕孝
                              

_/_/_/ INDEX _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

[1] 2021年12月~2022年2月 サイエンスフォーラムWEBセミナー 
[2] 2022年2月 サイエンスフォーラムリアル開催セミナー
[2]【特別価格】 今月のおすすめ図書


┏━┓
┃1┃2021年12月~2022年2月サイエンスフォーラムWEBセミナー 
┗━╋…──────────────────────────
 
 コロナも距離も関係なし! 日本全国どこからでも「移動なし」で
 ご参加いただけます。 

 これ以降も続々、魅力的なラインナップでお届けします。
 ぜひご活用ください! 


※受付終了※【zoomセミナー】───────────────
2021年度 ロングライフチルドの基盤技術と高品質化
─────────────────────────────
 講師:田口 善文氏(田口包装食品コンサルタント)
    駒木  勝氏(元 日本缶詰びん詰レトルト食品協会)
    増田 敏郎氏(増田食品開発コンサルティング)
    宮下  隆氏(キユーピー株式会社)

 ●日時:2021年12月10日(金)10:00~16:30
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:39,600円(36,000円+税)

⇒詳細はこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92146

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【zoomセミナー】─────────────────────
フードディフェンスの効果的実践
 ~ FSSC22000,FSMAへの対応とハード・ソフトの具体像 ~
─────────────────────────────
 講師:江藤  諮氏(バイオメディカルサイエンス研究会)
    高尾 祐之氏(ヒビキセキュリティ株式会社)

主 催:食品産業戦略研究所
事務局:株式会社サイエンスフォーラム

 ●日時:2021年12月15日(水)13:00~17:20
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:33,000円(30,000円+税)


⇒詳細・申し込みはこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92148

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【Zoom セミナー】─────────────────────
自主管理時代の二者監査のあり方
  ~ 食品衛生法が求める企業の自主管理と説明責任 ~
─────────────────────────────
 講師:森田 邦雄氏(元 厚生労働省生活衛生局)
    小暮  実氏(元 中央区食品衛生監視員)
    湯川剛一郎氏(湯川食品科学技術士事務所)
    堀内 正義氏(元 日本生活協同組合連合会)
  
主 催:食品産業戦略研究所
事務局:株式会社サイエンスフォーラム

 ●日時:2022年1月21日(金)10:00~16:45
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:39,600円(36,000円+税)


⇒詳細・申し込みはこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92201

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【Zoomセミナー】─────────────────────
[第5回中西塾]非加熱食品における芽胞菌の効果的制御法
─────────────────────────────
 講師:中西 弘一氏(中西技術士事務所)
  
 ●日時:2022年1月26日(水)13:00~16:00
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:28,600円(26,000円+税)


⇒詳細・申し込みはこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92202

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【Zoomセミナー】─────────────────────
法令違反を防ぐ人材育成と組織づくり
~元 行政官が語る食品表示法の肝~
─────────────────────────────
 講師:越野 昭一氏(元 農林水産省、消費者庁 行政官)
  
 ●日時:2022年1月28日(金)13:00~15:40
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:24,200円(22,000円+税)


⇒詳細・申し込みはこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/scienceforum92203

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【Zoomセミナー】─────────────────────
[第2回]レトルト殺菌条件の設定法とそのノウハウ
─────────────────────────────
 講師:田口 善文氏(田口包装食品コンサルタント)
  
 ●日時:2022年2月4日(金)13:00~16:00
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:28,600円(26,000円+税)

⇒web掲載準備中

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【Zoomセミナー】─────────────────────
<惣菜・チルド食品の重要危害要因>芽胞形成ウェルシュ菌と
セレウス菌の徹底研究
─────────────────────────────
 講師:五十君靜信氏(東京農業大学)
    三宅 眞実氏(大阪府立大学)
    鎌田 洋一氏(千里金蘭大学)
  
 ●日時:2022年2月10日(木)10:00~16:30
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:39,600円(36,000円+税)

⇒web掲載準備中

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【Zoomセミナー】─────────────────────
ここまできた!惣菜類製造における微生物制御~静水圧と各種
組合せ技術による賞味期限延伸の実際~
─────────────────────────────
 講師:濱中 大介氏(鹿児島大学)
   
 ●日時:2022年2月18日(金)13:00~15:00
 ●配信方式:Zoomミーティング
 ●定員:50名
 ●受講料:19,800円(18,000円+税)

⇒web掲載準備中

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

┏━┓
┃2┃2022年2月 サイエンスフォーラムリアル開催セミナー 
┗━╋…──────────────────────────


【リアルセミナー】────────────────────
耐熱性カビ対策研究会2022
─────────────────────────────
 講師:中山 素一氏(九州産業大学)
    馬場  浩氏(日本食品分析センター)
    吉浪  誠氏(イカリ消毒株式会社)
    青山 冬樹氏(アサヒ飲料株式会社)

 ●日時:2022年2月25日(金)10:00~17:00
 ●定員:30名
 ●受講料:38,000円(41,800円+税)

⇒web掲載準備中

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

┏━┓
┃3┃【特別価格】 今月のおすすめ図書 
┗━╋…──────────────────────────

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃↓↓ ● 既刊本 15% オフ    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

------------------------------
◆低温流通食品管理の鉄則
→ https://www.science-forum.co.jp/books/0320.htm
------------------------------

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ↓↓ ● オンデマンド本 → 10% オフ  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

------------------------------
◆ <食品の臭気対策第2集>
  異臭問題の予防・解決の実務手順と実際 
→ https://www.science-forum.co.jp/podbooks/0321.htm
------------------------------
◆ 食品異物除去ハンドブック
→ https://www.science-forum.co.jp/podbooks/0311.htm
------------------------------
◆ 最新版 食品分析法の妥当性確認ハンドブック
→ https://www.science-forum.co.jp/podbooks/0316.htm
-----------------------------
◆ 微生物試験のデータ考察力トレーニングブック
→ https://www.science-forum.co.jp/podbooks/0304.htm
-----------------------------
◆ 食品プラント洗浄殺菌マニュアル
→ https://www.science-forum.co.jp/podbooks/0296.htm
-----------------------------

オンデマンド本はご注文に係るご注意がございます。
ご一読をお願い致します。
https://www.science-forum.co.jp/podbooks/index.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
* 記載の内容はメール配信後、内容変更となる場合がございます。
   ホームページで最新情報をご確認下さい。
* 各お手続きは下記URLよりお願い致します。
   その際はお客様番号もお知らせいただきますと幸甚です。
 (このメールへの返信には、配信停止・ご返答が出来ませんので
   ご注意ください)
──────────────────────────────
■ 配信停止
⇒ https://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm

■ 宛先変更
⇒ https://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm
から一度停止していただき、新しいご連絡先で再登録をお願い
致します。

お手続き後、2週間以上たちましても停止されない時は
大変お手数ですが再度ご連絡頂けますようお願い申し上げます。

■ ご質問   ⇒ info@science-forum.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お問合わせ先】 株式会社 サイエンスフォーラム(担当:角田)
〒270-1142   千葉県我孫子市泉14-30ネクサスビル
E-mail: info@science-forum.co.jp
 TEL:04-7128-5461    FAX:04-7184-7912
(営業時間:9:00~17:00 ※土/日/祭日を除く)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━